エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

「今夜はもう遅いから泊まっていけよ」

兄夫婦の家に用があって来たら夕飯をご馳走様してくれた上に酒も出され、会話が楽しくて遅くなってしまった。

「邪魔しちゃ悪いよ」
「変に気を使うなよ?嫁がもう布団とか用意してるから泊まってけ」
兄嫁の姿が見えないと思ったら客間に布団を用意してくれてたらしい。

そこまで準備してくれてたなら断るのも悪いので泊まる事にした。

そしてシャワーも借りてサッパリして布団に入って暫くすると、誰かが客間に入ってきた。

兄が話でもあるのかな?と思って薄目を開けて見たら兄嫁が忍び足で布団に近付いてくる。

慌てて薄目を開けてたのを閉じて寝たふりをしたら、布団の中に潜り込んできて下を脱がされた。

えええっ!?と叫びそうになったのをギリギリで堪えたが、兄嫁は更に俺のチンポを持って舐めてくる。

やばいやばい!勃っちゃう!
平静を装うとしたけど虚しく勃ってしまった。

姉嫁相手に勃たせてしまって兄に申し訳ない気分でいると、今度は咥えられたようでチンポが温かくなる。

また薄目を開けて布団を見ると股間の所が上下に動いてる。
確実にフェラチオされてる。

このままじゃ射精もさせられる!と焦ってたら、イク少し手前でフェラチオが止まった。

モヤモヤするが兄嫁の口にザーメンを出すわけにもいかないし、恐らくちょっとした悪戯のつまりなんだろうから我慢しようと思ったんだ。

でも兄嫁は咥えるのも舐めるのも止めたけどチンポを握り続けて布団の中でゴソゴソと動いてる。

何をしてるのか全く判らないが、まだ続けるつもりのようだった。

どこまで俺が耐えられるか…下手に寝たふりなんてしなきゃ良かったと後悔しつつ兄嫁の動向に注意を払った。

ゴソゴソと動いてた兄嫁が俺の下半身に覆い被さり、おそらくは胸であろう柔らかな双丘にチンポが挟まれる。

飛び出してる先端をまた舐められてるので必死に尿道を締めて耐える。これもう悪戯の域を超えてるだろ…。

パイズリも何とか耐え切るとまたゴソゴソと中で動いた。

そして俺の身体を這い上がってきた兄嫁が唇を重ねてきて濡れたマンコをチンポに擦り付けてくる。

「起きてるんでしょ?目を開けて」
寝たふりはバレバレだったようで声を掛けてきた。

仕方なく目を開けると兄嫁の顔が至近距離にあった。
そしてまた唇を重ねてきて舌を入れられる。

「うふ…あの人ったら淡白で月に2回くらいしかしてくれないの…早く子供が欲しい私としては物足りなくてね、今日は偶々貴方が泊まる事になったから子種を貰おうかと」

「兄貴を裏切るの?」
「裏切ってないわよ?だって貴方とあの人は兄弟だから遺伝子は同じでしょう?出来た子供もあの人と同じ遺伝子を受け継ぐんだから」

言い訳をしながら兄嫁はマンコにチンポを入れてしまった。
「ん…!兄弟でもここの大きさは少し違うのね…貴方の方が私と相性良いみたい」

「くぅ…締めすぎ…」
「締まりには自信あるのよ…いっぱい出してくれたら嬉しいわ」

決して激しくはないけど、締まりすぎるくらいのマンコでネットリじっくりと攻められて執拗に舌も絡めてくるので拒否出来ない。

兄には心の中で謝りながら限界を迎えた俺は兄嫁の中で射精した。

「あ…ん…溜まってたの?凄い勢いと量が出てるわ…」
「こんな事して本当に後悔しないの?」
「しないわよ、だから貴方とSEXしてるんだから」

本気で俺と子供を作ろうとしてるんだとハッキリ理解したので、兄嫁と繋がったまま横に回転して正常位になった。

「私を本気で孕ませる気になってくれた?うふふ…」
「もう後戻り出来ないからね?覚悟して」

