H体験談。。大人のバー訪問を匂わせた募集を掛ける

ここでは、「H体験談。。大人のバー訪問を匂わせた募集を掛ける」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

某出会い系 東京 アラフォー 180/72 既婚子無 地味な脇役俳優にいそうなタイプ

相手 東京 30歳 162/50(推定) 独身彼有り、自称ぽっちゃり時代の深田恭子

たまには違う趣のオフでも、と考え大人のバー訪問を匂わせた募集を掛ける。
こういう場合は大抵無反応か複数レスポンスがあるかのどちらかだが、
今回は後者。

行為自体が目的ではないので、スペックよりオフを楽しめそうな相手に絞る。
最終的に選んだのはいちばん前のめりのメールを送ってくれた
自称深田恭子似のアラサー、以後恭子。

やり取りの翌日が土曜だったが、恭子の希望もあり
敢えて人の少ない昼間を選ぶ。

待ち合わせは世界有数の歓楽街。
待ち合わせ場所として以前訪問して勝手のわかっていた
小箱近くの喫茶店を指定する。

こういったオフの場合こちらが先に着いて待つことが多いが、
今回は恭子が先に着いており、その前のめりさに好感を抱くw

昼間から客の少ない純喫茶の片隅で、会ったばかりの異性と
小声でセクシャルな話をする背徳感もまた格別。

恭子の話す内容から相性が良さそうな予感がしたが、
言うほどぽっちゃりでもない程よい肉感もあいまって食指が動いた。

楽しかったので開店時間を過ぎてもつい話し込んでしまったが、
席を立ち店まで歩く間も喋り続ける恭子。

昔から性的好奇心は強い方だったらしいが、見た目が大人しいせいか
今までの彼氏からはお姫様扱いされて性癖を表に出せなかったとのこと。

異性と赤裸々にセクシャルな話をするのも初めてらしく、
昼間から変にテンションが上がっている恭子をつい愛しく感じてしまう。

何故か名残惜しさを感じつつ店に到着。
初めて来店した恭子が書類に記入するのを待ちつつ、
ふと悪戯心が湧き豊かなお尻にすっと指を這わせる。

無反応だったのでおや、と意外に感じたが、
記入を終えた恭子が

「まだスイッチ入れちゃダメでしょ?」
と頬を膨らませながら腕を組んできたため
完全にこちらのスイッチが入ってしまった。

少ないながらそれなりに客はいたが、
様子見するためまずはカウンターの端に陣取り物色。

恭子とこそこそ話をしながら、
お互い感じがいいと感じたカップルに目を付け話しかけた。

向かい合った2人掛けの狭いシートに恭子×彼氏さん、
俺×彼女さんというこの店ながらの配置で腰掛ける。

お酒を入れつつ談笑する内彼氏さんに寝取られ属性があるらしい
とわかったので、彼女さんに軽めのちょっかいを掛けて遊ぶ。

カップルさんはおっさんなど眼中にない様子で互いに見つめ合い
はぁはぁしていたが、何故か恭子は彼氏さんの身体をぺたぺた触りながら
軽くこちらを睨んでくるw

完全にカップルさんのスイッチが入ったので
気を利かせて席を移動しカウンターに戻る。

アルコールのお代わりを頼みつつ密着して横に座る恭子だったが、
しがみつきつつ軽く太股をつねってきた。

そっちだって彼氏さんに触られる度に身体びくんとしてたでしょ、とからかうと
「だって触られるの久し振りだったんだもん」 とつぶやく恭子。

彼氏とのことなので詳しくは聞かず、グラスを傾けながら
さり気なく恭子の内股に指を這わせる。

手で押さえるでもなく照れるでもなく、しがみつく力だけがぎゅっと強くなった。
恭子は目を潤ませながら無言でこちらを見つめている。

パートナーがいると自ら踏み出すのではなく
誰かに背中を押してもらいたくなるのだろう。

わかってはいたが生来の意地悪さが頭をもたげ、
これからどうしたいのか言ってごらん、と促す。
わかっている癖に意地悪、とすねる恭子。

誘うようにゆっくりと目を閉じ何かを待っている様子だったが、
敢えて応えず耳から首筋、顎、頬と指を這わせる。

息が荒くなってきたのを確かめ、耳元でそろそろ出ようか、と囁く。
目を閉じたまま頷く恭子の手を取り席を立たせ、店の外に出た。

場所柄部屋の選択肢は多い。 小綺麗そうなホテルを選んで
さっさと受付を済ませ、エレベーターに乗り込んだ直後に
コーナーに恭子を押し込みディープキス。

恭子も喘ぎながら身を捩らせ、激しく舌を絡ませてきた。
すぐ目的の階に着き、部屋に入るなり壁に押さえつけ続きを始める。

柔らかな素材のワンピースの上から激しく恭子の身体をまさぐる。

既に身体をがくがくさせながら頽れようとする恭子を
壁に押さえつけたまま、指だけは冷静に服の上からブラの紐を外し、
焦らすような愛撫に切り替えると、

我慢しきれず声を出し、声が出てしまったことに驚いた様子で
必死に口元を押さえる恭子に嗜虐心に火が付く。

もう少し時間を掛けたかったが、こちらももう我慢できなくったので
お姫様抱っこでベッドまで恭子を運び荒々しく服を剥ぎ取った。

長くなったので以後あれこれと割愛。
お互いスイッチが入った後焦らしの時間が長かったこともあり
かなり燃えたが、それがなくても相性はとても良かったと思う。

その後一度仕事帰りに普通のデート。
次に会う算段をしていたものの、彼バレしてあっけなく終了。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.