エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

レンタルとか販売とかやってる会社に勤めてる
今は本社勤務なんだけど、入社してしばらくは直営店の店長
をやらされるのよ

ある店舗にいたときの話なんだけど、バイトの男連中が
面白いやつ多くて、定期的に飲みに行ってたのね

飲みのメンツの中に大学デビューしたけど、まだオタ臭さが
抜けてないって感じの、ナベヤって男がいた

普段は真面目なのに酒が入ると自分語りしまくるめんどいヤツ
だったんだが、俺はよくナベヤの話を聞いてて、信頼されてたと思う
就職の相談にものってたしね

ナベヤには長いことかけてようやく落としたらしい
サエって彼女がいたんだけど、彼女もウチでバイトしたい
って面接にくることになったんだわ

サエは黒髪ロングに薄化粧、服も落ち着いた色遣いで
肌もそんなに出してない、ザ・清楚って感じの子だった
喋りも控えめだけど頭が良さそうな感じで好感触

当然即採用
仕事の覚えは早かったし、接客時に声が小さいことくらいしか
欠点がない素晴らしいスタッフだったな

俄然興味が出てきて、飲みのときにナベヤにサエの話を聞くようになった
聞く、というか酒のませたら勝手にベラベラ喋るんだけどねw

ナベヤが言うには、サエは随分とマグロらしい
頼めばいろいろやってくれるらしいけど、すごい恥ずかしがるらしくてな

でもまぁなかなかちょっかいを出す機会もなく、半年くらい経ったあと
近所のショッピングモールに買い出しに行ったら偶然サエと会った

買い物にきたけど雨が降ってるから時間潰してるってんで、
俺の車に乗せて送ってやることにした

車内でサエの話を聞いていたら、どうやらナベヤから
将来結婚したいと言われているらしい

就職して生活が安定してかららしいんだけど、サエはナベヤが
初めての彼氏でそのまま結婚していいのか悩んでたわけだ

その日はそのまま家に送ってやったけど、ラインを交換して、
それからちょくちょく相談に乗るようになった

最初はラインだけで相談、たまにお茶しにいったりするようになり、
サシ飲みに行くようになるまで時間はそんなにかからなかった

そんなある日、サエから今から会えませんかといきなり連絡がきた
迎えに行ったらすごいくらい顔

どうしたんかと聞くと、ナベヤがデートにいきなり両親を連れてきて、
途中で体調悪いと言って帰ってきたそうな

寝取りが成立するには隙がなきゃいけない
カップルの不和や片方の浮気はわかりやすいよね

今回みたいに片方が暴走して呆れてる、でもまだ切るに切れない
って状況はとってもおいしいシチュエーションのひとつだと思う

サエはそれまでになかったくらいナベヤの文句を言っていて、
俺はサエが軽く酔った所で浮気する?って軽く聞いてみた

サエがナベヤとの婚約に応じられないのは遊ばないと
もったいないって友だちの声が気になるからだろうし、
俺ならナベヤにこのことをばらさないよ?

