H体験談。。黒髪セミロング、美人タイプの女子校生

ここでは、「H体験談。。黒髪セミロング、美人タイプの女子校生」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

どんよりと、灰色の雲が広がる梅雨の6月でした。

夕方、草野球の練習が終わり、グラウンドから駐車場に向かって
歩いていると、チームメイトのひとりが近寄ってきて相談されました。

高校生の娘がバイトをしたがっていて、
僕の居酒屋で働かせて欲しいと言うのです。

初めてのバイトなので、知っているところなら安心できるし、
大学受験もあるので、週に1日ほんの数時間だけお願いしたい
と頼まれました。

僕は42歳。両親と居酒屋を営み、
相談者は頻繁に飲みに来る常連客です。

さっそく両親に伝えると、バイトを雇うのは初めてですが、
顔見知りの娘さんなので快く引き受けました。

美愛(みあい)ちゃんは、私立の女子校に通う3年生。
セミロングの黒髪で、すらっとしたスリム体型。

例えるなら、石田ゆり子さんや尾野真千子さんを高校生にしたような、
かわいいよりも、整った顔立ちの美人タイプです。

慣れないうちは当たり障りのない話をしていたが、
徐々に美愛ちゃんとの仲も深まり、学校のことや、
ときには友達関係の悩みも話してくれるようになりました。

さらに誕生日には革製のブックカバーをプレゼントされ、
バレンタインには手作りクッキーももらいました。

それでも美愛ちゃんは、常連客でありチームメイトの
大事なひとり娘です。まったくもって恋愛感情はないし、
下ネタどころか、恋愛事情も話したことがありません。

ちょっとした珍事件もありました。

居酒屋は古い木造の2階建てで、
美愛ちゃんは2階の部屋で着替えをしています。

2階のトイレで用を足し終えた僕は、トイレットペーパーの
補充をしようと、何も知らずにドアを開けてしまいました。

すると美愛ちゃんは着替えの真っ最中。
制服のミニスカートに、上半身はピンク色のブラジャー姿でした。

普段は2階にいると、階段を上がる音や、廊下を歩く足音で
必ず気付きます。しかし、トイレに入っていたので、
まったく気付かず油断していました。

「ご、ごめん! トイレ入ってて気付かなかった!」
「大丈夫です。気にしないでください」

美愛ちゃんは平然としながらも、
下着姿をもろに見てしまい、正直ラッキーでした。

11月下旬。外は冬の訪れを感じる冷たい雨が、
朝から止むことなく降り続いていました。

今日は暇だろうと思っていると、17時の開店直後に
制服姿の美愛ちゃんが、身体を震わせながら忘れ物を取りに来ました。

「寒いでしょう、そこに座って温まりな。ココアでも飲も?」
と聞くと、「はい、いただきます」と店内のテーブル席に座りました。

私立の女子校に通う美愛ちゃんの姿は、
紺色のブレザーの下にキャメル色のセーター、
胸元にリボンがあります。

グレーに細い白線がチェック模様に入ったミニスカートを穿き、
あと数センチでお尻やパンティが見えそうな、悩ましい短さです。

僕も向かいに座り一緒にココアを飲みながら、
たわいない話をしていると、次第に雨はみぞれに変わり、
わずかに雪が混ざってきました。

「雪が混ざってきたよ、寒いはずだ。そうだ、
美愛ちゃん帰るの大変でしょう、送ってあげるよ。
ちょうどプリンターのインク買いに行こうと思ってたんだよね」

「そうしてもらいなさい」と両親にも促され、
美愛ちゃんを送ることになりました。

美愛ちゃんの家は車で15分ほど。
何度か野球用具を届けに行ったことがあるので、
場所はなんとなく覚えていました。

雪がちらつく中、車を走らせると、いつも明るく口数の多い
美愛ちゃんなのに、ずっと下を向いたまま黙り込み、
表情は硬く、明らかに様子が変なのです。

(店でココア飲んでいるときは、いつもと変わらなかったのにな……)

意味不明な重たい空気が漂い、
しばらく沈黙が続くと、美愛ちゃんが口を開きました。

「あの…… 永遠の0ありがとうございました」
「そうか、読み終わったんだ、感動したでしょう。
映画も観たけど、本のほうがずっといいな」

「はい、感動しました。あとで返しますね」
一瞬ニコッとするが、無理に笑顔を作っていのはあからさまです。

車内は重い空気のまま、家の門の前に到着しました。

「せっかく来たから、お母さんにあいさつしていくよ。
野球でいろいろと協力してもらってるから、お礼もしたいしね」

「それが、今日は旅行に行っているので、誰もいないんです。
ちょっと見せたいものがあるんで、上がってもらえますか」

「うん、もちろんいいよ」
階段を上がり2階にある美愛ちゃんの部屋に入りました。(次回へ続く)
(投稿者 ソーテルヌ山梨)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.