エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

私は専業主婦です。夫は小さな会社に勤めて
いて、いつも昼間は私一人で「主婦の時間」
を過ごしています。

こんな状況になってもう7年になりますが、
お習字を習ったり、近くの温水プールに行ったり、
気の合ったお友達と日帰り旅行や温泉を
楽しんでいます。

そんな私ですが、数年前からお付き合いしている
男性がいます。

夫とは趣味や考え方が違っているので、生活は
共にしていますが気持ちの上で満たされません。

あちらの方ももう随分ご無沙汰していて、私の
人生、この先これでいいのかな・・・と漠然とした
不安に駈られていたんです。

そんな時に時折プールに行った時に会う私より
ちょっと上かな? と思われる男性が気になって
いました。

175センチくらいで、結構イケメンで胸板が厚く、
クロールで500mくらいを一気に泳いでいました。

私はあまり泳がず水中ウォーキングしていました
が、冬のある日、プールで歩いていたら、
彼と偶然ぶつかってしまいました。

「あら、ごめんなさい」「いや、こちらこそ・・」という
話から彼が「よくお会いしますね、お近くですか?」
と聞いてきました。

それから少し話ができるようになり、彼も私の事が
気になっていた事を知りました。

何だか嬉しくなって、会う度に話が弾むように
なりました。

そして春になった頃、彼が「お時間有りますか?
もし良かったらお茶でもしませんか?」
と誘われました。

私は26で結婚してから今まで男性から声を掛け
られた事もなく、正直ドキドキしましたが結局
うなずいて、近くのコーヒーショップに行きました。

開口一番彼が「均整の取れたいい体型をして
いますね。見ていて自然に見とれてしまいます」
と言われ、

「えぇ? そんな事ないですョ」と答えましたが
嬉しくなり、女として見てくれた彼に気持ちが
傾いていきました。

彼は技術サービスマンで、既婚者でしたが
ウィークデーでもお休みの日があるとの事でした。

その日のお茶の最後に彼が
「今度はどこかへドライブしに行きませんか?」
と誘ってきました。

とても気さくな感じだったので、自然にうなずいて
携帯番号、メルアドも交換してしまいました。

何だかドキドキした一日でした。数日して彼から
「今度の水曜日、どこかへ行きません?」
とのメールが入りました。

私は自由時間がたっぷりあるのですが、
ちょっと夫の事が気になりました。

でも彼の誘いの方が上回って、しばらくして
「OK」の返信をしました。

そしてその日、9時ころプールの駐車場で
待ち合わせして、彼の車に乗りました。

江ノ島の水着で入る「エノスパ」に行くとの話で、
二人は水着を持って行きます。

エノスパは海に張り出していて広い海と向こう
には富士山が見えてすごいパノラマです!

哲平(彼の仮名)さんと自然に手を繋いでしまい、
彼は景色を見ながら私の腰に手を廻してきて
抱き寄せられました。

何だかウットリしていると不意に彼の顔が
私の前にきて、軽くキスされました。

スパには他にも人が沢山いましたが、私は
何も気にならずそれを受け入れてしまいま
した。その時はそれだけでした。

そして、そこで食事をした後、1時頃エノスパを出
ました。これで帰るのかなと思っていたら、彼の
車は江ノ島のラブホに吸い込まれていきました。

何となくそんな事になるのかな、と想像していま
したが、私は結婚以来、夫以外の男性と手を
繋いだりした事も、ましてやラブホなどに行った事
もありません。

いざ現実が目の前に来ると期待と不安で胸は
ドキドキ、喉はカラカラに渇いてしまっています。

しかし、彼はお構いなしにラブホのドアを開け、
中に私を押し込むと、後ろから抱きしめられ、
うなじや耳にキス攻撃をしてきました。
(次回へ続く) (投稿者 嶋田尚子) 
その日は競馬で臨時収入が有り、常連となって
いたM性感に行った。コースは3Pで120分。