布団の中で全裸になっていた兄嫁に合わせて、俺も腰を振りながら身体を起こして上を脱ぐ。

兄貴ごめんとまた心の中で謝り、兄嫁を孕ませようとSEXに没頭する。
5回も連続でSEXしたのは初めてだった。

寝取りがこんなに興奮するなんてな…。
しかも全て中出し。

兄嫁も淡白な兄のSEXと違う俺との激しいSEXに喜び、何度も絶頂してくれて終わった後もチンポ咥えてくれた。

そのまま全裸で抱き合って朝を迎え、兄が起きる前に兄嫁は朝食の準備をしに客間を出てキッチンに向かって行った。

その後少し仮眠してたら兄に起こされて二人でダイニングに行った。
まだ朝食は完成してなくて、兄嫁がキッチンに立ってたので俺だけキッチンに入った。

「おはよう、何か手伝える事ある?」
兄は何も手伝う気が無いようでテーブルに着いてすぐにテレビを見始めてた。

兄嫁の隣に立った俺がチンポを出すと、兄嫁はゴクリと唾を飲み込み兄の方を確認してからその場にしゃがむ。

そして朝からフェラチオしてくれた。

可愛い女だな…と思いつつ口に射精すると吸い出しもしてくれてから兄嫁が立ち上がる。

そして俺に見せつけるようにしてゴクリとザーメンを飲み干した。
泥酔した面倒くさい後輩に欲情して理性に勝てなかった。

先週末に社内の送別会があって、同じ所内の3年目営業女とワインバーに2次会に流れたら、ぐでんぐでんに酔っぱらっちゃったんで、自分の部屋まで連れて帰っちゃったんだ。

これからの接し方に多少悩むんだよね…。

課長に辞令が下りて、有志だけでとりあえず送別会って事で居酒屋に集合となり、7人が参加して始まった。
所長とかの上司のいない緩い飲み会だったんで、お酒の量もハイペースで無くなる感じ。
かなり盛り上がったところでカラオケ行くぞって流れになってから急展開だった。

元々1次会で女の子3人は帰る予定だったところに、居酒屋で精算済ませて外に出ると、たまたま課長と仲が良い同業他社の人と出くわした為、そのおっちゃんと先輩1人が課長に付き合い、後は解散ーって感じのぐだぐだ状態になった。

さて帰りますか、ってタクシー拾いに行ったところで居酒屋にコートを忘れているのに気づき、もう1人の先輩に女の子3人任せて、歩いて帰りますんで…って見送って居酒屋に引き返してたら、電話がブーンと鳴った。
その女からの電話だった。

「おぅ、どした?」
って聞くと。
「今、どこですか?さっきの居酒屋近くですか?」
って電話口からも分かるくらいの酔っぱらい口調での会話。

「近くの広場(地元では待ち合わせ場所)から電話してるから」
って言うので、行ってみるとハイヒール脱いで花壇のとこに座って
「おーい…」
って手を振ってる。

「PC忘れたんで…」
って言って会社の前で降ろしてもらって引き返してきたらしい。
「明日は休みだしーちょっと飲み行きましょう」
って事。

飲み足らないと言うよりも、話し足りない感じがした。
パンストが伝線したとか言って、脹脛の辺りを気にしてた仕草に少しムラってきた。
飲み直しという事になり、以前接待で使ったワインバーに入った。

店の落ち着いた雰囲気に後輩も少し気分が持ち直したのか、店に入るまでの道中のハイテンションとは違って静かになった。

ワインの種類を知らなかったが、以前ここで飲んだお薦めシラーワインを頼もうとするとフルボトル飲みたいって事になった。

注文して飲み始めると、ぐいぐい飲み始めたと同時に会社や後輩への不満、愚痴が止まらない状態に…。

ここで彼女について書いておく。
表面上はサバサバしてて男勝り。
喋らなければ可愛いんだけどな…と支店内では言われてるが、内面は感情の波が激しい。不満や鬱積したのを溜める性格だった。
その為、上司に擦り寄る女性社員やゴマすり先輩への誹謗が凄まじい。

