エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
美人のバスガイドさんと

ベッドに移ると、俺は遥の程よい大きさの乳房を
交互に吸った。

さっきまで優勢だった遥が甘い声を上げて悦んだ。

脇腹や脚の付け根、太腿、膝裏などじっくり舐めると、
「童貞のくせに生意気・・ぁぁ・・上手よ」
と遥が言った。

そして俺は初めて見る女性器に口を付け、
優しく舐めた。

遥は両手でそっとアソコを開くと、
クリトリスを舐めるように言った。

小さな新芽のような膨らみを舐めると、
腰をピクピクさせて遥が喘いだ。

「ぁぁ、ヤバ・・・イクかも・・イキそう・・」
遥が体を捩って喘いだ。

俺の舌は遥の割れ目の中を責め、クリトリスは
指でこすってみた。

突然、「キャッ」と言って遥の両脚がぎゅっと閉じ、
俺の頭を挟んだ。

そして遥が起き上がり、俺を押し倒して上に乗った。

「もう挿れちゃう。」遥は俺のチンポを握ると、
ためらいもなく自分の中へ押し込んだ。
にゅるんとあっけなく初挿入。

遥が上下に動く度に、ネチャネチャと
卑猥な音がした。

「アッ、すごい硬ぁ~い・・・イイよぉ・・・」
遥が泣きそうな顔で俺を見下ろした。

俺は下から乳房を揉み、遥の動きに合わせて
腰を振った。

「凄い所まで届いてるよぉ・・だめぇ・・」
遥が抱きついてきたので下から
勢いよく突き上げた。

「いくぅ~~っ・・・イクゥ~~~ッ!」
遥は俺をぎゅっと抱きしめて昇り詰めた。

はぁはぁと息を切らしている遥を寝かせると、
正常位で挿入した。

そして結合部を見て興奮しながら俺が腰を振ると
「やばいっ!やばいっ・・・また・・イクっ!!」

遥が無意識に俺から逃れようともがいたが、
両手で腰をがっちり掴んだ俺からは逃れられなかった。

細い腰を掴んで若さに任せて腰を振ると、遥は
両手をかえるのように広げ、ブリッジをするように
仰け反った。

呼吸を止めて苦しそうな表情を数秒続け、
やがてがくっと崩れた。

いつの間にか俺のほうが優勢になり、ぐったりしている遥を
後ろ向きにすると、バックからうつ伏せの遥を突いた。

「ぁぁ・・おかしくなりそう・・・助けて・・・」
遥が呟いたが、俺は容赦なく後ろから突いた。
枕に顔を埋めたまま絶叫する遥。

再び正常位にすると、生気を無くしてぐったりした遥を見て
異様に興奮した。

ズンズン突いても「うっ・・うっ・・」呻くだけで反応も
薄くなっていた。

俺はチンポを抜いて、初めてのくせに顔射してみた。

二回目なので少ないと思っていたが、大量の精液が
綺麗な遥の顔を汚した。

遥はただ赤ん坊のような姿勢のまま、精液を
受け止めた。

その後、ティッシュで顔を拭いてあげ、俺は
テーブルの前に座って水をごくごく飲んだ。

しばらくすると復活した遥が、髪の毛をぐしゃぐしゃのまま
起き上がり

「もぉ・・・童貞のバイト君にイかされちゃったぁ・・」
と言って後ろから抱きついてきた。

耳たぶをがぶっと噛むと
「生意気ぃ・・」と言った。

「後でもう一回、アレ(バスガイドの制服)を着てさせてね」
と俺が言うと

「バイト君って・・すけべなんだね。」
とまんざらでもない表情で遥が言った。
(投稿者 匿名)
俺が昔コンビニでバイトをしていた頃、
店の近くのバス会社のガイド達が常連客として
来ていた。

その中でも最近の井川遥に似ている色気と
美貌を持つ女性(遥)が居た。

レジでいつも挨拶をしていて、経緯は面倒なので書かないが、
ある夜のバイト帰り、彼女に誘われた。

当時の俺は19歳で童貞、彼女は27歳だった。

遥の部屋に入った。俺は心臓が張り裂けそうなほど
ドキドキしていた。いい香りがした。

部屋に入ってテーブルの前に座ると、
横に遥が座って缶ビールを開けた。

「バイト君も飲む?」
「俺まだ19だし・・・」

「飲めるでしょ?」
そう言って一口のんだ缶ビールを俺に渡した。

俺はビールに口を付け、部屋を見渡した。

バスガイドの服が掛けられており、俺は
「あれ・・・良く似合いますよね。」と言うと
「着替えてあげよっか?」と遥。

すると、「もお、顔赤くして・・勃ってたりして?」
とゲラゲラ笑った。

ビールを飲んだ事もあり、俺は顔が熱くなった。

「ねぇ、同じコンビニの◯◯さんってコと付き合ってるの?」
と遥。

「え・・いや付き合ってないよ。」と俺が言うと
「ふぅ~ん・・でもあのコの事気になってるでしょ?」
と俺の顔を下から覗いた。

「べ・・別に・・」
と俺が言うといきなりキスで俺の口を塞いだ。

口の中に柔らかい遥の舌が入ってきて、
香水のいい香りがした。

「やっぱり・・勃ってる・・・」
遥は俺の下半身を触っていた。

しばらくキスをしながら、ズボンの上から俺の下半身を触り、
俺には服の上から乳房を揉ませてくれた。

「したい?」
と遥に言われ、俺は素直に頷いた。

「じゃ、一緒にシャワーしよ。。」
遥は立ち上がり、服を脱いだ。

「ホック外して」
と言われ、震える手で背中のホックを外した。

浴室でシャワーを浴びると、
「すごい大っきくて立派・・・」
と俺のチンポを弄る遥。

体を洗うと、遥はしゃがんでチンポを舐め始めた。

遥の熱い口で刺激され、上目遣いで見つめては
微笑む・・・童貞の俺が耐えられるはずがなかった。

「だめっ!」
俺は遥の頭を両手で抱え込んで
体をくの字にして発射した。

「ぁん・・すごぉい・・・」
ドクドク放たれる精液を口で絞り出し、立ち上がった遥。

俺の目の前で
「飲んであげる・・」と言ってゴクリと喉を鳴らした。

再びシャワーで軽く洗うと、
「ベッドに行こう。」と遥が微笑んだ。
(投稿者 匿名)

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.