H体験告白。。兄の友人に呼び止められて

ここでは、「H体験告白。。兄の友人に呼び止められて」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

先日、兄の誕生日を兄の友人と私の友人あわせて祝いました。
兄は23歳になり、わたしは21歳です。 昼すぎから始まったパーティですが、
居酒屋から兄宅に戻ってきたときには、夜中の2時になっていました。

お酒が皆入っていたので寝ている人もいました。
兄も酔っていたので、「好きに自分達で寝てね」と言い、ソファーの上で寝てしまい
ました。(私はあまりお酒飲めないので酔ってなかった)

帰ろうとしていたときです。
「○○ちゃん、待って」
そういって兄の友人のKさんに呼び止められました。

手招きをしているようなので行ってみると兄の部屋でした。
「何ですか?」
「俺、○○ちゃんのこと好きだったんだよね」
そう言って抱きしめられました。

いきなりのことで驚いた私は一瞬体がすくんだようになりましたが、彼は離して
くれませんでした。 そうしているうちにキスをされて、舌も入れてきました。
上手なキスで拒むこともせず、キスをしていたら、彼がキャミの下から胸を触って
きました。

「んん・・・や・・・待って」
「何で?」
「みんな起きると困るよ」
「大丈夫だって」
そういってかまわず胸を愛撫してきました。

たまらなくなった私は、 「っや・・・ん・・・あっんん」 と、声を上げてしまいました。
「我慢しなくていいよ。もっと気持ちよくしてあげる」
そう言って彼はわたしの熱くなっている部分を指でいじめてきました。

「あんん・・・・んんっ・・・・じらさないで」
私が思わず本心を言ってしまうと彼は私を裸にしてベッドに倒し、私のアソコを
しゃぶってきました。 気持ちよすぎて私は自然と声をあげてしまいました。

指を出入れするたびにくちゅ といやらしい音がします。
「はぁんんん・・・・あんんあんあぁん」
「・・・もういれるよ・・・」
彼は私の太ももをつかんで、私の中に入ってきました。

「あぁあっ・・・あん・・・あぁん・・・やんっ・・・はぁっ」
私のきもちいいところに、ちょうど彼のアレがあたって我慢できなかった私は
「イっちゃうっ・・・ああん・・・あんん」
「おれもいくよ・・・っん」
と淫らな姿でイってしまいました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.