Hな体験談。。喪服の妻が従兄弟たちにブラをまくられ視姦

ここでは、「Hな体験談。。喪服の妻が従兄弟たちにブラをまくられ視姦」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

私の妻が友人の結婚式に行った時の話。

受付を頼まれたと言っていたが、着替えた妻を見て普段と違う色っぽい雰囲気に思わずドキッとさせられた。

白い肌によく合うピンクのドレスで胸元はかなり開いておりちょっと下を向けばベージュのハーフカップのブラに包まれた豊満なDカップのバストが丸見えの状態。

受付で下を向いたら他の男からは見えまくりだろうなと変な想像をしながら妻を見送った。

それと同時に普段とあまりにも違う妻の雰囲気に何か嫌な予感がした。二次会までは行くと言ってたのである程度は遅くなるとはわかっていたが、午後10時過ぎても連絡もなく携帯に電話してもつながらない。

その後午後11時過ぎてやっと帰ってきたがそそくさと風呂に入り疲れた言って寝てしまった。

妻の色っぽいドレス姿を見て久しぶりにエッチする気になった俺は彼女に迫ったが「疲れた」と言われあっさり断られたため、彼女の胸元の開いたドレス姿を想像して一人で抜いた。

翌日、普段は友人の結婚式行った後は聞かなくてもうるさいくらい話してくる彼女が今回は俺の方から色々聞いてもあまり話そうとしない。それだけでなく何か態度が不自然でどことなく他人行儀な態度になる。

普段なら着替えるときなど俺の目を気にせず堂々と着替えるのにこそこそ隠すようになった。その結婚式で何があったか聞いても答えようとしないので、後日一緒に結婚式に行った彼女の職場の先輩に聞いてみた。

一緒に受付をした新郎側の友人の男が妻のことを好きになったらしく二次会もずっと一緒にいたらしい。どうやら二次会で妻が気持ち悪くなり吐きそうになった時にその男がずっと付き添っていてそのままその男と途中でいなくなってしまったようだ。

その後妻にその時のことを聞いた。

妻は一言「寝たわよ」とだけ言った。信じられないことに俺は妻を引っぱたいてしまった。妻の発した一言と自分がとっさにしてしまった行為にしばらく俺はフリーズしてしまった。

妻は抵抗せずに「ごめんなさい。でも彼に体を触れられたときなぜか嫌な気分じゃなかったの。むしろ女として嬉しかったわ。」ここでまた俺は彼女をひっぱたいた。その後狼狽してる俺を彼女はやさしい目で見てキスをしてきた。

その後はその事について何も聞いてない。でもその事があってから何故か妻が俺にとってとても大切な存在に思えてきた。

実は私の方も結婚前ですが浮気してバレたことがあったのであまり強く言えないのです。その時はキスの後妻の方から求めてきてそのままエッチしました。久しぶりだったしその男に妻がどんなことをされたのか想像すると萌えました。

その時妻の乳房にしゃぶりつく私に「男ってみんな可愛いわね。どんなに強そうに見える人でもみな子供みたいになるんだから。」と思わせぶりな事を言われました。

でもあの時本当にその男と寝たのか時間的に?もあります。もしかしたらわざと嘘をついてるとも思えます。しかし妻の職場の先輩から聞いたのですが以前にも職場の同僚に迫られたことがあるらしいのです。今までにも確かに他にもあやしいと思える事はありましたので僕の知らないところでは浮気されてるかも知れません。

俺も妻が浮気したことを聞いた時他の男にどんな事されたのか想像しかなり興奮しました。

気になるのでその後妻にどんなことされたか聞くと「いやねぇ.恥ずかしいわぁ」と顔を真っ赤にした。どんな恥ずかしいことされたのか想像するとますます興奮してきた。

実は結婚したばかりの頃も一度、妻の実家で法事があった時にも酔って危ないことをした(されたかな?)ことがあるんです。

だいぶ前の話になりますが妻の祖父が亡くなり妻の実家で葬儀があり私と妻は泊りがけで実家へいきました。

その通夜の晩に起きた話です。通夜が終わり親戚一同20人位集まり酒を飲んで会食をしました。

妻は強くないのに兄や姉から酒を飲まされかなり出来上がってました。とうとう気持ち悪くなり喪服を着たまま空いてる部屋で休ませました。

通夜にもかかわらずその晩はかなり盛り上がり私はすっかり妻のことを忘れてました。トイレに行った時に妻のいる部屋を覗こうとするとヒソヒソ話し声が聞こえます。

「うわぁすげぇよ。」
「そろそろやめた方がいいよ。誰か来ちゃうよ」
「本当にいい体してるよ。ちょっとブラをずらしちゃえ」
「おおう!!すげぇ乳首立ってるよ。触ったら起きるかな。」
「だめだよ!でも俺もビンビンになってきたよ。」
「うわぁ!柔らけぇ」
「おいカメラあったっけ」

20歳前後の妻の従兄弟二人が中にいるようです。その後部屋を出ると私が立っていたのであわてて二人は逃げました(藁)

妻は全く気が付かず爆睡してますがその姿を見てドッキリしました。

上着のボタンは全部外されていてスカートは上にめくり上げられガードルもパンストも気持ち悪くなり脱いでいるので白いパンティに白い生足があらわになっている。

妻の綺麗な色白の肌は酒のせいでほのかに赤みがかってます。

白いレースのブラジャーは上にまくりあげられピンクの乳首がピンとたって上を向いてます。

表情はおだやかで気持ち良さそうにすやすや自分がされたことに気が付かず寝てます。

俺も思わず襲い掛かりたくなったくらいですからもしかすると私が部屋に行かなかったら妻は二人に襲われていたかもしれません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.