サエは長い時間悩む振りをしてから肯いた

近所にあるちょっとお高い内装がキレイなラブホに入ったら、サエは
「こういうとこはじめてです」 と言っていて、
よく聞くと普段はナベヤの家(実家)だったらしい

そりゃ、声とか気になってマグロ気味にもなるわ………

部屋に着いたらビビってやっぱなし!と言い出すんじゃないか
と思ってたけど、風呂の広さを見て驚いたり逆にテンション上がってて
面白かった

俺が先にシャワーを浴びてから、サエを風呂に入らせて待っていると、
サエはタオルだけ巻いて出てきた

なんか決意が鈍っちゃいそうだったから思い切ったらしい
かわいい

ベッドに迎え入れて寝かせるとサエは目を音がしそうなくらい
ぎゅーとつぶってた

頬を撫でたり額に触れたりするとそのたびにぎゅっと
目をつぶり直すのが面白かった

「キスするよ」 って聞いたら顔全体で肯いて、
唇に触れただけでものすごくエロい吐息が漏れた
……ナベヤ、どこがマグロやねん

耳を触れば腰が浮き、首筋にキスすればんんんと声が漏れる
完全に敏感です

「ナベヤとするのと違う?」
耳元でそう聞くと、息を乱しながら
「はい、全然違います」

恥ずかしい、ちょっと待っての声と弱々しい抵抗を無視して
股に触るとすでにぬたぬた

「いつもこんなに濡れるの?」
そう聞くと解答を拒否したので、指先でゆっくりクリ撫で

好きな触り方を探ろうとクリをいじめていたら、
サエは腰と足を突っ張らせてすぐに全身をビクビクさせてイッた

俺もビビったけど、サエ自身も本当に驚いたみたいで、
「人にされてはじめてイきました……」と呆然

全身めちゃめちゃ汗まみれだったから、一度水を飲ませて
落ち着かせると、サエは色々話してくれた

「人に触られてこんなに感じたのはじめてでちょっと怖いですw」
「ナベくんは強引というか、おっぱいもぎゅっだし
お股もがしがしって感じでしたから…」

こうやって、彼氏とのSEXの愚痴を聞くと勝った気になるよね
これ寝取りの醍醐味だと思う

その後は胸とクリを同時攻めして一度いかせて、ゆっくりと指入れでいじめ
中イキはさすがに慣れてないせいか怖がって無理だったけど、
高まるときもちいです、きもちいです
とふにゃふにゃな声で言いながらだらだら蜜を溢れさせてた

中の締りもばっちりで、奥の右の方をぐっと押すと
中全体をビクビクさせながら「すごい、すごいぃ」と叫びまくり、
「ちゅーしながら今のして、今のして」って甘える最高にエロい娘でした

俺が一回射精した時点で休憩の時間がぎりだったので、
その日は一緒にシャワーを浴びておひらき

SEXしたあとってなんだろう、親近感が湧くというか精神的な
距離が近付くよね

帰り道、サエはシフトレバー持ってる手に手を重ねてきたり、
信号待ちで停車するとキスを求めてきたりめちゃめちゃ可愛くなってた

それから月に2度くらいのペースでSEXするようになった
中イキも覚えて、たまに軽く失神するようにもなった

俺がうまかったとかそういうんじゃなくて、あの娘自身めちゃめちゃ
感度がよくて、俺と相性がとってもよかったからだと思う

ナベヤとはその後もよく飲みに行っていたが、彼はサエを
一切疑っていなかった

本当に不思議なんだけど、ナベヤはあの鈍感力をどこで
身につけたんだろう?

サエがマグロじゃなくなってきたとか、フェラが上手になった
とか言ってきたこともあったけど、うまくコメントできなかったなw

俺が本社に戻ることになってからもサエとの関係は続いてた
サエは多分尽くす女なんだと思う

俺好みの服を着て、地味だった下着もティーバックや
乳首や陰毛が透けたレースを選ぶようになった

フェラすればごっくんしてくれたし、教えてもいないのに
お掃除フェラをしてくれた

その後いろいろあって別れたんだけれど、うまくフェイクが
いれられそうにないからなんとなく別れたってことで

尻切れトンボな終わりですんませんw
今年の6月にサエが結婚することになった記念に
俺が菜穂(中3)という娘の家庭教師をしていた頃の事。
ある日、菜穂の家に行くと母親の佳織が一人で家に居た。

