男性専用 身体検査/診察体験談

ここでは、「男性専用 身体検査/診察体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

ぼくは、大学4回生です。
昨日、大学の保健管理センターで学生全体の身体検査がありました。
大体の時間分けがされていて、法学部の4回生男子は10時から12時のあいだまでというものでした。
ぼくは、なんとか女性の裸を見物できないかと考えておりました。
そこで、前日に保健管理センターに電話して、就職活動でどうしても当日時にいけない旨を伝えました。
もちろん、就職活動など、うそなのですが・・。
では、いつだったら、これますか?と管理センターの人が聞くので前もって調べてあった
1回生女子の時間帯を告げました。
どうしても、15時から16時ごろしかあいていないと・・。その後は、また会社説明会があるのだと・・。
ダメもとだったのですが、管理センターの人は、仕方ないのでその時間帯に来てくださいといいました。
当日、ぼくは、就職活動の合間を装い、スーツで向かいました。
保健管理センターの中は女性ばかりでした。しかも、18、9の若い女子大生。
ぼくは、1時間ほどしか、時間がないと告げました。
じゃあ、時間だけどあまりみないようにまわりなさいよ、といって中に入りました。
最初は、身長体重でした。これは、自分で機械を押して計るもので、液晶に数値が表示されるので、
女子はみんな隠そうとして、がやがやしていました。
ぼくが、部屋に入っていくと、最初は驚いた様子でしたが、1回生だったので、
男性が混じることもあるのだろうと、見流していました。
ぼくは、女性に混じって順番を待ちました。
みんな、自分の体重を少しでも下げようと薄着になっていました。
といっても、キャミソールぐらいなので、夏の服装とあまりかわらないやと思っていました。
血圧を終えて、次は検尿でした。
検尿は簡易なもので、1~2時間前に容器に採ってきた尿を提出するものでした。
ぼくは、さきほどと同じで女性の中に並んで待っていました。
検査員に提出すると、検査員は、検査紙に尿をかけて、+-を判断するようです。
女性の中の雰囲気とアンモニアのにおいに、ぼくは興奮していました。
なにくわぬ顔をしながら、ぼくは、女性の顔とその子の提出した尿をちらちら見比べていました。
これが、数時間ほど前にこの子達の尿道口から出たものなのかと思うと下半身が熱くなりました。
検査を終えて、+-の紙を受け取った女子は、余った尿を捨てるために用意されたバケツに向かいます。
そこで、尿を捨てるのです。スポイトのような容器から細長く捨てられていく尿とその子の顔を
見て、ぼくは、本物の放尿を想像して勃起してしまいました。
並んでいると、次々に女性たちは尿検査を終えていきました。
その度その度検査員は、女子たちに「生理中ですか?」と大きな声で尋ねます。
何人かの女子は「はい」と答えていました。
ぼくに恥らって小さな声で言うのですが、検査員が「生理中の方はこちらへ」と大きな声で言うので、
ぼくの方に振り返って顔を赤らめて恥ずかしそうに歩いていきました。
検尿が終わると、胸部レントゲンでした。
普段はないのですが、去年、結核の学内感染があり、全員にレントゲンが義務付けられていました。
衝立がのようなものが立ててあり、ここから先に脱衣の場があるのです。
その先は、我々の夢の世界でした。
衝立の前に、白衣のおばさんが立っていました。横には「女子」と札が貼ってあります。
ぼくが、おばさんに近寄って名前を告げると、「00さんですね、はい、聞いてますよ。」
とあっさり言われ、なぜだか夢の世界へ踏み入れることにお許しがでたのです。
中に入っていくと、女子が脱衣をしていました。といっても、Tシャツ着衣は許されています。
女子は、僕の顔をみて、少しびっくりしていましたが、やはり1回生だからなのか、
仕方ないのだろうという顔をして脱衣をしています。
ぼくは、端のほうにいき、見ていないよというふりをして視線を送っていました。
そうすると、女子が、Tシャツを軽く捲り上げて、ブラジャーをはずしているではありませんか?