酒の力も手伝って溢れ出す…最後は
「先輩はどうなんすか?どうなんすか?」
と酩酊状態で繰り返すとテーブルに突っ伏した。

このまま店内で爆睡されると厄介だと思い、精算済ませて帰ろうと託すが、足元がふらついて立てない、靴履いてない状況で、周囲の視線を感じながらもおんぶして店前に呼んだタクシーまで運び乗り込んだ。
肩口に顔を預けたまま、むにゃむにゃ意識朦朧で口元が動いていた。

タクシーの運ちゃんが、
「戻したりしないですよね?」
と何度も確認していた。

スカートからブラウスがはだけて着衣が乱れていたので、車内でウエスト辺りを触れた時から自分の身体がざわざわした。
住んでるマンションはメーターが2回上がるくらいの距離だったので、程なく到着した。

運ちゃんに手伝ってもらって降ろしてまたおんぶして運んだが、
『この状況を会社の誰かに見られたら本当にヤバいな…』とか、
『やっぱこいつのマンションまで送り届ける方がいいんじゃないか…』
とか考えたが、とりあえず早く室内に運んでから考えようとその時は思った。

部屋のドアを開ける際に廊下に降ろしたらスカートがはだけてミニスカ状態になり、太ももが剥き出していた。
欲情してたが、今後の自分に降り掛かるかも知れないリスクについても頭を過ぎった。

部屋に入るとベッドに仰向けになって転がった。
目を閉じているが時折へらへら笑ったり、むにゃむにゃしてたので寝ているのか判らなかった。

面倒くさい女なのは何となく想像できた。
場合によっては会社へ訴えるとか言うかも知れないとか最悪のケースも想像した。

第一、彼女の真意が読めない。
酔っぱらってセクして大丈夫女なのか?
割り切り関係OK女なのか?
それとも…この時脳裏に浮かんだのは柔道家で捕まった人だった。

ジャケットを取るのは問題ないだろうと思い、腕から袖を抜く時に、彼女の身体の細さに対しておっぱいがかなりボリュームがあり、勃起し始めてるのを感じた。
覗いた顔がちょー可愛く見えた。

ジャケットを取る際に、下乳を持ち上げる感じでブラウス越しに手で触れた。
かなりのボリュームで、ブラを取ってみたい衝動を懸命に抑えた。
間違いなくはぁはぁしてたと思う。

ブラウスだけにすると、更に胸の盛り上がりが強調された。
相変わらずむにゃむにゃするだけで反応はなかった。

ブラウスのボタンを1つ外した。
白い刺繍の柄のブラの一部と胸の谷間が少し露わになった。
揉み心地の良さそうなおっぱいだった。

彼女が反応すれば、顔を埋めて…と思ったが反応はなかったので、彼女を横にしたままシャワーを浴びに風呂に入った。

風呂場で激しく勃起してるちんぽをゆっくり扱くと、痺れるくらいの快楽に包まれた。
もう数回扱いたら射精する寸前で止めた。
びくびくして腹を叩くほどにフル勃起していて、1人で発情しまくった。

シャワーを浴びて部屋に戻ると彼女は寝息を立てていた。
今朝には思ってもみない光景で、気持ちが動揺してるのが自分自身でも分かった。

薄明かりにして寝ている彼女の横に座った。
時間は午前1時を過ぎたくらいだったけど、全く眠気に襲われなかった。

横たわる後輩の脚を見てると、どうしてもショーツが見たい欲望に襲われた。
足首に触れても握っても反応がなかったので、両膝を立てるような状態にするとスカートの奥に白いショーツが見え隠れした。

