女性専用 痴体験談

ここでは、「女性専用 痴体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

朝8時くらい、都内の某電車の真ん中くらいの車両。

大学生だし、いつもそんな早くに電車乗ることないんだけど
昨日は新しく始まったバイトの早番のために乗った。

初めての朝の通勤ラッシュは、
どこを向いてもスーツのおじさんばっかりで異様な雰囲気。

最初は普通に乗ってたんだけど、
気付いたら目の前のおじさんの手の動きがなんだかおかしい。

ちょうど手首が私の股の間くらいにあって、
それがさっきからひっきりなしに動いてる。

おかしいな、痴漢かな?って思ったけど、
それまで痴漢にあったことなんて無いから、
まさかねーと思って受け流しておいた。

でも、そうこうしているうちに手の動きはヒートアップ。
今度は指を一本立てて、私の下の方を触ってくるようになってきた。

これは......ガチ痴漢!と思うものの、
どうしていいか分からなくて身動きも取れない。

その間にも指はせわしなく動いてて、遂に私のクリを見つけてしまった。
しかも、指がクリを擦った瞬間に電車が揺れて予期せぬ強い刺激。

怖かったんだけど、でも思わずぴくって体を揺らして
反応してしまいました。

そしたらおじさんは今度は執拗にそこばっかり攻めてくる。
その日は黒のタイツに短めの丈のシフォンワンピを着てたんだけど、

最初はワンピの上から摩ってたのが
なんとワンピをめくってタイツの上から刺激してくるように。

じんわり濡れてきたのが分かったみたいで、
今度は指でワレメをなぞり始めて、もう最悪。

みじめなのと怖いのとなのに気持ちいいのとで頭の中ぐちゃぐちゃ。
どうしようどうしようって思うけど、どうにも出来ない。

おじさんの手はずっと止まらない。
そしたらその時、私の右側にいたサラリーマンの手も動いた。

何?と思ってちらっと見てみたら、
さっきまで鞄を握ってた左手が私の胸辺りにきてる。

まさか、と思う間もなく、
今度はそのおじさんが私の胸を触り始めた。

最初は手の甲で、その後は手の平(というか親指)で、
乳首らへんを触ってくる。

もうやだったんだけど、声上げるのも恥ずかしいし
もうすぐ駅に着くし我慢してた。

それがいけなかったのかな?前のおじさんも
右のおじさんも、より一層手の動きを大胆にしてきた。

下は相変わらずクリと割れ目を交互にこすられたり
ギュッとおされたり。

下を触ってた手がだんだん上に上がってきて、
タイツの中から手を入れられそうになったところで
電車が駅について、慌てて降りた。

その後あの二人のおじさんはどうしたのか分からないけど、
初めての痴漢で同時にふたりの人から体を触られるなんて、
まさかすぎてびっくりした。

友達の痴漢体験とか聞く限りでは、おしり触られたとか
その程度だったので。

今でも昨日のことを思い出すと、
怖いんだけど何かよく分からない。

それくらい、頭真っ白になりました。
友達のお兄さんのイベントがあって、クラブに行きました。

あんまりお酒強くないのに、着くなりノリノリのお兄さんに
テキーラをご馳走になって、仕方無く一気するはめに。

私はそれだけでぽけ~っとしちゃって、
遠くで踊る友達を眺めながら、ソファに座りました。

どのくらい時間が経ったか分からないけど、
気付けばソファもフロアも人でいっぱいになっていて、

私の左隣りには知らない男の人が体育座りみたいな感じで、
ソファの背にもたれてました。

気のせいか私に寄り掛かってきてる気がして、ちょっと右にずれました。

熱気で暑くなってきたのと、何か裸足になりたくなって、
私もミュールを脱いで体育座りをしました。

その途端、左隣りからスッと手がスカートに伸びてきました。
私はめちゃくちゃビックリして、左を向けませんでした。

顔を見ちゃいけない気がして…
固まってました。

手はスカートの中に入ってきて、太ももの内側をなでてきました。

その撫で方があまりにも気持ちよくって、
ぴったり閉じてた太ももを緩めちゃいました。

男は太ももから徐々に指をずらして触ってきました。

こんなに人がいるところで、知らない人に触られてるんだって考えちゃうと、
余計体が熱くて…

もぅ、パンツの上から線を引くように何度もなぞられて、
くっきりと線ができてるのを感じました。

彼氏と別れてから2ヶ月、えっちをしてなかった私は、
めちゃくちゃ感じちゃって、
もう顔にエロイ表情を出さないようにすることが大変でした。

こんなのイヤ、ダメ…って思う程濡れてきて、
パンツがヌルヌルしてるような感じでした。

男は線をなぞるのをやめると、今度はクリちゃんをこすりはじめて…
またそれが超気持ち良くて…

もぅどうにでもして…って気分になりそうなところで、
友達が呼ぶ声が・・・orz

男はサッと手をひっこめて、立ち上がると
人込みの中に消えちゃいました…

ちょっと残念なんて思っちゃった私…

今度は1人で同じ場所人行ってみようかな、
なんて考えちゃってます。危ないかな。

バカですよねー(笑)
でもでも…めちゃくちゃ、気持ち良くて、

痴漢であんなに感じちゃうなんて…

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.