エッチ体験談

ここでは、「エッチ体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

投稿者Shyrock
愛と官能の美学

以前、山口智子に良く似た顔立ちの女性がいた。
ハンドル名を妖精ルミと言った。

すでに結婚していたが夫だけでは満足できないようで、
結婚後も夫以外の彼氏を欠かしたことがないと言っていた。

ただし家庭を壊すつもりはなく、夫のことはそれなりに大事にしていたし、
他の男性に溺れて夫と離婚しようという気持ちはさらさらなかった。

そんな彼女とは、彼女がくれた1通のメールからいつしか交流が
始まり、やがて深い付き合いへと進展していった。

突然話を変えて申し訳ないが、女性の“床”には、
大きく分けて2種類のタイプがある。

1つは、マグロタイプ。マグロって何だって?
マグロってまな板の上で横たわって動かないだろう?

つまり、ベッドインしても自分から行動を起こそうとしないで、
男性に委ねようとするタイプ。

愛撫などは全般に男性に任せ、男性の行動に従うタイプ。
「脚をもう少し開いて」って言えば、恥じらいながらも結局は開いてくれる。

でも自らエッチを楽しむための工夫とかはあまりしたがらない。
だけど、男性に任せながらも、それなりに楽しんでいる。

もう1つは、アクティブタイプ。

男性とベッドインすると、積極的にフェラチオなどの愛撫を行い、
体位も自分から選んだり変えたりしたがるタイプ。

さらにグレードアップすると、自ら体位などの創意工夫をして
積極的に性を楽しもうとする。

過去付合ってきた女性は不思議なことに、どういう訳か
こちらのタイプが多かった。

その中でも、上記の妖精ルミという女性は筆頭株といえた。
20歳頃やっちゃんのスケになったほどのツワモノだが、
外見は明るく上品な人妻さんだった。

当時、妖精ルミは自分のホームページにエッチに関する
エッセイを綴っていた。

その中に、『攻撃的正常位』という耳慣れない体位の記述があった。
もちろん彼女のオリジナルであり、いまだかつてそんな体位は
聞いたことがない。

通常、正常位というものは、男性が上になって女性をリードするのが
一般的である。

いかにアクティブな女性であっても、正常位で自ら派手に立ち回る
ことは難しく、この体位になった時は大体男性中心に進行していく。

だが彼女は全く違っていた。

こちらが正常位でピストンを続けていると、まもなく彼女は膝を立て
腰を少し浮かし(ブリッジするように)、 腰をくるくると廻し始めたのだ。

つまりこちらの肉棒を軸にして円周を描く要領である。
これには僕も度肝を抜かれてしまった。

こちらも負けじとトルネード技(回転技)で対抗したのを憶えている。(笑)

ふたつの輪が回転する・・・ダブルローリング。
同じ方向に・・・そして逆方向にも・・・

しばらく回転を続けていると、かつて味わった事のない
不思議な快感が襲ってきた。

ルミもそのまま喘ぎに喘ぎ、ついには絶頂に達してしまった。
絶頂時には、まるで断末魔とも言えるほどの凄まじい声を発し、
僕の身体にしがみ付いてきたのを憶えている。

僕自身も情けないことに短時間で発射してしまった。
そう、他に体位を変えず、正常位だけで・・・。

2人は結局短時間で桃源郷をさまようことになってしまった。
ローリングをする女・・・。
今でもその時の光景は鮮烈な記憶として残っている。

もしも機会があれば、あなたも一度試してみてはいかがだろうか?
今までイケなかった人ももしかしたらこの技でイケるかも知れない。

また、既に性に長けた人であっても、新たな快感を味わえるかも
知れない。相手もきっと喜こんでくれるはず。

ただし、「どこで覚えて来たの?」
と聞かれた時の答えは用意をしておかなければならない(笑)

すでに別れて久しい女性妖精ルミだが、彼女との出会いは
現在のShyrockを形成するうえで貴重な存在となった。
(投稿者 Shyrock)
投稿者Shyrock
愛と官能の美学

数年前、東京に転勤していた頃のお話。

一泊二日で広島へ出張した帰り、新幹線に乗車する前に
駅ビルの名店街に立ち寄ることにした。

職場と当時付き合っていた彼女奈々子にみやげを買うためであった。

何が良いかと色々なみやげを物色していたら、
ふと目に止まったのが紅葉の形をした饅頭『もみじ饅頭』であった。

店員さんに「これ、ください」というと、返ってきた言葉が、
「はい、もみまんですね」だった。

僕は一瞬ギョッとして思わず店員さんの顔に目を凝らした。
店員さんはまだあどけなさの残る二十歳位の清純そうな女性であった。

そんな清純そうな女性が大胆にも
『もみまん』なんて言葉を発するとは……と唖然とした。

『もみじ饅頭』を略して『もみまん』と言っていることは
察しがついたが、僕が知る限り『もみまん』と言うのは
隠語であり、女性器のことを指す。

つまり「おまんこ」を「揉む」から「もみまん」となるのである。
もしかして僕の頭脳だけがエロ仕様なのかも知れないが。

広島では一般的に『もみじ饅頭』を略して
『もみまん』と言うのかどうか、後日調べてみた結果、
広島では結構使っている場合が多いようで、
店員さんは発した言葉は「正しい」と納得。

それにしても広島では『もみまん』って言葉を恥ずかしがらずに
よく使えるな~って思うわけだが、そもそも「おまんこ」と言う言葉自体
が昔から西日本ではあまりなじみがなく、

従来は関東地方限定で使われていた隠語だったが、
いつの頃から(ネットやアダルト雑誌等の影響で)全国区になってしまった。

つまり元々「おまんこ」と言う言葉を使わない府県だと
「まん」と言う言葉にそれほど敏感に反応しないようだ。

因みに広島では「おまんこ」のことを「おめこ」「おめっちょ」と言う。
僕の住む大阪だと「おめこ」もしくは「おそそ」「おちょちょ」が一般的。
京都では「おそそ」。

その他の都道府県はどういうかは次のページをご参照ください。
・参照『女性器の呼称について』
http://shy8.x.fc2.com/night/yobikata/yobikata.html

少し話が逸れたので戻すとしよう。
その『もみじ饅頭』だがさすがに職場(東京)では「『もみまん』どうぞ」
とは言えなかった(笑)

もし言葉にしていたら、広島県のことを知らない女子社員から、
「セクハラ」と受け止められ顰蹙を買っていたかも知れない。

一方彼女である奈々子に渡す時は、わざと
「は~い、『もみまん』買ってきたよ~!」と大声で告げた。

奈々子は次の瞬間キャッキャッと高笑いして、
ついには「エッチなんだから~!」って言われてしまった。

その夜はラブホでお茶と『もみじ饅頭』で寛いだあとベッドイン。
大陰唇辺りを軽くマッサージしていると、奈々子の方から突然
「キャハハ~!もみまん~!」と叫び噴出してしまった。

結局、その後続けて奈々子の『もみまん』をいただくことになりました。
モグモグ♪ (投稿者 Shyrock)

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.