遠距離恋愛。。久しぶりのH(女性体験告白)

ここでは、「遠距離恋愛。。久しぶりのH(女性体験告白)」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

遠距離恋愛してる彼と1ヶ月振りに会ってきました。
私が彼の住んでるトコロへ遊びに行くのが私達のスタイルなんですが、彼がバ
イクで迎えに来てくれるから、いつもは駅で待ち合わせ。

けど、この前は最終の新幹線に乗って行った上に、彼が待ち合わせ時間を勘
違いしていたから、駅から最寄りのコンビニで待ち合わせる事に。
(駅構内は寒かった。。。ので。)

雑誌を立ち読みしながら、まだかな~?と待ちわびる私の顔を見つけた彼は、
満面の笑みで近付いて来て、コンビニの中で抱き締められて、チュウされて
しまいました。

まさか店内でチュ-するとは思ってなかったので驚いてしまったのですが、
それも嬉しくて、お腹の上がズキッと感じてしまいました。

その後、バイクで彼のアパート(一人暮らし)へ行って、1ヶ月遅れのバレンタイ
ンチョコをあげて、外の空気で冷たくなってしまった手を暖めあって、
しばらくイチャイチャ。 そのうち、彼があたしの胸に手を滑らせてきて…。

「やだ、触らないでよお。」って、最初はくすぐったくって拒否w
「だって久々に会ったんだよ?おっぱいだけでいいから揉ませて~」
って子供みたいにおねだりして、洋服の中に入ろうと彼の手は頑張っていました。

くすぐりあったり、おっぱいを求められてくんずほぐれつしてると、彼のチ○コが
おっきくなってるのが目に入りました。 おっぱいを触られただけで、身体中の
体温が高まってたのですが、彼のチンチンがおっきくなってるのを見て、
(早くしたいっ。。。)って思ってしまいましたw

彼が「押し倒してもい~い?」って甘えたように聞いてくるから、
あたしも「いいよ?」って甘々で応えてあげました。
舌をレロレロと絡ませあうキスをしながらお互いに脱がせ合ったのですが、
彼は、私がおニューの白い下着を着用していたのに萌えたみたいで、
「うおおっw」と大興奮。ブラの上からおっぱいをコネコネしてきました。

彼いわく、私はすごい濡れやすい体質だそう・・・。
で、彼におっぱいをいじくられてるだけでもうアソコは濡れ濡れです。
彼は、赤くなったあたしの顔をみて「下も触って欲しい?」とニヤニヤしながら、
聞いてきます。
「バカ…触らないで。。」
って顔を背けたのですが、すぐにパンティの上から割れ目にそって、膣口の方
からクリの方へさわさわされてしまい濡れてるのがバレバレでした。

「パンツの上からでも濡れてるのわかるよ、エッチだなあw」って
虐められてパンティを脱がされました。

彼は、剥ぎ取ったパンティの愛液で濡れた部分を見て「これがHな汁だよ」と私に
見せてきました。恥ずかしくって、顔を真っ赤にしながら、
「もおやだあ。。」と半分泣き声をあげると、彼はあたしのおま○この愛液を指です
くいながら「本当にイヤなの?」とにやけています。

彼の動く指が、私の中で一番敏感なクリに触れるたびに、お腹の奥が、じゅんっ
としてどんどんエッチな液が溢れてきます。
「これじゃあ布団が濡れちゃうよw」と言って、彼が私をベッドに押し倒して、顔を私
のおま○こに埋めました。

指でおま○こ弄られただけで、充分濡れ濡れになってしまうので、いつもは手マン
のみの前戯・・・。だから、クンニの感触に私は馴れていません。
彼の顔がおま○こに埋まって、指で割れ目をそーっと開きながら、愛液を拭うように
下から上へ舐め取られていきます。

舌が優しくクリに触れるたびに、ビリっとした刺激が走って思わず
「いやあっ…あんっあんっ」って言う声がでちゃいます。

彼は、指を膣にそーっと挿入して、動かしながら舌でクリをこねまわすようにいじめ
てきます。おっぱいを吸うようにクリを吸われて、はじめての刺激に私は気絶しそう
なくらい気持ちよくって、
「ダメ、ダメだよお。。。気持ちいいよお」って叫んでしまいました。