胸部レントゲンは、ワイヤーなどが写るといけないのでブラジャーは禁止されていたのです。
ぼくは、しばらく興奮して身動きが取れなくなっていました。
というより、この光景から離れたくなっかたのです。
ぼくは、わざと、携帯がかかってきたふりをして、小さい声で嘘の会話をしながら、
何人も訪れる1回生の女子のブラジャーをはずす姿を、あやしくないように眺めていました。
18、9歳となるとこんなに発育がいいのかとぼくは驚きました。
すごく大きい胸の人もいれば、小さい人ともいましたが、あまりたれることもなく、
ピチピチとしてみずみずしいおっぱいたちでした。
わたしは、ヨダレとともに、自分のあそこからもヨダレがたれているな、と感じていました。
かわいい女の子の乳首が意外と黒ずんでいたり、メガネをかけたまじめそうな女子が、
すごくやらしい胸で、乳首も薄ピンクだったりと様々でした。
しばらく見ていると、サークルの後輩が入ってきて、「00先輩じゃないですか!!」
といわれたので、少し立ち話をして、さらにいろんな女子のおっぱいを眺めました。
「先輩、目線がみんなの胸にいってますよ、鼻の下伸ばしてぇ」なんて、後輩にからかわれました。
あまり長居すると後輩に本気で怪しまれるので、レントゲンに並ぶことにしました。
レントゲン車の前には、たくさんの女子が並び、Tシャツの胸ポチに、また興奮していました。
後輩のおっぱいも見たかったなあ、と悔やんでいました。かわいい子でしたから。
レントゲンが終わると、いよいよ内科検診でした。
ぼくは、興奮しすぎていたので、いったん小休止に、トイレに行きました。
亀頭のまわりは、もうネトネトで、トランクスもびとりと濡れていました。
お手洗いを済まして、内科検診のほうに行きました。
そこでも、おばさんが立っていましたが、ぼくは、通してもらうことができました。
衝立を通ると、Tシャツやキャミソールが入った籠がいっぱい並んでいました。
脊椎も見るということで、上半身裸を義務付けられているのです。
ぎりぎりまでTシャツをきていた女子もおばさんに促されて脱いでいきます。
さすがに、ここでは、ぼくの顔を見る女子の恥じらいの顔は頂点にきているようでした。
レントゲンの次なので、もちろんTシャツを脱ぐと、すぐ上半身裸なのです。
ぼくも、Tシャツを脱いで、女性たちに混じって並びました。
もう、興奮のしっぱなし、至福のときです。夢にまで見た内科検診の光景。
並んでるときは、みな腕で胸を覆っているのですが、医者の前の座ると、
ピシッと姿勢を正されるため、かわいいみずみずしいおっぱいを隠すことはできなくなります。
ぼくは、もちろん勃起しどうしでした。
前の聴診が終わると、後ろの聴診にはいります。
もちろん、医者が背中を見るということは上半身裸の女子は、ぼくの正面側にくることになるのです。
ぼくは、目のやり場に困るふりをしながらも、女子たちのおっぱいを目に焼き付けていきました。
脊椎の検査をするときは、医者が両腕を軽く後ろに引っ張り、姿勢を正すのでぼくの側に向いた
女子が、おっぱいを前に突き出す形になるのです。
ぼくは、もう前かがみになってしまいそうでした。
たくさんの女子に夢中になっていたので気付かなかったのですが、その次に座ったのは、
さっき話していた後輩でした。
ぼくが、トイレに言っている途中に、順番が入れ替わりになっていたのです。
後輩が座って、前の聴診を終え、くるりと反転したとき、ぼくと目と合いました。
後輩は、ものすごく恥じらいの視線でぼくを見ました。
医者が腕を引っ張り、後輩のおっぱいが、ぼく側に突き出されました。
小ぶりですが、形がよく、大きくも小さくもないピンクの乳首。ぼくの大好きなおっぱいの形でした。
ぼくは、見たら後輩に悪いとおもいながらも、彼女の胸から目が離せなくなっていました。
彼女の診断が終わって、胸を隠しながら彼女は立ち上がり、ぼくに恥じらいのある視線を送りました。
その目線がセクシーでセクシーで!!ぼくの興奮は最高潮に達しました!!!
ああ、なんてすばらしい!!身体検査ってたまらない!!
