H体験告白。。初体験は高校1年の時でした

ここでは、「H体験告白。。初体験は高校1年の時でした」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

私はこの春高校3年になります。私の初体験は高校1年の時でした。

相手は幼馴染みのn君です。n君とはすごく仲が良くて、毎朝のようにn君の家に起こしに行ってあげたりもしていました(n君がかなり朝に弱かったので)。

ある日、学校が終わっていつものようにn君の家で宿題などをやっていたら、「ねぇ、したいんだけど、いいかなぁ?」って聞いてきたんです。

私は最初何のことだかがわからなくて、「えっ、何を?」と聞きました。

すると、「わかってるくせに」と言ってキスをしてきました。私はそのときn君がしたいと言った意味がわかりました。
 
でも、初めてでしかも制服のままだったので、心臓がすごくドキドキしていました。

n君のキスはすごくたどたどしかったです(私も人のことは言えませんが)。
やはりお互い初めてだったので、一つ一つ確認するように進めていきました。

 それからベッドへと移動し、ブレザーを脱がされ、Yシャツのボタンを全部はずされました(それでもYシャツはまだ着たままです)。
 胸を触りながらn君が「ホナミって服の上から見るよりも胸大きいんだね」なんて真面目な顔でいうので、私は真っ赤になってn君から顔をさむけました。すると、「そういうホナミも可愛いよ」と言いながらまたキスをしてきました。
 私はn君に言われた言葉の恥ずかしさと、初めて自分の胸を触られている恥ずかしさで、されるがままな状態でした。

 上はすべて脱がされ、n君の手は今度は下のほうへとおりていきました。
 スカートの中に手を入れられ、パンツの上から触りながらn君が「ホナミ、すごくヌレてるよ。感じやすいんだね」なんて言ってきました。
 私は「n君が感じさせてるんでしょ」などと言い返しましたが、内心は恥ずかしくて、すごくドキドキしていました。

 ついに私は全裸にされました。
 やられるだけというのが嫌だったので、私はn君の服を脱がしてあげました。するとn君が「ねぇホナミ、女の子はそういうことはあまりしないんだよ」って言ってきました。
「えっ、そうなの!!」
 私はすごくおどろきました。
「まぁ、こういうのもいいんじゃないかな」n君はそう言いました。

 お互いいざ全裸になってみるとすごく緊張してしまって、二人とも顔が真っ赤になってしまいました。でも、私が緊張していたのはそれだけではありませんでした。男の人の裸を見るということが初めてだったからです。
 時間がたつとだいぶなれてくるものです。すると今度は男の人のアレにふれたくなってきました。そう思ったとき、私の手はn君のアレをさすっていました。 ふれた瞬間、n君のアレはすごく大きくなりました。 私は思わず「わぁー、すごいー」と言ってしまいました。
 するとn君が「ホナミも意外とエッチなんだね」と言ってきました。
「えっ、そんなことないよ」
 私はそれ以外の言葉が思い浮かびませんでした。

「ねぇn君、これからどうするの?」私はn訓に聞きました。
「今ホナミが触ってるものを、ホナミのまんこにいれるんだよ」n君はそう答えました。
 私はすでにまんこがどの部分か知っていたので、「えっ、こんな太くて大きいのが本当に入るの!?」とビックリして聞きました。
「じゃぁ、試してみよっか」n君はそう言って私を横にしました。

「(痛いんだろうな)」そう思っていると、n君が引き出しかコンドームを持ってきました。
 n君がそれをつけて、入れるのかなと思ったら、私のまんこを指でなぞり始めました。
 私は「あっ」という声をだしました。
 するとn君は指を出し入れし始めました。指が動くたびに「あっ。あん。」という声がでました。

しばらくしてn君が「ホナミのビショビショになってるね。これなら入れても大丈夫だね」と言いました。

ついに、n君の大きなアレが私のアソコの中に入ってきました。
私は思ってたより痛かったので、「い、痛い」と言ってしまいました。

するとn君が「あっ、ごめん、痛かった?」と聞いてきました。
私は「ちょっと痛いけど、大丈夫。だって、n君と私は一つになれるんだもん」と答えました。

やがてn君はアレを出し入れし始めました。痛いのにもだいぶなれてくると、今度は気持ち良くなってきました。
「あっん、n君、気持ちい、すごく気持ちいいよ」といったような言葉を私は何度も繰り返しました。

結局私はn君よりも先にイってしまいました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.