Hな体験談。。サークルの先輩に彼女を寝取られ、揺れるGカップロケット乳

ここでは、「Hな体験談。。サークルの先輩に彼女を寝取られ、揺れるGカップロケット乳」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

大学生の時にサークルの先輩が所有している別荘に行った。
20歳の成人祝いをしてくれるということで私と彼女と妹(高2)の3人が先輩の車で別荘に向かった。

先輩は工業高校を卒業しているので別荘の内装を自分でやってしまう実力者。

先輩は大学卒業後会社を興して今は年商○億円とか。ちなみに私と彼女と妹のスペックは
私:20歳(大学2年)。
彼女:20歳(大学2年)。女子大生。Gカップ。かわいい系。
妹:17歳(高校2年)。女子高生。Eカップ。ギャル系。

先輩の別荘に到着。彼女はミニスカワンピに胸強調。妹はデニムニミスカに肩出しニットでブラ紐は青。
荷物を置くと建設・内装工事中の離れに案内された。工事中だけあってコンクリートむき出し。

床は全面ガラス張りだったが下は見えない鏡。反射で彼女と妹のパンティーが見えた。勿論先輩も見たと思う。
景色は絶景。ベランダがないので大きな1枚ガラスのオーシャンビュー。完成はしばらくかかるらしい。

荷物を置いた本館のほうに戻ってきて水着に着替えてロビーに集合した。近くのプライベートビーチへ向かった。

彼女はビキニに収まりきらない乳とスタイルの良さ。妹はなかなかの巨乳とモデル体型。

プライベートビーチで3時間遊んだ。本館に戻って全員で夕食の準備。夕食は妹以外酒盛り。まあまあ飲んだ。

夕食後は女子、男子の順でお風呂に入り団欒。疲れていたのもあってかロビーで少し寝てしまった。

起きるとロビーには誰もいない。自分の部屋は1人なので女子の部屋に行ったが誰もいない。先輩の部屋も覗いたが先輩もいない。プライベートビーチに行ってみた。暗くて足元を確認しながら向かったが誰もいない。

離れを見ると明かりがついていた。オーシャンビューの1枚ガラスが曇っていた。よく見ると離れの下に明かりのついた部屋があることに気付いた。2階建てだったのかと思いビーチ脇の道から離れの方向に階段を登り始めた。

明らかに中に人がいる感じだった。階段を登り切った先は離れではなく本館だった。本館から離れに向かう通路を歩き始めた。離れの入り口の扉を開けると昼間には無かった籠が3つ。中には先輩・彼女・妹の服が入っていた。

奥に進もうと先の扉に手をかけたが鍵がかかっていて開かなかった。そのため別の方法を取ることに。

本館を出てすぐに非常口のようなものがあったのでそこから外に出た。離れの地下の非常口的な扉の前に到着。

鍵はかかっていなかったのでいざ中に。中に入ると上が明るかったので見上げると全裸の彼女と妹が壁や天井の拘束具に大の字で固定されていた。

天井から断続的にミストが降り注ぎ、全裸の先輩が定期的に彼女と妹の体に液体をかけていた。それが終わると黒いクリームを胸・乳首・マンコ・アナルにたっぷりと塗り込み始めた。

特に胸とマンコには黒以外にも白や赤のクリームも塗っていた。そして電マやバイブなどを胸やマンコ・アナルに当てて威力MAXにすると数秒で大量の潮吹き。

それを見ながらニヤニヤする先輩。

そうこうしているうちに彼女も妹もよだれを垂らしながら白目でアヘアヘ状態になった。そして先輩は妹の拘束具を外して抱きかかえるとベッドに寝かせて再び拘束し改造マシンバイブをマンコ・アナルに入れてフルパワーに大量のローターをフルパワーで胸に当てた。

必要以上の攻撃に大量潮吹きの妹。特大メガチンコを持つ先輩が彼女をバックから生ハメ。

拘束具を外すとすぐに四つん這いになってしまった。揺れるGカップロケット乳。体位を変えて一通り生ハメするが射精・中出ししない先輩。

次に妹の拘束具を外すと同じように生ハメを開始した。一通り生ハメを終えると先輩はいなくなった。彼女と妹が本格的にレズ行為を始めた。69でお互い舐め合いイキまくる2人。

上に集中するあまり周囲が見えなくなっていた。その結果、先輩に見つかり眠らされて気付くと上の階で拘束されていた。

目の前では彼女が先輩のメガチンコを濃厚フェラ中。玉舐め、竿舐め、亀頭舐め。フェラからのパイズリ。

そして彼女が自らマンコを広げて催促を始めた。先輩がメガチンコにクリームを塗ってから一言「射精時の精液の量1.5倍。超早漏。妊娠させるぞ」

そして騎乗位での生挿入。彼女が自ら腰を振っていたが孕ませたい先輩は体位をバックに変えてピストンしながら近づいてきた。そして正常位に変えて拘束ピストンで中出し。

すぐに再開して拘束ピストン。次々に中出し射精を繰り返していた。10発前後中出しを見たがその後は覚えてない。

次に気付いたのは翌朝部屋のベッドにて。3人は何事もなかったかのように振る舞っていた。

帰ってから彼女と一緒に病院に行ったが妊娠もしていないし健康だった。妹も。変わったことは彼女の露出が増したこととGカップがHカップになったこと。妹もEカップがGカップになった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.