H体験談。。部下の女の子と再会してラブホヘ

ここでは、「H体験談。。部下の女の子と再会してラブホヘ」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

短大出てすぐうちの部門に配属されたその子は、
目がクリクリとして可愛い子だった。

俺は当時、課長になったばかりで3歳の娘と身重の妻がいた。
4年が過ぎ、彼女は結婚。

俺は主賓の挨拶をしたりして、彼女の新しい門出を祝ったりもした。

彼女は結婚しても会社に勤めていたが、
1年半ほどしたころ、旦那の転勤をきっかけに退社した。

その後は年賀状などで挨拶する程度だったが、
待望の長女も生まれて幸せそうだった。

そんなとき、ちょうど彼女が住んでいる街の近くでプロジェクトがあり、
3ヶ月ほど単身赴任することになったんだ。

最初はすっかり忘れていたが、ふと思い出して、
昔の携帯の番号にメッセージを送ったら、「懐かしい!」の返事。

さっそく仕事が休みの平日午前中に会うことにした。

平日午前中なら旦那もいないし、娘を保育園送ってから、
ということで彼女もちょうど好都合だった。

30を過ぎた彼女は以前より少しふっくらしたが、
すっぴんに近いはずなのに相変わらず可愛く、
年甲斐もなく、心がときめいてしまった。

表情にちょっと影が差していたのが気になったが、
まああまり詮索もせず、その日はたわいない昔話をして別れた。

それから数日後、彼女から「また会いたい」とメッセージ。

再び休みの日に同じようにファミレスで会うことにしたが、
駐車場で待ってた彼女、俺の車を見つけるなり、乗り込んできた。

そのまま彼女の言われるままに近くの山道を登っていくと、
人気のない見晴のいい駐車場に到着した。

そのとき彼女がワッと泣き出した。
びっくりして理由をきくと、どうも旦那とうまくいっていないらしい。

そんなか、俺と再会したものだから、
なおさら我慢できなくなって呼び出したとのこと。

涙ながらに旦那とのいざこざを語ってから、
最後に「私、課長のことがずっと好きでした」と告られて
俺も火がついてしまった。

「泣くなよ」と言ってキスしてしまったら、もう止まらない。
そのまま、麓のラブホへ一直線。

昔から痩せているのに巨乳だったが、とにかく抱き心地がよく、
またいい声で喘いでくれて、 俺もすっかり彼女に夢中になってしまった。

結局、単身赴任が解けるまでの2か月半ほど、
毎週俺の休みの午前中はラブホに通った。

それから一年くらいしてから正式に離婚が成立したことを知らされた。
そして、娘を引き取って実家に戻ってきたとのことだった。

本当はすぐにでも会いに行きたかったが、
そこはグッと我慢して「よく頑張ったね」
みたいな返事をするだけにとどめた。

でも、彼女とのなかはそれで終わらなかった。
また2年くらいしてから突然メッセージが来て、
「再婚することになったから」、と。

「それは良かった。おめでとう。何かお祝いをしないと」
と返事を送ると、彼女から「お願いがある」というので、
また再会することになった。

子供を両親に預けて少しおしゃれをしてきた彼女は、
本当にキラキラしていた。

「とっても幸せそうだね」
開口一番、そう告げると、嬉しそうな笑顔をみせた。

その笑顔が自分のためではないことに少し嫉妬を感じながら、
彼女の人生に責任を持てないのだから、と自分を慰めるしかなかった。

二人で食事をしながら、少しお酒も入っていい感じになったころ、
「そういえばお願いってなんだよ」と切り出した俺に、
彼女は意外な返答した。

「今度の彼はとても良い人で、今度こそ幸せになれそうなの」
と少しはにかむような表情で語る彼女。

(なんだよ、のろけ話かよ)と、内心面白くない俺。
「でもね、やっぱり課長が好き」と彼女。

「残念だけど、もう課長じゃないよ、部長代理だよ」と話をそらす俺。
「お願いというのはね、好きな課長にもう一度だけ抱いてほしいの」

(おいおい、いいのかよ)と思いつつ、
我慢できずにそのままホテルにチェックイン。

お互いの身体を惜しむように濃厚な愛撫をしあいながら、
人生でもっとも密度の濃いセックスをしたように思う。

その日を最後に彼女とは会っていないし、連絡も取りあっていない。
きっと幸せな生活を送っているのだと思う。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.