久しぶりに痴漢されて。。女性体験告白

ここでは、「久しぶりに痴漢されて。。女性体験告白」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

毎日のラッシュ通勤、嫌なものですね。でも私、楽しみを見つけちゃいました。
学生さんが夏休みに入って、少しは空いたかなと言う感じですが、やっぱり混
んでますね。 私の乗ってる電車は予備校の多くある駅を通るので、予備校生
らしき子や制服姿の高校生もいます。

私も若い頃はよく痴漢にあっていましたが、30半ばになった今は年に数回程度、
脂ぎった禿げおやじに触られる位です。

7月の終わり頃のことです。窓際に立っていた私のお尻に手が当たりました。
最初は混んでいるからと思っていました。でもその手がモゾモゾ動くんです。
「え、痴漢?」私はまさかと思い後ろを振り向くと高校生とおぼしき少年が、
密着するように立っていました。

手がお尻に触れて、慌てて退けようとしているんだと思いました。
「痴漢と間違えてごめんね」私は心の中で謝りました。

それから数日して、また同じ事が起きました。あの少年です。
可哀想にと私は思い私は、お尻を前に出しました。少年が手を退けたのが解り、
お尻を戻すと、少年は押されたのか、私のお尻に腰を押し付けてきます。

私はお尻に大きく固くなる物を感じました。
「やだ、この子」私が振り向くと少年は顔を赤くして目を逸らしました。

「私じゃなかったら痴漢に間違われて、大変なことになっていたかも」
と思うと本当に可哀想で、なにごともないように窓の外をぼんやり眺めました。
30半ばの私に痴漢するのは、奥さんにも相手にしてもらえないおやじ位ですから。

でも、次の日もその次の日も少年は、私のお尻に固い物を押しつけて来たんです。
「やっぱりこの子痴漢?」
私は少し疑いを持ちましたが、まさかという気持でした。

振り返ると少年は真っ赤な顔をしていました。
「私の思い過ごしね」そう思いました。
会社に着くと後輩の子に「先輩、ファスナーあいてますよ」と言われました。

「なんで、どうしてちゃんと閉めたはずなのに」
駅でトイレにも寄ってないし、壊れていた訳でもないし、開いてるはずがないんで
す。 誰かに開けられたとしか思えません。
「あの子・・・」少年の顔が浮かびました。
次の日、ファスナーが閉まっているのを確かめ、電車に乗りました。

あの少年がまた後ろに立ちました。
少年の手がいつものように私のお尻に触れ、モゾモゾ動いています。
私はファスナーを真ん中ではなく、横にずらしてスカートを穿いていました。
少年の手がいつもと違い左右に動き、ファスナーのある位置で止まりました。

うつむいて見てみると、少年はファスナーを少しずつ降ろしていました。
「やっぱりこの子だったんだ。なんで?若くて可愛い子他にいるでしょう?」

そう思う一方で「私もまだ捨てたもんじゃないわね」と優越感に浸りました。
その日は少年の事で頭が一杯、仕事も手に付かない程でした。

帰りにミニスカートを買いました。
しかし、ミニスカートを穿いていっても少年はファスナーを降ろすだけで、スカート
の中に手を入れてくるような事はなく、いつものように固い物を押しつけてくるだ
けでした。

そして土曜日、会社が休みなのに私は電車に乗っていました。
少年の事が気になって仕方なかったからです。少年も乗ってきました。

さすが土曜日、ガラガラ状態です。
ガラガラなので、私が座ると、少年も前の席に座りました。
私は寝たふりをして、足を少しずつ開いてみました・・。
薄目を開けて少年を見てみると、私の様子を気にしながら、スカートの中を覗い
ています。
「やっぱりこの子私に興味があるんだわ」私も少年が気になって仕方ありません。

そして月曜日、満員電車で少年はいつものようにファスナーを降ろしてきました。
「中に手を入れて触っていいのよ」と心の中でつぶやきました。

でも、中に手を入れてくる事はしません。固くなった物を押し付けてくるだけです。
私は、触って欲しいと言う気持で一杯になり、我慢できませんでした。
私は、はしたない事にお尻をグイグイと少年に押し付けていました。

少年は戸惑って腰を引きましたが、追いかけるようにさらにお尻を押し付けると
少年も電車の揺れに合わせ、固い物を押し付けてきました。 駅に着き、」私は
いったんホームに降り、ファスナーを上げました。

少年はドアの端の手すりの所つかまっていました。私は最後に乗り込み、少年
を角に追い込むように向かい合って立ちました。
こちらのドアはしばらく開きません。

私が腰を押し付けると、少年の物が大きく固くなっていきます。
私は少年を見つめました。少年はちらっと見ると恥ずかしそうにうつむきます。
押されたようにして体を密着させると、真っ赤になってとても可愛いんです。
私はいたずらしてみたくなり、固い物に手を添えていました。

少年はうつむいたまま、嫌がる素振りも見せません。 それどころか、さらに大きく
固くなってなっていくんです。 女にとっては死ぬほど嫌な痴漢でも、男の人にとっ
ては違うみたいです。

私は周りに気付かれないように、ゆっくりと固い物をさすります。
少年は何の抵抗もしません。ただ、胸に当たる息づかいが荒くなっていきます。

男の人との触れ合いが数ヶ月無かった私は、歯止めが利かなくなり、気が付く
と少年のズボンのファスナーに手をかけていました。
ゆっくりと降ろしていくと、何とも言えない感じが、私の理性を奪います。

痴漢をするおやじの気持が解るような気がします。
ズボンの中に手を滑り込ませ、パンツの上から触ると明らかに濡れているんです。
濡れた部分を円を書くように指でなぞっていると、腰を引くようにして耐えています。

亀頭の部分を包むように五本の指で刺激すると、胸元へかかる息が一瞬止まり、
激しく長く熱い吐息を吹き付けてきます。
と同時に、亀頭が大きく膨らんだとかと思うと、びくびくと痙攣して熱いネバネバの
液が、パンツを通して染み出てきました。

私はその瞬間、今までにない快感が体を走り抜けました。駅に着くと、降りる駅
でもないのに、少年は慌てて降りていきました。

私も降りてトイレに入り、指に付いたほんの少しの精液を舐めました。
我慢できずにその指を敏感な部分にあてがい、自分を慰めます。
「なんて事をしてしまったの」罪悪感と後悔の念が私を襲いました。

電車の時間をずらしました。でも、あの快感が忘れられないんです。
数日後には、私はいつもの時間にホームに立っていました。
そしてまた、少年がお尻に固い物を押し付ける日が数日続きました。
前と違ったのは、少年が私のスカートのファスナーを降ろさなくなったことです。
パンツの上からとはいえ、数カ月ぶりに触れた男の人の物、そして精液のにおい
もう我慢の限界でした。体が言うことを聞かないんです。男の人を欲するんです。

会社でもお局様の私を誘ってくれるような人はいません。
私の気持ちは少年に向かっていました。でも私から誘う事なんて出来ません。
あの少年の精液が欲しい。私は頭の中で彼にいたずらして射精させていました。
35766_convert_20080530135053.jpgFC2 Blog Ranking
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.