H体験談。。嫌われてると思っていた可愛い会社の同僚とラブホへ

ここでは、「H体験談。。嫌われてると思っていた可愛い会社の同僚とラブホへ」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

俺の会社の同僚に、道子がいる。彼女は結構かわいいが、何かと俺とウマが合わず、飲み会ではいつも喧嘩になったりもしていた。

この間の東京への研修旅行の時も、夜の飲み会ではゲームで俺と道子がペアになって抱き合う、見たいな場面があったのだが、彼女、俺とだけは手も握りたくないみたいなこと言ってて、相当嫌われていると思っていた。

しかし、最終日の夜だ。なぜか彼女が急に泣き出して、「帰りたくない」みたいなことを言い出した。わけは、カレシとうまくいっていないだとか、会社がつまんないとかだった。俺は、「じゃあ、明日は帰らないでもう一日遊んでいこうぜ。」と誘ったところ、実際、俺と彼女はそのまま東京に残った。

次の日は、レンタカーを借りて、東京中を道子とドライブして楽しんだ。その時も俺たちは散々喧嘩をした。だけど夕方になって、千葉まで行ってボーっと海を見ていたら、無性に道子がカワイク見えてきて、手を握ったら、道子も手を握り返してきた。そのまま俺たちはキスまでしてしまった。

もうその後は、すぐにラブホテルに直行。部屋に入るなり、道子は「もう、ダメ・・・好きにして・・・」

と言ってくる。すごく積極的な彼女にたまらなくなり、彼女のパンティに手を入れると、オマンコはもうグチョグチョ。そのままお互い下着姿になってベットに横たわると、ものすごいディープキスをしながら抱き合ってしまった。

彼女は唇を離すと、「ほしい」と言って、俺のパンツを下げると、トロンとした目でペニスを見つめ、
「見ちゃった・・・」
といい、激しくフェラを始めた。

普段の彼女からは信じられないくらい、彼女のフェラは強烈に気持ちよくて、恥ずかしくなるくらい、声を出してしまった。彼女はペニスだけでなく、玉袋も唾液でべとべとにしながらほおばり、今度は俺のケツまでベロベロ舐め尽くした。

「ちょっと・・・そこまでしなくても」
しかし彼女は、尻を割り開く手にさらに力を込め、蟻の門渡りから肛門まで何度も舌で舐め上げてきた。その温かい舌の感触に、何度も声を上げてしまったので恥ずかしかった。

気がつくと俺は道子のパンツを脱がし、結構毛深いオマンコにしゃぶりついていた。彼女のオマンコはもうずぶ濡れ状態で、クリトリスも皮が向け勃起してコリコリしていた。
「嗚呼・・んんん・・・」
彼女は何度も激しく喘いでくれた。そのまま69になると、彼女の尻に顔を埋め、オマンコに舌を突っ込んで舐め、クリトリスも激しく指で愛撫してやった。彼女は、
「もうダメ・・・イクイクイク————」
と言ってラブジュースでオマンコをべとべとにしてイッてしまった。ケツの穴がヒクヒクしている。それでも俺は何度も彼女のアソコを舐め、指を突っ込んでかき回し、愛撫を続けた。道子は、
「すごい・・・すごいわ・・・」
を何度も連発し、ペニスを咥えながら俺に尻を突き出して求めた。俺は今度は道子の尻肉を力いっぱい割り開き、
「丸見えだよ、ケツの穴まで見えまくりだぞ・」
と言ってやると、
「アアン・・・見て———もっと・・もっと舐めて———」
となんとも卑猥なことを言うので、今度はお互い風呂にも入っていないので、ちょっとはためらいながらも肛門まで舐めました。かなり毛深い肛門で、周りのケツ毛を舌でどかしながら、シワシワだけを舐め、たまにケツ穴の中心を舌で突いてやると彼女は狂ったようにもだえ、
「すごい・・・そこまでされるの初めて・・・」
と喜んでいました。俺も人のケツの穴をここまで見たり舐めたりしたのは初めてです。
道子のすべてを見てしまった俺はかなり感じてきて、
「もうダメ、入れる」
と言って、彼女を抱き起こし、一気に挿入しました。そのまま正上位で
キスしながら抱き合い、お互いに腰をリズムよく動かしながら、2分ほどで、快感が下腹部に走り、
「俺・・もうダメ・・・イク」
というと道子は
「飲ませてー」
というので、イキそうになるとズボッと彼女のオマンコからペニスを抜き、彼女の顔のほうへ持っていくと、彼女も口を大きく開け、舌を出して待ち構えてくれました。そのまま勢いよく精子が飛び出し、信じられないくらいの量の精子が彼女の口へ注がれました。彼女もゴクゴクと喉を鳴らして飲み干し、フェラまでしてくれました。

あまりの彼女のSEXの過激さに圧倒されながらもすぐに回復し、朝まで6回もしました。2回目には、彼女をバックにして、まずオマンコに挿入し、肛門には指を入れて2穴攻めにしました。道子も信じられないくらいに感じまくり、
「お尻もすごく気持ちいい・・・」
とまで言うので、ペニスをあてがい、初めてアナルSEXまでしました。彼女は経験があるのかどうかは知らないけど、痛がることもなく、すんなりと挿入できました。かなりの締め付けだったので、ものの2分ほどでイキそうになり、直腸の奥深くに精子を出しました。ペニスを抜く時に、肛門がキュッツキュッツと閉まり、残った精子を搾り出してくれるのがなんとも言えず気持ちよかったです。抜くと同時に、道子のケツの穴がぱっくりと開き、精子がドロドロと出てきてケツ毛まで精子まみれになっていたのが卑猥でした。その後も、今まで自分のケツに入っていたペニスを咥え、きれいにした後、うっとりとしながら何度も抱き合ってしまいました。

今までの彼女からは想像もつかないSEXで、正直びっくりしました。本当、女は見かけによらないものです。今ではお互い同じ会社で働いていますが、誰も俺たちの関係は知りません。というか、お互いカレシ彼女がいるので、それっきりしていません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.