H体験談。。嫁の妹とセックス

ここでは、「H体験談。。嫁の妹とセックス」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

嫁の妹が、昨日帰ってきたんだよ。
しかも、俺は昨日一日、妹とデートをしましたw

…デートをした理由ですが、嫁と子供たちは、お盆の親戚めぐりということで、嫁の両親とともにお出かけしたのです。

当初は俺も一緒に行く予定でしたが、帰ってきていた妹が家に留守番することになってしまいます。

それでは折角帰ってきていても面白くないということで、急遽おれが妹を遊びに連れていくということになりました。 …嬉しすぎるぜ!!w

「何処に行きたい?」
「んー、どうしようね。何処でもいいんだけど」

既に親戚めぐりに出かけた家族を抜いて、家に居るのは俺と妹のみ。この時、時間は朝の06:00.随分と早い時間に起こされたものだ。

妹は既に着替えていて、ふんわりスカートに、襟元深いキャミソールという服装だ。…胸の谷間、全開w

以前の「暗闇でのフェラ」について確認したいこともあるけど、今はまだ早いかなと思った。出かけてからでも遅くは無いだろう。

キャミソールから覗く谷間をチラチラ見ていたら、気付かれた。

「…見たいの?w」
「(素直に)見たい」

そうだよな?!みんな?!と、何処かの売れないバンドのMCのように、心の叫びとしてガッツポーズw

そんな思いで、「見たい」と素直に答える俺w
「はいはいw…あ!あそこに行きたい!」

…やれやれ。妹のかわし方、読めるようになってきたなw だから安心して暴走することが出来る。完全暴走はさせてくれないだろう。

妹が行きたいと言ったところは、つい最近、敷地を拡大して大型モールを増築した巨大店舗だ。

その巨大店舗は、俺も気になっていた。映画館だの、ブランドのテナントだの、気になる施設の目白押し状態。一度、覗いてみたかったのだ。

「分かった!じゃあ、07:00には出るようにしよう。多分、普通に出ると駐車場に車を停めることが出来なくなるからな」

「うん、私はあとはメイクを整えるくらいかな。兄貴は、着替えたら終わりでしょ?」

「そうだな。じゃあ、時間になったら車の前で」
「了解!」

俺はさっさと準備を終えて、車内を少し掃除した。妹が俺の車に乗り込むのは、かなり久しぶりだ。あのアイスを買いに行った頃以来じゃないかな。

しばらくして、妹登場!スカートもキャミも、白系統でまとめて、シンプルに。足元は涼しげにラメの入ったパール色のミュールでまとめている。メイクも、今日は抑え目だ。

…会うたびに可愛くなるよなぁ、こいつ。

「お待たせ、兄貴w」
「じゃ、向かうか」

車は動き出し、二人して目的地へ。道中、朝ごはんをお互いに食べてないことに気付き、朝食を検討する。

「どうする?俺は食べなくてもいいけど」
「…んー。食べとかないと、お腹すいてから困るしなぁ」

相談の結果、途中のコンビニに寄ること決定。ちょっと車では1時間半くらいの距離を走るので、食べておかないと確かにきついかもね。

…コンビニに着いて、妹を車に残したまま、買い物開始。商品をかごに入れて行ってる時に、コンドームを発見w  …念のためだ、念のためw…念のために購入wwww

買い物も済ませて、目的地に向けて再出発! 車内では、買ってきた食品を妹が助手席で拡げ、目をきらきらさせている。

「うわ!ツナとか久しぶりだ!食べていい?」
「好きなの食べろよ。俺の分、ちょっと残しとけよw」
「うんw」

訊くと、最近はコンビニとかでは買い物をしたことが無かったらしい。仕事が忙しいようで、どうしても職場近くでの食事か、食べずに帰宅するかのどっちかのようだ。

そんなはしゃぐ妹が可愛くて、運転しながらついニヤけてしまう。照れ隠しで、信号待ちでタバコに火を点けようとすると、

「兄貴」
妹に振り向くと、開いた口の中に、おにぎりを突っ込まれたw

「?!」
おにぎり突っ込まれて目を白黒しているうちに、信号は青にw

発進させると、慌てている俺を見て、妹が腹を抱えている。どうにか一口を片付けて、おにぎりをやっつけると、妹へ抗議!w

「あほか!危うく運転を間違えるところじゃないか!」
「ごめんごめんw…あー、面白かったw」

妹の笑顔の前では、本気で怒ることなんて出来ない。

朝早く出たおかげか、お盆で混雑はしているものの、割とすんなり目的地に到着した。完全に店舗がオープンするまでは、もう少し時間がある。

駐車場所も、オープン前なので、好きな場所を選びたい放題。

「兄貴、あそこが昼は日陰になりそうだよ」
「でかした!あそこに停めるか」

妹の協力もあって、ベストな位置に停められて、俺も満足。オープンの時間まで、店舗の周りを妹と散策することにした。

「広くなったな!ここ。一日あっても遊びきれるかな?」
「兄貴はどうだろうねw服とか見るのが好きなら、物凄く楽しいと思うよ」

こういうショッピングモールは、正直言って大好きだ。心中、かなりわくわくw

子供みたいにはしゃぐ妹を見ながら、ゆっくりと店舗周囲を散策。

…他の人たちから見たら、恋人同士みたいに見えるんだろうか。などという、お約束的なブルーシンキングをかなぐりすて、タバコに火を点ける。

しかし、巨大な店舗になったもんだ。駐車場の敷地内に、ファミレスがあるというだけで、超巨大。初めて見たぜ、こんな規模の店。

妹と散策すること、しばらく。アナウンスとともに、店舗がオープン。巨大店舗の中へ、いざ出発!

「兄貴!凄いよ、○○○とか、×××とか、ブランドたくさん入ってる!」
「本当だよ、マジで凄いな、ここ!」

中の凄さに圧倒されまくりの俺たち。それを見てテンション高くなった二人で、サルのようにはしゃぎながら店内を走り回るw

その内の何箇所目かのテナントに、二人して釘付け。知らないブランドのテナントなんだけど、物凄くつくりがいい。

「ここ、入ってみるか」
「うん!」

中は、落ち着いた感じの雰囲気で、気取った感じはしない。店内だけでも、合格ラインの出来。

確かに、服の一着一着はいい値段する。でも、落ち着いたデザインの服で、素材もしっかりしている。

女性向けのテナントかと思いきや、メンズも置いてある。かなりの高ポイントだ、この店w

「なぁ、このシャツ、お前に似合うぞ、きっと」
「これ?…かわいい!」

俺が選んだのは、白いサマーニットな上着。背中が大きく開いていて大人の色気があるが、ひらひらしたデザインが、可愛さも強調。妹には、絶対に似合うはずだ。

「試着してみる!」 「そうかw」
…妹ね。物凄くはしゃいでる。それを見れて、俺は凄く幸せモノだと思うよ。

背中が開いている上着を選んだので、試着室へと入る妹。
しばらく店内をウロウロする、変態一人w (次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.