H体験告白。。かわいいマスクに締まった体

ここでは、「H体験告白。。かわいいマスクに締まった体」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

24時間営業の某スパ銭系のお店で働いてた頃のお話。
普段は男湯の清掃はおばあちゃんみたいに年のいった人が担当するんだけど、欠員が出て私(20代後半)が応援に出ることに。

田舎で平日夜中の4時前くらいだからほとんど人も入ってない事が多いんだけど、 その日は奥の露天のほうに人影があったんで、 「すいませーん、これから清掃の時間なんですー」 と呼びかけると、

その彼(20くらい?)はどうも湯船でうつらうつらしてたらしくて、「あ、ごめんなさい。今あがるん・・・」
と湯船から立ち上がると、まあそこそこかわいいマスクにそこそこ締まった体、 でそこそこ立派なナニをぶらさげてまして・・・

「眠っちゃうくらい気持ちよかった?だったらいいよ、もう少しくらいつかってても。」 「んー、じゃこんな若くて綺麗なお姉さんといられんならもうちょっと長湯しよっかな・・・」 とかなんとかぬかしやがるw。

「お姉さん、いつもここの掃除しにくるの?なんか俺リピーターになっちゃうかもなー・・・」 みたいな具合に相変わらず妙なヨイショかましてくるんで結構会話なんかもはずんじゃってこっちもつい調子に乗って、

「ところで君さー、そのぶら下げたまま隠そうとしないナニはもしかしてお姉さんを挑発してるわけ?」 って言って、持ってたデッキブラシの柄でそれをつっついてみたわけ(←バカ)。

そしたらそれがピクッとしてなんか反応するわけですw。 なんだか面白くなってきちゃって「うりうり」なんて責めてると、彼の方もまんざらではない様子でみるみるうちに立派になっちゃって、もう上を向いてそそり立っちゃってもうおへそにつきそうなくらい。

いやあ、若いってのは素晴らしいなとw。

「困ったなあ・・・内風呂とか更衣室にも掃除の人いるでしょ。これじゃちょっとここから出らんないなあ・・・」 ともの欲しそうな顔の彼。

「お姉さん、ちょっと小さくするの手伝ってくれない?」
「んー・・・(ちょっと考えるふり)ま、仕方ないか。」
内風呂から死角になる位置に彼を招き寄せて近くでその立派なものを見ると、全然萎える様子もなくて血管が脈打ってるのもわかりそうなくらいの勢いなんです。

色はきれいなピンクで、形よし、大きさよし。あまり使い込まれてはいないのかも? 彼は意外に性の方面に関しては経験不足とみた。

私はそれを軽く握ってやると、彼は「うっ」と小さくうめいてえらくご機嫌なご様子。 私は彼の後ろにまわって右手で彼のペニスをしごき上げ、左手で袋のほうを弄びながら、わざと胸を彼の背中に押し付けるようにしながら彼を追い上げます。

「気持ちいい?」
「すごく・・・いいよ・・・お姉さん・・・っ」
「朱美でいいよ、君は?」
「・・・ミノル・・・・・・・あ・・朱美さんっ・・俺、もう・・・くっ・・・」

彼の耐える表情が結構可愛いんで私の中のSな血がなんか騒ぎ出してしまいまして。もう最初の目的も忘れて楽しんでる私。ミノル君を限界近くまで追い込んどきながら「え?まだまだ大丈夫だよね?まだコスリはじめたばっかだもんね」 とかしらじらしいセリフ吐いてみたりw。

腰、尻、胸の骨格とか結構たくましいミノル君ですがかよわい私の右手1本で完全に骨抜きに。限界近くまで追い込んでは緩めるという緩急を交えた攻撃に息も絶え絶えです。

このミノル君はみるからにMっぽい男と違って、普通の感じのいい若いコなんだけど、そういうコが目の前で喘ぎ声を噛み殺しながら耐えるのって(考えてみたら別に耐えなくたっていいんだけどw) 個人的に萌えストライクゾーンど真ん中なんで、なんかもう私のほうまでクラクラしてきちゃって。

そんなこんなで彼のほうももう限界な様子。

「うっ・・・朱美さん・・・俺・・・もう限界だわ・・・ごめん・・・っ」
なにも謝るこたあないのにもうこのコったら可愛いんだからw。
「いいよ、思いっきり出しちゃっても。ほら、ほら!」
私はもう思いっきり彼のモノを握りしめ、スピ-ドを上げしごきたてる。

「ううっ・・・んあっ・・・朱美さ・・・んっ・・・朱美さん・・・くっ・・・朱美さんっ!!」 私の名を呼ぶのと同時に彼はぎゅっと目をつぶって身をこわばらせ、一瞬遅れて彼の射精が始まった。

ドクッ・・・ドクッ・・・ドクッ・・・
私の右手の中の彼のペニスは今までの鬱憤をはらすように脈打ち、そのたびに大量の精液が虚空に撒き散らされる。

「うっ・・・んっ・・・あぁっ・・・くっ・・・むんっ・・・うぅっ・・・」
彼もよほど気持ちがいいのか、精液を発射するたびに喘ぎがもれるのを止めることができない。私も右手を止めずに左手で彼の腰を支えつつ、たまったものを全て吐き出させてやる。

永遠に続くような勢いだった彼の射精もやがて弱まり、おさまった。
と同時に二人して地面にへたりこんじゃったわけ。
「いっぱい出たねー。見なよ、もうちょっとで露天風呂にとどいちゃうとこだったw。」

「うん・・・気持ち良過ぎて死ぬかと思ったw。」
「ちゃんと掃除しとかないとね・・・・。」
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.