少し開脚させるように膝を左右に開くと、スカートが太ももまで上がり、パンスト越しのショーツがもろ見えした。

窮屈そうにパンストの下にショーツが食い込んでいて、堪らず伝線したパンストの部分に鼻先を近づけて、匂いを嗅いだ。
太ももまで伝線が広がっていたのが異常に興奮して、足先まで匂いを堪能して痺れ捲った。

両膝を折った状態のまま、下から潜りこんで間近でショーツを見た。
本意じゃないと後輩に言われたら、言い訳する用意は頭の中に幾つかあった。

間近でショーツを見ながら、あぁ…パンストに穴開けて、マンコくちゅくちゅしてー…ペロペロしてやりたい…とか思いながら視姦してると、内腿がぷるっ…って震えたので慌てて顔を上げた。

後輩が腕をすぼめて喘ぐのを我慢してる格好に見えた。
寝息とは違う息遣いだったので朦朧としているが、起きていると思った。

起きていると思い、
「大丈夫か?気持ち悪くないか?」
と聞くと、首を振ったり頷いたりしたが目は閉じたままだった。

さっきまでの行為でブレーキがかからない気持ちになっていた為、喋りながら後輩の髪やおでこや頬を指先で触った。

乱れた髪を耳元に戻してやろうとしたら、後輩の身体がびくん…と跳ねた。
首筋から掻き上げるとまた…すると後輩から首に腕を回してきた。

瞳がうるうるで、めちゃエロ顔になってたのが堪らなくて、唇を重ねて舌を押し込み吸い舐めした。

後輩も発情スイッチが入ったように舌を激しく絡めてきて、息が荒れていた。
普段スーツ姿しか見てなかった後輩のブラウスのボタンを外すと、乳房が飛び出してきた。
服の上からでは分からないほどのかなりの巨乳だった。

すると急にケタケタと後輩が笑い始めた。
「先輩とするなんて思わなかった」
らしく、酔った口調で、ウケるーとかフワフワするーとか言って落ち着かない様子だった。

ブラを外すと、締め付けてたおっぱいが零れてきた。
乳首はピンクで既に膨らんでた。

乳輪から乳首にかけて、優しく舐め始めると激しく身を捩って、笑い声から卑猥な喘ぎ声に変わっていった。

堪らず乳房を揉み寄せたり乳首を交互に舐めると、俺の髪をかきむしるほどに痙攣してびくんびくんしていた。

乳房をしゃぶりながら、マンコへ手を伸ばした。
パンストを何度か爪で引っ掻くと、びりり…と大きく破れた。

破れた瞬間にあぁ…って腰を揺らしてたので表情をみると完全にイってる目で喘いでいた。

ショーツに手を伸ばすと、まん汁と汗とおしっこが混じってるのか、大洪水でショーツがスポンジみたいに水を含み、ちゅぷちゅぷと押し込むと湧き出る感じだった。

何度も音を楽しんだ。
俺の頭もクラクラした。

ショーツを剥ぎ取り、両脚を開くと、マンコが丸見えになった。
「すげー濡れ濡れだ」
とか
「奥まで見るよ」
とか言うと、身を捩った。

既にぱっくりびらびらが開いてた穴に指先を挿入してピストンすると、俺の腕を爪が立つほど掴んで、ぶるっぶるっ!と震えると吹き捲った。

アルコールを多飲したせいもあり、大量に噴射した。
ベッドのシーツに水堪りが出来るほどにお漏らししてひくついていた。
この後、ちんぽ挿入して、一応外に射精して眠った。

昼前に起きてシャワーを浴びていると入ってきて、ずぼずぼと始まって盛りがついた感じになってます。

今週は仕事が終わるとどちらかの家に行きって感じですが、同じ部署なんで関係がこじれたらと…少し不安です。

あ、終わりとりあえず付き合って見ようと思うんですが、会社バレとか怖いです。
器用に立ち回れない方なんで所長や支店長とかにバレたら…気を付けて行動します。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.