その後も彼は執拗にクンニをくり返します。しかし、クリ逝きって、なかなか続けて
出来るモンじゃあないんですよねw彼には言ってないけどw

自分的な箸休めの意味も含め、彼の、もうそそり立っていたおチンチンに愛撫する
事にしました。 先っぽを指でクリクリとしたら、もう彼の亀頭からは先走り液がたっ
ぷりと出ています。竿を握りながら親指で亀頭の部分を、先走り液を全体に擦りつ
けるようにグリグリと動かして他の四本指で竿を握って上下に動かします。

彼の息遣いが荒くなってきて、ハァハァ言いはじめました。
私は、責められるのも好きだけど攻めるのも大好きなので、可愛い彼の声が聞
きたくって、左手で彼のおちんちんを扱きながら、 彼の右の乳首を舌でナメナメ
してあげました。

男の人でも、刺激を与えると乳首って立つんですけどそれが楽しくて、乳首を噛
んだり、乳首の周りに生えてる毛を歯で引張って、
彼が切なそうに「っはあっ…」って言うのを楽しみました。

彼が、「気持ち良い…舐めて…」ってトローンとした目でおねだりして来たので、
彼のおっぱいを舐めてた口を離しておチンチンをしゃぶります。全体の竿を舐める
ようにして濡らして、その後でパクっとお口におちんちんを咥えながら、竿は握っ
て上下に動かしました。

彼のを舐めてるだけで、おま○こが濡れてきて、愛液が太腿につたってきます。
それに気付いた彼は、自分の顔のトコロにあたしのお尻を持って来て、69のスタ
イルになりました。

彼のおチンチンをバキュームフェラしていると、彼が興奮してあたしのおま○こに
向かってハァハァハァハァって熱い吐息を吹きかけて来るのが私も良くって、フェラに一
層力が入ります。

亀頭を舌で円を描くように舐め回しながら手でおチンチンを扱いているうちに、
彼の息遣いが荒くなって来て、
「も、もう出るよ…」 っと。
お口いっぱいにおチンチンを頬張ると、根元からビクンビクンッとおチンチンが揺れ
て、ドロッとした精液が私の口の中に飛び込んできました。

そのまま、彼はしばらく動かずw
私は、お腹の奥がムズムズとして来たので早く挿れて欲しくて
「もうしよう?」って彼を誘います。

すると「じゃあ、Mちゃんが上に乗って動いてみて」と彼。
いつもは正常位ばかりのHなので(二人ともキスが好きなので)戸惑いながら、
あたしは自分の膣口に彼のまだおっきいままのおチンチンをあてがいました。

正常位で挿れるのとは全然ちがう、ズンッとした刺激が私を覆います。
おチンチンの先っぽが、奥の方に当たるってこういう感触なのでしょうか。
挿れただけでお腹が一杯で、なかなか自分で動けません。

「動いていいよ?」って言われたけどなかなか思うように動けない。
クリがまた疼いてきていたので、彼のアソコの毛にクリを押し付けるように腰を
前後に円を描くように動かしました。

けど、やっぱり上手に動かせなくって戸惑っていると彼が下からズンズンと腰を
振って突きあげてきます。 彼が、ズンッと動くたびに感じてしまい、
「いやあ、ハァハァ…気持ちいいよお。」っていう声が出てしまいます(恥

私の喘ぎごえに安心したのか、彼はどんどんと下から突いてきて、あたしは上体
を起こしておく事が出来なくて、上半身を彼に預けて下から突かれたい放題にさ
れてます。 ズチュッヌチュッていう、普段はなかなか聞こえない音までクリアーに
聞こえてた。

彼も「Mちゃんのおま○こに僕のち○こが入ってるのが見えるよ」
って言いながらズンズンと突き上げて来て、5分も立たないうちに
「いいっああんん!もお我慢できないようっ。ああんっ!イクッーーーーーーー」
と言って私はイってしまいました。 彼もその後すぐに射精しました・・・・。
59383_convert_20080602113941.jpgFC2 Blog Ranking
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.