H体験談。。上司の奧さんを妊娠させた

ここでは、「H体験談。。上司の奧さんを妊娠させた」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

俺:25歳独身。 千鶴:28歳美妻、子供一人

へべれけになった上司(36歳)を家に送り届けた。
俺の家は、車ならここから10分ほどの距離だ。

「Sさん、ごめんなさいね、夜遅くまで。・・・」
「いやあ、構わないですよ。これ、鞄持ってて下さい。」

グッタリとなった人間は重い。何とかベッドまで運び、上着を脱がせ、
後は奧さんに任せた。奧さんは、スタイルが良い美人だ。

「遅い時間だから、泊まって下さい。」
11時を廻っていた。

客間に通され、服を脱いで布団に潜り込もうとした時、奧さんが来た。
これ使って下さいと、パジャマを持って来た。
そして、俺の服をたたんでいる。

その後ろ姿に色気を感じ、後ろから抱き寄せて唇を重ねた。
今更ながら、強く抵抗されたら、それで終わっていたと思う・・・

だめ、いや、と言っていたが、それほど嫌がっている様子でもない。
後ろ向きのまま、パジャマの裾から胸を揉んだ。意外と大きい気がする。

片手をパンツの中に滑り込ませると、そこはもう濡れていた。
もう濡れてる・・・欲求不満で感じやすくなってる? 
犯されてるようシチュエーションで濡れてる?

「奧さん、濡れてるよ」「いや、やめて下さい」
奧さんを全裸にして、布団の上に体を転がし、覆い被さる。

首筋にキスすると、体がピクリとした。
耳のあたりから、首筋に舌と唇を這わせる。

「んん~、ああ~」手で口を押さえながら呻く。
勃起したものが、奧さんの下腹に当たっている。

乳房を揉みながら、乳首を咥える。
「んん~、だめです。」と言いつつ、俺の体に両手を回してくる。
いや、だめですと言うが、体は反応している。

もう一度首筋にキスしようとしたら、
俺の亀頭部分がヌルリッと入ってしまった。

「ああああ、いやあ。んんんん~。だめですう。」
上体が仰け反ったが、逃げようとはしない。
それどころか両手は俺の腰を掴んでいる。

亀頭部分だけで、気持ちよくなっている表情。
先だけを何度も動かしてみる。

「んんんん~、あああ~。もっと入れて。」
スッと抜いた。

「ああっ。抜かないでえ~」と自分で腰を進めてきた。
ならばと思い、ズボッと挿入。

「ああああ~、そんな、いきなり。ううう~いい、気持ちいい。うううう、ああ」
奧さんの奥へ入れると、あああ~っと、しがみついてきた。

奧さんの脚を抱えて、体を屈曲させ、上からズンズンと突く。
「ああっいいっ。いいわっ。奥、奥まで~っ。」
クリを擦るように、ゆっくり奥深く挿入する。

「うううう。いいの。いい。んんんん~」
動きを早め、グイグイと突き刺すように入れてゆく。奥へ、奥へ。

「あああああ~いい~~。イクウぅぅ。来て、来て、うっうっうっぅぅぅうう~~」
奧さんの腰をキツく抱き寄せ、思いっきり射精っ!

ドクドクドクっと精液が、奧さんの体内に注がれる。
俺の腰を挟み付けていた両脚が離れ、体が大きくしなり、
奧さんはシーツを強く握りしめている。

放出が終わりかけると、また脚を絡めてきた。
「ああああ。出てるわ。出てる。熱いの。んんん~ああ」

声を押し殺して呻く顔が、妙に妖艶だ。
精液を吸い取ろうと、膣内がヒクヒクうごめいている。

「ああっ。また、大きく、なってるう」
「奧さん、もう一回、出したい。いい?」

「もうダメッ!口で、口で抜いてあげる」
間もなく、奧さんはフェラを始めた。

人妻のフェラは上手い。
とことん舐め尽くすように、手と舌と唇を使ってくる。

間もなく奧さんの口へ、先ほど多くはないが射精した。
奧さんはゴクッと飲み込んだ。
「若いから、濃いわね。口の中で粘ってる。」

抱き合って話をしていたら、妊娠中に上司と女子社員が浮気していたらしい。
関係が続いているかは、分からないという事だった。

浮気された仕返しに、私も浮気してやると思っていたそうだ。
そこへ、たまたま俺が来たという事らしい。

また逢いたいというので、住所・電話番号を言うと
「あら、意外と近いのね。子供、連れて行こうかな。
子連れだと、バレにくいでしょ?」

なかなかの知能犯。子供は、もうすぐ2歳になる女の子だ。
まあ、俺も子供は嫌いではない。

こうして、千鶴と俺の不倫関係が始まった。
やがて子連れで温泉旅行に行く事になる。
(投稿者 元部下S夫)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.