痴漢体験告白。。舐められちゃった私

ここでは、「痴漢体験告白。。舐められちゃった私」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

昨日は浴衣を着てました。帰りの山手線で、すごく私酔っ払ってて、立つのやっとって感じでずっと下向いてました。電車は新宿から池袋まで乗ったのですが、もう本当に混んでて、乗った瞬間から一人だけみんなと違う方向向いた男の人、スーツじゃないけどきっとサラリーマンって感じの人で・・・。

その人と私は向き合ってしまい、乗った瞬間からその人の右手が私のアソコにって感じになっちゃってました。その人の方が背が高くて、私はすごくつらかったこともあり、もうしわけないのですが 寄りかかる感じになってしまってました。

その人は、電車の動きにあわせるように私の割れ目にそって なぞるようにさわってきました。私はこの人痴漢だなーって思ったけど、久しぶりだったし、なんか別に酔ってるし、どうぞって感じでぜんぜんそのままにしてたら、浴衣だからかすぐにすそを広げられてしまい、パンツの上をなぞられました。

抵抗とか考えなかったけど、もししたくても本当に混んでてまったくそんなことできない状況でした。

なんか、パンツの上からでもすごくゆっくりだったのが逆に感じちゃって、気持ちよくって、ぬれてきたのがわかりました。すぐに手はパンツの脇から中に入ってきて、ぐちゅぐちゅされちゃいました。

音がちょっと聞こえてるような気がして、ほかの人にばれたらどうしようって思ったら、ますます感じちゃった・・・。

高田馬場について、人がドアのそばの人は一度降りる感じなんですけど、私も痴漢の人もおりて、そのときなんか恥ずかしかったけど顔見たら目があっちゃって、もう恥ずかしくて隣のドアに移ったら、
ついてきて、また電車がしまってからもさわられ続けました。

私は、横をリボンで結ぶパンツだったから、片方だけほどかれちゃって、おちるんじゃないかと心配でした。気持ちよすぎて、立てなくなりそうで、ずっとその人の袖をつかんだままいっちゃいそうになりながらも池袋についたので降りました。

その人は ついてきて、今からホテル行こうっていわれたのですが・・
浴衣だったし疲れてたし、私は東上線なんですけど、無視して東上線の最終に乗り込みました。そしたら これまたチョー混んでてびっくりしたのですが 乗るしかないし、乗ったら今度はまたすごく大きな人の腕が右胸に当たってる気がしたんです。

なんかそのときは 本当に気持ちいいとかより先にお酒で気分が悪くて、本当に立てなくて仕方なく また申し訳ないけれど、たぶん私の胸をさわってるであろう人にもたれちゃって、・・

でも その人の左手が浴衣のすそからすぐにパンツの上を触り始めたんです。
なんか、二人も違う人に痴漢されたのはなくて、さっきのドキドキもあるし、不覚にもまた 気持ちよく思ってしまい、ずーっと触られっぱなしでした・・

10分くらいで 電車を下りました。
疲れてて、気持ちよくて、なんか変な気分で、でも早く浴衣脱ぎたくて急いで帰りました。改札を出て、人がだんだん少なくなっってちょっと暗い道になっちゃうんですけど・・

げたが いたくて、なんか吐きそうで、水が飲みたくて 病院があるんですが、入り口にベンチがあって、休もうと座りました。

そしたら、飲みにいかない?って 声をかけられて、みたら さっきの大きな痴漢の人でした!私は これはさすがにまずいと思ったけど・・でも立てなくて 座ったままで・・

すると さっき気持ちよかった?って言われて、だまってたら、その人は私の足元にしゃがみこんで、ゆっくりすそを、ひざの上を、なで始めました

気分悪かったし、なにも言えなくて、そしたらその人はパンツ見えるくらいにすそを広げて、ひもとっていい?って言いながら、ひもをとったので、アソコがまるみえになっちゃった。

すごく恥ずかしくて・・
しかもすぐそばに交番があったのに。

ずっと舐められちゃってました。すごくその人は上手で、気持ちよかったです。その人は、さわって、とか、自分のを出してさわらせようとしたのですが、浴衣が汚れるのやだからさわりませんでした。途中で家に電話して「もうすぐ車来るからもう帰ってください」といって、なんとか帰ってもらいました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.