H体験談。。お嬢様女子大生が部屋に来て

ここでは、「H体験談。。お嬢様女子大生が部屋に来て」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

俺が19歳の頃の話です。
当時俺は高校を卒業して大学に入って1人暮らしを始めたばかり。

卒業時に別の高校の知り合いだった女の子と
初体験をしたばかりのズブの素人に近い状態だった。

3つ隣の市に仲のよかった従兄の3つ上の兄ちゃんがいて
しょっちゅうつるんで遊んでいた。

ある日兄ちゃんの家に遊びに行くと見慣れない女の子が遊びに来ていた。

女の子は兄ちゃんの大学の同級生(俺も知っていて何度か飲んでた)の妹で、
名前を奈緒美ちゃんといった。

奈緒美ちゃんもその年の春高校を卒業し
従兄の兄ちゃんが通っていた大学近くの女子大に入学してきていた。

ある地方の有名な上場企業のお嬢様で
当然のごとくそれに見合った彼氏もいた。

車持ちでマンション暮らし、バイク乗りで極小のワンルームマンション暮らしの
俺とは天と地ほどの差があった。

当時男子校を卒業したばかりの俺は女の子の扱いにも慣れておらず、
チェリーは卒業していたもののほぼそれに近い状態だった。

ただ、高校の時からバンドなんぞをやったりして
髪も染めたり色々やっていたので当時としては奇抜なスタイルだった。

そんな俺に奈緒美ちゃんは興味を持ってくれたらしく、
その日のうちに電話番号を交換した。

俺の方からは電話を掛ける事はなかった。
何しろどう話していいのかも分からず、
また特に用事も無い状態で電話を掛けても会話が続かないと思ったからだ。

数週間後に俺の家の電話が鳴った・・・奈緒美ちゃんからだった。
だが間の悪いことに俺は風邪を引いて寝込んでいた。

「じゃあ、私がお見舞いがてら看病しに行ってあげるよ。何か食べたいものある?」
正直2日ほどまともに食べていなかった俺は素直に嬉しかった。

その時点ではやましい気持など全くなく、即決で彼女の提案を受け入れた。

「クリームシチューが食べたい・・・」
弱々しく俺が言うと

「じゃあ、明日授業も何も予定が無いから行ってあげるよ」
そう言ってくれた。

風邪引きで熱もあった俺だったが何だか嬉しい気持ちになった。
翌日は朝起き、少し部屋を掃除してシャワーを浴び彼女からの連絡を待った。

駅に着いたら迎えに行く約束になっていたが、
奈緒美ちゃんは駅からタクシーで来てくれた。

『お金持ちは違うねぇ・・・』 そう心の中で思った。
シルクの白いシャツにミニスカート、そのスタイルに少しだけ胸がドキッとした。

俺の独房のような狭い部屋に入ると彼女は開口一番
「狭っ、この一部屋だけ?!」 
俺は少し凹む、しかし

「この部屋だったら常に密着状態かもね・・・」
という彼女の言葉にさらに胸がドキッとした。

料理は必ずしも手際がいいとは言えず、
ガッチャン、ゴッチャンやっている感じだった。

だが、始まると何も言わず真剣に料理している姿に好感が持てた。
俺は実際まだ熱があったのでその間は横になっていた。

1時間半ほど経ったか、「やっと終わったぁ。」
その声でうたた寝状態から目が覚めた。

「ねぇ調子どう?シチュー食べれる?」
そう言って奈緒美ちゃんは俺の枕元に座ってきた。

俺が奈緒美ちゃんの方を振り返ると
そこに奈緒美ちゃんが座っていたわけだが、
ミニを履いていたため、デルタ地帯のパンティが丸見えだった。

赤のパンティだったことは今でも覚えている。
俺も胸はさらにドキドキを増した。

「うん、食べるよ。」とは振り返り際に返事したものの
デルタを凝視してしまい、無言になっている俺。

「大丈夫?!なんか顔赤くなってきてるみたいだよ。」
彼女の言葉にさらに顔が赤らんでしまったように思えた。

俺の頭の中は『赤パンツ、赤パンツ』がグルグル回っていた。
彼女の勧めで少し休み、水を飲んでからシチューを頂いた。

味は正直普通だったが、一生懸命作ってくれたのが嬉しくて
何度も感謝の言葉を口にした。

体も少し楽になったので起きてベッドに腰掛け、
背中を壁に着く格好で二人並んで座って話し始めた。

話はもっぱら奈緒美ちゃんの学校や友達の話だった。
俺は「うん、うん」と頷いてはいたがあまり話は耳に入ってこなかった。

体が楽になるにつれ、先程の赤パンティが頭の中をグルグルと回り始めた。
「ここ狭いけど、壁も薄そうだね。」

「だと思う、夜静かになって寝る時に隣の部屋の電話の話し声とか
聞こえる事とかあるもんな・・・」
「Hなんかしてたら一発でばれちゃうかもね。」

「えっ!?!」
俺のドキドキがさらに高まる。

「聞こえたこと無い?」
「それは無いけど・・・」

「お隣は?」
「多分女の子だったと思う。ほとんど見たこと無いけど・・・」

「今居るかな?」
「さぁ・・・」

すると奈緒美ちゃんは立ち上がり壁をトントン叩いたりし始めた。
「ちょっ!?!」叩いては壁に耳をつけたりして様子を伺っている。

「ナンかテレビの音が聞こえてるみたいだからいるみたいだよ。」
←おいおいそれじゃそんな事してたら近所迷惑でしょ!
次の瞬間奈緒美ちゃんは驚く行動をとった。

「いや~やめてよぉ。」
冗談だろうが、壁に向かって声を出した。

「ちょっ、ちょっと。!?!」
俺が奈緒美ちゃんの方を向き見上げる。

ローアングルからまたもやチラリと奈緒美ちゃんの赤パンティが覗く。
「さっきから田中君、私のパンツ見てるでしょ!?」
俺のドキドキはMAXになった。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.