H体験告白。。エロい気分になると唾液がローション状になる

ここでは、「H体験告白。。エロい気分になると唾液がローション状になる」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

奈良、♀、32歳、身長164cm、体重51kg、横顔は素敵らしい森三中黒沢似

相手 奈良、♂、25歳、瑛太似、175cm/52kg

スーツリーマン希望で釣糸を垂らしていると
普通に『仲良くしてください』とメッセが来る。

登録されているプロフ写メは黒セル眼鏡をかけた瑛太っぽくてかわいいけど、
しかしながら7つも年下だし細すぎるしスーツリーマンじゃないのでスルー。

すると数日後に『諦めきれーん』と再びメッセが。
ちょっと面白かったから『残念ながら好みじゃない』
とストレートに返信して終了…と思ったけど、
何故かそのままメッセのやりとりを続けることに。

そして相手のポイントが無くなったからLINEに移行。
それまでのやりとりで感じてはいたけど
『きみ…ガチでMやろ?』と聞くとその通りです、とな。

私も同じくなのでそこからはM談義。
とはいっても男のMは接したことなかったので
相手のことを嬉々と聞きまくる。

どうやら最近まで歳上の人妻に調教されていたらしく
アナルも開発済み。残念ながら関東へ行ったから関係終わったそうで。

この時点でも会う(やる)つもりはなかったけど、
相手の家がそんなに遠くないのと話を聞くだけでも面白そうだ
と思い始めたので『とりあえず会ってみよか』となり面接決定。

相手がサービス業なので平日の昼間に
地元のショッピングモールで待ち合わせ。

遅れて現れたのは…
あれ、この人って嫁が好きすぎる人じゃなかったっけ?
何故こんな田舎に?と一瞬混乱したくらいに
あまりに似すぎていたキングコングの梶原。 (以下梶原)

写メの瑛太要素皆無。髪型も梶原そのまんま。
聞くところによるとのっぴきならない理由で
入った田舎の散髪店でやられたらしいけど。

とりあえずそのままドトールに入って遅刻のお詫びに
コーヒーを奢ってもらって話をする。

人妻にディルド・バイブ・アナルパールを手にしながら
「どれがいい?(にっこり)」と調教されていたとのことで爆笑。
てゆーかここ真っ昼間のドトールなんだけどな。

話を聞いてるウチに楽しくなってきたので
「一回やってみよか」と提案して梶原の車に乗り近くのLHへ。

私はシャワーを浴びさせてもらい、
その間にベッドに横になっていた梶原の上に乗っかる。

乳首を服の上から触ると「っあ…!」と女の子のように喘ぐ。
あれ、でもキモくない!不思議!

そのままトップスを脱がせると色が白い!肌がキレイ!細い!
キミ本当に男か!?と負けた気分になりつつ乳首を舐める。
すると感じまくる梶原。

乳首を攻めるのは好きなので、フェラするみたいに
舌を大きく使って下からベローッと舐めたり乳首の根元を噛みながら
上の方をチロチロしたり舌で潰したり円を描いて舐めたり。

するとひっきりなしに喘ぐ梶原。反応良すぎるしやばい楽しすぎるわw
ちんkはチノパンの上から触っても分かり易すぎるくらいにガッチガチ。

そのまま乳首を攻めたまま形を確かめながら触って、
少し焦らしてから脱がさずに手を差し入れて直に触る。
サイズは細めの長め?

と、梶原が「チューしたい」というのでいいよと乳首から唇へ。
口が大きめでタバコの味。
フェイントをかけて乳首に指を滑らせると喘ぐのがかわいい。

チュッ、と唇を離してチノパンを脱がせてご対面。
乳首にしたことをなぞるようにまた舐め上げたり
唇で柔く噛んでみたり途中まで口に含んだり。

相変わらず喘ぎまくっているのを耳で楽しんで
一気にくわえ込むと大きく喘ぐのがたまらん。

フェラを続けていると唾液がかなり垂れてきたので
指に付けてアナルの入り口を触ってみる。

ここまでは以前の定期さん(Mではなかった)で経験済み。
しかしここからだ。

私はエロい気分になると唾液が昆布エキス並のローション状になる
という特異体質なのでこのままいけるんじゃないかなー…
と少し指を進めてみる。

すると少し戸惑ったような声をあげる梶原。痛そうではない。

最近はあんまり使ってないらしいし、
何より私がまだ戸惑っているのでゆっくりほぐしてみる。

この間ずっとフェラしたままで唾液がひっきりなしに出ていたので、
都度指に垂らして補充しながら少しずつ、少しずつ指を進める。

途中で梶原が「掃除してないから汚いよぅ」と言ってきたけど、
口ではそう言っても身体は正直よのうゲヘゲヘといわんばかりに
ちんkはギンギン。

そしてついに中指が全部治まる。
普段オナニーするときも指を入れないので、なんだこの感触は…
不思議だ…と逆に戸惑ってしまうも、

昔読んだホモ漫画を思い出して第一関節を動かしたり引っ掻いてみたり。
ひたすら喘ぎまくる梶原。

しばらく遊んでたけど果てがわからないのと
フェラもしんどくなってきたので口と指を離す。

そこら辺の知識はあったので「洗ってくるわー」と
洗面所で手をキレイキレイして戻るとぐったりしてる梶原。
キミ本当にかわいいな。

そして「交代する!」と言われて上になられ、おっぱいを攻められる。
おっぱい弱いので素で喘ぐと「かわいい」とな。

さっきまで感じまくり喘ぎまくりだったくせに…!
と悔しくかつ恥ずかしく思いつつ身を任せる。

程なくして「入れる?」と言われ了承。
「あんまり上手くないんだけど…」とゴムを付けてくれてin。

確かに腰使いが若干ぎこちないところもあるけど気持ちいい。
たまに腰骨当たって痛いけど。

キスもしまくりながら騎乗位になると
「こんな気持ちいい騎乗位初めて」とかどんだけ乙女やねん!

最後は「前からがいい」というので正常位でフィニッシュ。
そのまま昼寝して起きてまた乳首攻めて、
今度はフェラごっくんで終了。ショッピングモールに戻って解散。

どうやらかなり気に入ってくれたらしく"ねーさま"と呼ばれるように。

つい最近、職場がウチから近くになったので平日昼間、
休みが合った時に実家に来てウチでしたり(家族不在)、
突然『ねーさまの匂いを嗅ぎたい』というので家の敷地内に車を停めて
流れでカーセクをしたり(家族在宅)。

月イチのペースで定期化。 『会ったらチューしてくれる?』とか
いちいちかわいいこと言うんじゃない。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.