エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
嫁を他人の男に抱かせました

いい具合に酔いが回った頃に嫁がお風呂に入ってくると言った。
これをチャンスと佐藤さんに嫁を抱かせる計画を話す。

俺の計画はまず、佐藤さんに泊まってもらう。佐藤さんには
リビングで寝てもらい、1時間後に2階の寝室に入ってきてもらう。

その時俺と嫁はHしてるので流れで佐藤さんも絡んでこいと、
大雑把にこんな感じで説明したと思う。

最初は「無理無理無理!!」と、できないの一点張りだったが
その時の俺は酔ったせいもあり、土壇場になれば
なんとかなるだろうと浅はかな考えでいた。

実際嫁は酔ってたこととデートの疲労で、風呂から上がると
髪を乾かして挨拶も一言に寝室に向かい寝てしまった。

少し時間を置いて俺も寝室へ向かう。事の運びをもう一度
佐藤さんにおさらいして、

「後は予定通り宜しく」と佐藤さんへ言うと
小さな声で「困りますよ~、このまま寝ますからね」
と佐藤さんはソファーで頭まで毛布を被った。

ただ、俺には絶対の自信があった。なぜなら計画を話しているとき
すでに佐藤さんのアソコがギンギンになってるのをズボンの上から
確認できたからだ。

寝室へ入ると嫁はぐっすり眠っていた。
声をかけても返事は無く胸を触ると肩であしらわれた。

それでもなおキスをするとキスでは舌を絡めてきた。
胸を弄りながらキスをしていると嫁は一旦顔を離し、
「え~するの?」と寝ぼけながら話しかけてくる。

言葉は返さずまたキスをして前戯をする。
パンツに手を入れ弄るといつもよりも濡れているような気がした。

クリをいじると「んっ…」と嫁が吐息をもらす。

嫁「佐藤さん本当に寝てるよね?こんな日にわざわざ
しなくてもいーのに…」

俺「同じ空間に第三者がいてこっそりHするとか興奮すんじゃん」
嫁「ちょっと解る気がする笑」  こんな会話だったと思う。

俺はベッドに潜り込んで嫁の下半身を更に刺激する。
嫁はハッキリ言ってHの時の声がでかい。

そんな嫁でも下に佐藤さんがいる事を意識してか
この日は声を我慢しているのがわかった。

69の体勢になりお互いの性器を舐め合い準備も整った所で
正常位の体勢になる。

興奮してたせいか最初から激しく突いた。

嫁は両手で口押さえながら
「うっ…うっ…んっ…」と瞼を強く瞑りながら苦しそうに喘ぐ。

そんな時かすかにだが階段の軋む音が聞こえた。
嫁には聞こえなかったみたいだ。

俺は体位をバックに変える。
嫁の頭をドアの方に向けてベッド際で突く。

その時部屋のドアが音も出さずにスーっと開いた。
暗がりで片目だけで佐藤さんがこっちを覗いている。

俺は嫁を突きながら片手で佐藤さんにおいでの合図をする。
すると佐藤さんは静かに部屋の中に入ってきた。

嫁はシーツに顔を付けているせいでまだ気付かずにいた。
俺「嫁、前見てみろよ」

嫁「あっ…んっ…な、何?」
嫁が不用意に頭を上げる。

嫁「きゃっ!何何何?!やだっ!」
とっさに体勢に下げてシーツで裸を隠した。

それでも半分寝バックみたいな体勢で、半ば強引に突いた。
(次回へ続く)
俺、嫁共に28歳、子供小1のが一人。

嫁スペックは身長162でまぁやせ型かな?
胸はCよりのDとか。

嫁には内緒の寝取られ癖だったんだけど、
嫁の悩みがきっかけでopenすることに。

その悩みってゆーのが自分の勤めてる病院の入院患者
なんだけど、とにかくラブコールがしつこいってこと。

そこでもうここしかないと俺の願望をカミングアウト。
その患者に抱かれてくれないか、と相談したけどもちろん
「冗談じゃない」と一蹴される。

しかしめげずにせめてデートだけでもと言うと、
欲しがってたネックレスを条件になんとかOKいただいた。

それで相手はと言うと歳は36でお世辞にもイケメンとは言えない
感じの人。

ただ、嫁いわく口がうまいらしく、話していて引き込まれそうな
雰囲気はあるらしい。仮にこの人を佐藤さんとしておく。

佐藤さんは胃潰瘍で入院だったらしく3日後に退院を
控えた日に退院祝いでデートを約束させた。

デート当日、嫁は「ネックレスネックレス♪」と報酬優先で
ルンルン気分だった。

俺の中の計画でこの日本当にデートだけで終わらせて
後日に計画を実行するつもりがあることがきっかけで、
話が急展開することになる。

デート自体はなんてことはない普通のデートだったらしい。
映画観に行って飯食ってってかんじの。

問題はその後。
帰り際に佐藤さんに告白を受けたらしい。

嫁はこの日が最後と決めていたので既婚であることも言い、
丁重に断ったらしい。

しかし生真面目な佐藤さんは
「悪いことをした。旦那さんに一言謝りたい」と。

それで嫁から電話がくる。事情を説明され、
佐藤さんに電話を代わられ、ひたすら謝罪を受ける。

そこで俺はとりあえず佐藤さんを自宅に招くことにする。

嫁「あんた変なこと考えてんじゃないでしょうね。言っておくけど
1%も可能性ないからね」と。

俺「解ってる。ただ今回のは俺の責任もあるから直接謝りたい」
1時間後しぶしぶ佐藤さんを連れて嫁が帰ってきた。

立ち話もなんなんでと佐藤さんを中へと入れる。
佐藤さんリビングで土下座、慌ててソファーへと座らせる。

俺から事情を話し悪ふざけが過ぎた事を謝罪し、
とりあえず酒を飲むことになった。

話してみる佐藤さんはすごくいい人で、
そして本当に嫁の事を好きだったんだと感じた。

いい具合に酔いが回った頃に嫁がお風呂に入ってくると言った。
これをチャンスと佐藤さんに嫁を抱かせる計画を話す。(次回へ続く)

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.