二人の綺麗で艶やかな責めを受け、俺のアレは
いつも以上に硬くそそり立っていた。

恥ずかしい四つん這い姿勢で後ろから
温かいローションで責められながら、
俺は声を漏らしていた。

「ぁぁん・・イヤらしい声ね」一人の嬢が俺を
後ろから抱き起こし、そのままアレを両手で扱き、
もう一人は俺の乳首やタマを優しく責める。

ノッてきた嬢達は本来ならオプション扱いの
全裸になり、俺に密着して責め続ける。

「すんごい硬ぁい・・・イヤらしい」二人の責めに
耐えていた俺のギン勃ちペニスは先っぽから
大量のガマン汁を垂らしていた。

快感で頭がおかしくなりそうだったが、
俺は一人の嬢のアソコに優しく指を挿れた。

「ぁんっ・・ダメよっ!」と口で拒まれたが
アソコはしっかりと受けれいてくれた。
ぐっしょり濡れており、嬢も興奮していた。

中指を小刻みに動かすと、腰をくねらせ
「お潮出ちゃう・・止めて」と顔を歪める嬢。

激しく中指を動かしてみると、アソコから
ビュッ、ビュッとあっという間の潮噴き・・・

「つばさちゃん・・逆転されてる~」
後ろからペニスを扱く嬢が笑った。

すると突然、「お邪魔しま~す」と
ドアが開き、一人の嬢が入ってきた。

「今暇だから乱入しちゃいま~す」
と言い、俺は3人の責めを受けた。

もちろん、常連が故、皆それぞれ初対面
では無かった。

仰向けになった俺に顔騎する潮噴き嬢のアソコ
を直接舐めながら、手コキされていると、
後から入ってきた嬢が俺のアナルにローション
たっぷりで指を押し込んできた。

たまらずペニスは一層硬くなった。
嬢のアソコを舐めることもままならず
俺は快感に悶え狂った。

もうこのまま発射するのも時間の問題だと
思われた。

「ねぇ皆・・・黙っててくれる?」と潮噴き嬢が言うと
「しょうがないわね・・・」と残りの二人が言った。

「な・・・何?」俺は息も絶え絶えで聞くと、耳元で
「つばさちゃんが・・・欲しいって。」と囁かれた。

二人に見られながら、俺の上でアソコに
ローションまみれのペニスを挿れるつばさ嬢。

喘ぎ声を我慢するようにハンドタオルを口に
挿れて腰を上下に動かした。

「やぁん・・すごい出たり入ったり・・・」
見守る二人も興奮していた。

「せ・・正常位でしたいんだけど・・・」
俺がそう言うと、正常位になった。

正常位で突くと、つばさは悶絶し、後ろからタマ
を触られながらまた指でアナルを責められた。

「ああ~~~!!」俺は一気に高まり生挿入
だったので慌ててペニスを抜いた。

すると後ろから嬢たちの手が激しくペニスを
扱いた。

それまで散々焦らされたペニスからは大量の
精液が飛び、つばさの顔まで汚してしまった。

絶頂に震えていると、嬢たちが亀頭を責め始め、
俺は「やめてっ!止めてっ!!」と叫びながら
恥ずかしい潮を噴出した。

つばさの体の上で俺は大量のオシッコを撒き散らし、
痙攣した。

嬢たちの責めが終わっても麻痺したペニスは
ギン勃ちのままだった。

すると今度は翼が全身ビショビショのまま俺の
ペニスをしゃぶり出した。

「つばさちゃん・・・イヤらしいね・・」二人がつばさを
サポートし、俺は四つん這いにさせられ、

下からつばさがペニスをしゃぶり、
一人は俺に密着し胸をしゃぶらせ、
もう一人はまたアナルをやさしく責めてくれた。

「おかしくなるぅ・・・・・」俺は何とも言えない快感で
そのままつばさの口の中に二発目を放った。

まさか受け身専門の性感で、こんなに天国を
味わえるとは思っても見なかった。
(投稿者 匿名)

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.