終検して、ぼくは夢のような身体検査を終えました。
センターから出ると、後輩がさっきの視線とは全然違うような何食わぬ顔で、
「せーんぱいっ!」と声をかけてきた。
こっちも、何もみなかったようなつもりでいこうと思いつつも、頭は後輩のおっぱいでいっぱいです。
くだらない会話をたらたらしてたんだけど、後輩が急に「あたしのおっぱい、みたなああ。」
って、笑いながら、軽くパンチしてきました。
ぼくは、なんてかわいいやつだとおもいながら、
「あああ、嫁にいかれへん。ははは。」と笑って言い返してやりました。
「でも、きれいなおっぱいやったやん。俺の好きな形や。彼氏にもいわれるやろ。」
って、言ってやりました。
そしたら、後輩が「きらいな形ってどんなんなわけですか?」とかいって、
わいわい話しながらも、最後に小声で
「先輩も文科系のわりには、いい体してましたよ。」って、
ぼくの肩をぽんっと叩いて手を振って帰っていきました。
なんて、かわいいやつやろう・・・。
こんな、最高な身体検査は、もう後にも先にもないのでしょうか・・。
理系とかいって、放射線技師とか目指せばよかった・・・。
とにかく、彼女をおかずに何回もオナニーしてしまったのはいうまでもありません。
0004845M_convert_20080326070821.jpgFC2 Blog Ranking
これは15年ほど前、わたしが勤める会社がアジアのある地方都市に、
食品製造の合弁工場を設立した時の話です。
当時わたしは衛生管理の任務を負わされて設立間もないその工場に派遣されました。
衛生管理の重要な責務として、従業員の健康診断の実施があります。
とくにそのときは会社を設立して初めてということもあり、新しく採用された従業員の
健康診断を行う必要があり、検診の立ち会いを要請されたのです。
当日、健康診断の会場(工場の講堂)に案内されて行ってみるとわが目を疑いました。
何とわたしが案内されたのはちょうど女子従業員の健康診断の時だったのです。
私はさすがに女子の検診中だから男性の私がいるのはまずいと思って、
固辞しようとしたのですが、工場責任者から男性従業員の検診はすでに終わってしまったので、
構わないから立ち会いをお願いしたいとのたっての依頼があり、しぶしぶ引き受けました。
その工場の女子従業員は、人数はおよそ100人程度で、
それもほとんどが15、16から20歳という年代でした。
幸いだったのは、わたしが白衣を着ていたため医者だと思ったのか、
女子従業員達は私の存在に気に留めるでもなく、耽々と検診を受けていたことです。
わたしがまず驚いたのは、胸部エックス線撮影に臨む彼女達の姿でした。
エックス線撮影装置が部屋の奥のほうに置かれていたのですが、
(レントゲン車ではありませんでした。)
女子従業員達はもじもじと工場作業着の上半身、そしてブラジャーまでをもすべて脱いで、
整然と順番待ちをしていました。
日本だとふつうTシャツなどを着るのが当たり前のようですが、そういうことはないようでした。
腕で乳房を半分隠すような羞恥心あふれる動作が何とも印象的でした。
さらに別のコーナーでは、身長、体重測定、さらに胸囲測定も行われていました。
いずれの測定も上半身脱衣のままで、身長計に乗って気を付けの姿勢とさせられたり、
胸囲を測るため胸に巻尺を巻き付けられたりの状態で、それまでのように腕で胸の
あたりを隠していることもままならず、乳房は完全に見えてしまいました。
未発達の硬そうな乳房をしている子も多く、また最近の日本の女の子にいるような、
いわゆる巨乳の子もいました。
また、部屋がやや肌寒かったせいもあり、ほとんどの子が乳首を直立させていたのが印象的でした。
その部屋の奥では医師による診察が行われ、5、6人の女子従業員が上半身裸のまま整列して
診察の順番を待っていました。
自分の順番になると、社員番号と名前を言ってから椅子に座り、胸と背中の聴診のほか、
舌を診たり脇や首のリンパ節の触診を行う様子が見えました。
次に隣のコーナーに案内されたのですが、それはさすがに私にとっては衝撃的でした。
なんと一人ひとり全裸になって検査を受けていたのです。
最初は後ろ姿しか見えませんでしたが、気を付けや万歳のポーズをさせられていました。
それは体格や全身の栄養状態の検査ということでしたが、不審な注射の跡などがないか
の検査も行うようでした。
そしてついに被験者は医師に対して後ろ向き、つまり私がいる方に正面を向けると、
私が検査に立ち会っていることを悟ると恥かしそうに顔を下に向けてしまいましたが、
彼女はおそらく15、6歳でしょうか、まだ幼い感じの可愛らしい少女の面持ちとは対称的な
黒々としたヘアーがたいへん衝撃的でした。
しかし、もっと衝撃的だったのでは、その次の検査でした。
なんと被験者は横の机にひじをつく姿勢をとらされ、「うー」という低い声がしたかと思うと
ガラス棒のようなものを尻に入れられたのです。
検便でした。思わず私は気の毒になり目を反らしてしまいました。
そばの衝立の手前では次の被験者が看護婦から下着を脱ぐよう指示され、
緊張した面持ちで検査の順番を待っている様子も見ることができました。
全裸検査を終えた女子従業員たちは手早に下着、衣服を身に着けていましたが、
強い羞恥心を感じたためでしょうか、何人かはこみ上げてくる涙を必死にこらえているようでした。
彼女たちの多くは地方からの出稼ぎ労働者で、自分や家族の収入を得るため、
そのような屈辱的な身体検査まで受けてまで労働しなくてはいけない社会的環境、
衛生的環境を現実ものとして厳しく受けとめざるを得ませんでした。
その日の光景は今でも脳裏から離れません。
0005091M_convert_20080326071957.jpgFC2 Blog Ranking

copyright © 2009 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.

Template by 無料ブログ