「先生、上がって。」佳織は18歳で菜穂を産み、33歳。
桐谷美玲を少しグラマーにした感じの猫っぽい顔で可愛かった。

俺は佳織に会うのが毎回楽しみで、その日は二人きり
ということもあり、ずっとドキドキしていた。

菜穂が帰ってくるまでのこの二人きりの時間がずっと
続けばいいのにと思っていた。

すると佳織から思ってもないことを切り出された。
「先生、今日菜穂は戻ってこないんだけど、知ってたよね?」

「え?いや知りませんでした・・・」
と苦目のコーヒーを飲みながら返すと

「あのコったら、言ってなかったんだ。今日は学校行事で
泊まりで出かけてるのよ。」
それを聞いてからは自分を抑えるのに必死だった。

笑顔で接してくれる佳織の少し開いた胸元、後ろから見える
透けブラと形の良いヒップライン。

ソファで隣に座って香るほのかに甘い香り・・・
20歳の俺には我慢ができなかった。

「奥さん!!」俺はつい佳織を強く抱き寄せた。
目を丸くして驚く佳織。

「ちょっ・・先生・・」体を強張らせた佳織に抱きつくと
俺は夢中で香織の胸に顔を埋めて
「奥さんが好きです」と言った。

「分かったから!乱暴は止めてっ!!」
佳織は少し大きめに言った。

我に返った俺は手を止め
「すみません・・つい・・」と佳織から離れた。

佳織は「ふぅ~」と少し自分を落ち着かせると、
「先生、いけないことだよ。分かってる?」と言った。

「・・・」俺は答えることが出来ずに居た。
すると
「最後まではダメよ・・・手でしてあげるから・・・」
そう言って佳織は俺のズボンに手を掛けた。

すっかり縮こまっていたが、直接香織の手に包まれると、
俺のチンポはグングンと元気になった。

「まぁ・・若い、ふふっ」
佳織が少し微笑んだので、俺は少しホッとした。

佳織は片方の手で袋の裏側まで刺激しながら、
片方でゆっくり上下に動かした。
ガマン汁が溢れ出て佳織の手まで垂れていた。

「先生・・気持いい?」
「はい・・・凄い気持ちイイ・・」俺は素直に答えると
佳織は突然チンポを舐め始めた。

俺の目には佳織のエロい表情が映っていた。
「奥さん・・」と切り出すと
「佳織・・・って呼んで・・・」と佳織。

「佳織さん・・おっぱいだけ・・触ってもいいですか?」と言うと
「ちょっとだけね・・・」と言って胸を露にしてくれた。

形の良い巨乳で、張りもあり、俺は乳房を揉みながら乳首を指で摘んだ。
「ぁん・・」可愛い声が漏れる。

「キスしたいです・・」
俺がそう言うと佳織はフェラを止め俺にキスをしてくれた。

舌を絡めながら手コキされ、俺は一気に気持ちよくなり
そのまま発射した。

勢いよく飛び出た白い液体は舌を絡め合う俺達の顔まで
何度も飛んだ。

「ぁん、すごぉい・・」
佳織は俺の射精が終わるとティッシュで拭いてくれた。

「先生・・気が済んだでしょ?」と佳織は手を拭きながら言った。
今度は俺は甘えるように
「もっと触りたい・・・」そう言って佳織を今度は優しく抱き寄せた。

「もぉダメぇ・・」明らかにダメではない感じだったので、
俺は佳織のズボンのボタンを外しチャックを下ろし手を挿れた。

パンティがぐっしょり濡れていて、佳織は明らかにアヘ顔をしていた。
「先生、これ以上したら・・クビにするわよ・・・」
といいながら両脚が開いてくる。

「ズボン・・下ろしますね・・・」
ソファで佳織の正面に座ってズボンに手を掛けると、
腰を浮かせながら
「ダメだってばぁ・・・」とうるうるした瞳で俺を見つめる佳織。

ズボンを脱がす時にパンティを一緒に脱がせると、
俺は顔を突っ込み佳織のアソコを口で愛した。

佳織は俺の髪をぐしゃぐしゃにしながら喘いだ。
「佳織さんが感じてくれて嬉しいです・・」
俺はそう言いながら指でクリを弄りながらキスをした。

「んはぁ・・先生ダメだって・・それ以上したら・・・」
「クビですか?」

「・・・欲しくなっちゃう・・・」
佳織は一度発射して尚ガマン汁を垂らして勃起している
チンポを握った。

「挿れていいですか?」と聞くと
「ここではダメ・・私の部屋に来て。」
そう言って佳織の寝室へ案内された。

ベッドに倒れ込むと、互いにアソコをベロベロと舐めあった。

「先生・・すごい・・あんなに出したのに・・こんなおチンチン初めてよ。」
佳織は本能のままチンポをしゃぶった。

俺は充血した秘部から溢れる蜜を音を立てて舐め、
佳織の喘ぎ声を楽しんだ。

「佳織さん、俺もう我慢出来ない。」俺がそう言うと
「私も・・早く頂戴・・」と寝転んでM字に体を開いた。

硬く勃ちすぎて挿入が難しかったが、佳織が枕を腰の下に入れ、
サポートしてくれた。

メリメリと佳織の中に俺のチンポが入っていく・・・
何とも言えない感覚だった。

「ぁっ・・っはぁぁあ・・」佳織が体を捩って喘いだ。
それからは夢中で腰を振った。

何度も何度も「イクーッ!」や「死んじゃう~~」
という声を聞きながらも、2時間位ずっとお互いに腰を振った。

そしてその時は突然訪れた。ベッドに腰掛け佳織が向き合って
またがって、俺は佳織の乳房に顔を埋めて下から突いていたが、
佳織が自ら腰をくねらせ上下に動かした時だった。

「あぁーーっ!!」俺が声を上げて佳織をぎゅっと抱き寄せた。
その瞬間、全身を快感が襲った。

「んっ。すごい・・・ドクドク出てるわ・・」
佳織がそう言って俺にキスをしてくれた。

繋がったまま、俺は佳織を抱きしめてベッドに倒れ込んだ。
長時間勃起したままだったチンポはさすがにしぼみ、
自然と佳織の中から抜けた。

お互い疲労感で動けないまま、互いの性器を優しく愛撫し合った。
「佳織さん・・・俺・・クビですか?」と聞くと
「そんな勿体無いことしないわ・・これからもよろしくね・・・
でも菜穂には絶対内緒でね。」と微笑んだ。

その時は幸せいっぱいで、後に修羅場が訪れることは
想像もしていなかった。
(投稿者 MM)

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.