H体験談。。彼女がストーカーおっさんの奴隷になってた

ここでは、「H体験談。。彼女がストーカーおっさんの奴隷になってた」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

色々とあって、久しぶりに会った彼女。
これまで4回ぐらいデートしたが、
Hはおろか、キスさえしてなかった。

酔った勢いでホテルに誘ったら、ついて来てくれた。

シャワーを浴びて、舐めあって、ではそろそろ...
となって、ベッドサイドのコンドームに手を伸ばして
つけようとすると、これがなかなか着かない。

久々、ということもあってうまくいかない。
すると、彼女が、『ゴム、つけなくてもいいよ』と。

不審に思って、オレが、
『だってつけなきゃ、ヤバいじゃん。妊娠したらどうすんの...』
と言うと、

『ピル飲んでいるから...』と彼女は何気なく答えた。

これには驚いた。どうしてそんなことをしているのか、と...。
話を聞いて、更に驚いた。

彼女は、オレと連絡が途絶えていた数ヶ月の間に、
居酒屋で知り合った40前後の太ったオッサンから
ストーカー行為を受けるようになり、

彼女の一人暮らしのマンションまで
ついて来られてしまったのだという。

そして部屋の中に入られて、
強引に性交渉を持たされてしまったという。

つまりはレイプされた、ということなのだが、
この彼女、依存症のケがあり、
それも一つの運命などとワケの分からんことを言って、

警察に被害届を出そうとしないばかりか、
そのことを嘆いてもいない。

オレとしては理解不能だったけど、
彼女としては援交みたいなつもりで
あきらめていたのかもしれない。

で、そのおっさんが彼女に、
産婦人科に行ってピルを処方してもらってきて飲め、
と命じたそうである。

それを素直に聞き入れてしまうのが、
またこの女の依存体質なところなのだが...。

(彼女に懇願するように言う、そのおっさんを見ていると、
とてもあわれに見えて、言うことを聞いて上げよう
という気になってしまうのだという)

それに逆らえば、マンションで大声を出されたりして、
ひと目についてしまうことになるし、
そのおっさんに恫喝されたり、携帯を投げつけられて
脅されたりと怖い目にあうし、

結果的にも、中出しをされて妊娠させられてしまうから、
彼女は黙って従っているのだという...。

そのおっさんは、会社帰りに時々、
東中野の彼女のマンションに突然やって来ては、
彼女のカラダを求め、

カミさんに怒られるからと、
夜10時ごろには帰っていくのだという。

時には彼女の携帯に頻繁に電話やメールをして、所在を確認し、
自分が不倫しているクセに、

彼女が他の男と飲みに行ったりしていないかを
チェックしたりするのだ、と言っていた。

またそのおっさんは彼女に所在を証明させるために、
今いる場所の周りの風景を写メで撮影して
送信させたりもしていた。

実際、彼女は、携帯で電車内の風景を撮った画像を
オレに見せてくれた。

通勤途中におっさんが写メを催促してきたのだという。

そして、その日も彼女とホテルに入る前に飲んでいた居酒屋で、
彼女が突然、携帯でテーブルの上の酒のつまみや
七味唐辛子の容器、ビールジョッキなどを撮影し始めた。

そのおっさんが彼女が不在なのを不審に思って、
いまいる場所の光景を写メで送るように命じているらしかった。

彼女は写真を撮ってはすばやくメールを打ち、
送信しては、また返信があるらしく、
同じことを3回、オレの目の前で繰り返しやがった。

おっさんは彼女を完全にペットのように
支配しているつもりらしかった。

実際、彼女はおっさんから、
「オマエはオレのペットで奴隷なんだから、オレの命令に反抗するな」
と彼女のマンションの部屋で言われたそうである。

こういうイキサツをきいて、わがムスコは萎えた...。
が、こっちも久々なので、この機を逃がしたら
いつヤレるか分からない。

なので、彼女がいいと言ってもいるので、
ナマで入れて中出しした。2回も...。

彼女は慣れた手付きで、おマンコから流れ出る
ザー汁をティッシュで吸い取り、
シャワーを浴びにバスルームに入っていった。

この依存症の女は、社会人入試で入った
どこぞの短大の2年生で、栄養士の勉強をしているらしい。

今でもそのおっさんの奴隷になっているのかは知らない。

恐らく引っ越さない限り、ストーカー野郎から
逃げ出せはしないだろう。
今度、東中野へ行って確かめたいと思っている。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.