H体験談。。スキー旅行先の混浴露天風呂に美女2人 続編

ここでは、「H体験談。。スキー旅行先の混浴露天風呂に美女2人 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
スキー旅行先の混浴露天風呂に美女2人

部屋番号を聞いていた私達は彼女達の部屋を訪ねました。
彼女達は二人ともかなり酔っていました。

少し乱れた浴衣が何があったか解るような気がして微妙でしたが、
その乱れ方が私達を刺激してしまいます。

すごい盛りあがりを見せる胸は谷間がクッキリ。
割れたすそから太ももまでが覗いて白い美脚がスラリ。

もう目は釘付けです。
当然そんなことは先輩とアニキには見抜かれているでしょう。

しばらく話し込むと先輩とめぐみさんは付き合っている感じで、
アニキとみゆきさんがいい感じになっているようでした。

そしてここからが私達の衝撃な1日となりました。
多分一生忘れないでしょう。
先輩が王様ゲームをやろうと言い出したんです。

二人ともなかり嫌がりましたが
酔っていたのか強引に説き伏せられました。
強い口調に逆らえない感じでした。

もちろん私達は胸をときめかせ、
うまくすればキスくらいできるかもしれないと思いました。

しかし先輩は私達のはるか上の天上人でした。
ハズレのない王様ゲームだったんです。

めぐみさんとみゆきさんは1か2のどちらかで、
男3人は3~5のどれかなんです。

そして王様は先輩かアニキのどちらかが必ず命令するんです。
最初の命令は先輩でした。

その言葉にわたしは耳を疑いましたが
同時に冗談であってくれるなとも思いました。

先輩はオッパイを揉むと言ったんです、確かに。
彼女達は抵抗を見せましたが
強引に番号を引かせて当たったのはめぐみさんでした。

そして男は私があたりました。
過去に女性のオッパイを触ったことなど一度もない私です。

緊張のあまり震えましたが、先輩が押さえつけるめぐみさんの
後ろから抱き付き、 私の幸せな手はめぐみさんの大きな
やわらかいオッパイを2度3度揉みました。

しかもブラをしていなかったのです。
浴衣の上からも感触は抜群です。

すでに息子のやつは発射準備が整っていましたが
辛うじて留まりました。次はアニキの命令です。

これもとんでもない命令で、
オマ○コを触って感じさせるというものでした。

当たったのはまたまた私とめぐみさんでした。
そして下着の上からなんども触ってしまったのです。

触っているうちにめぐみさんの吐息が聞こえるようになりました。

それで次の命令になったのですが、
私の息子はあまりの刺激に耐えきれずにその場で発射。

下着は大洪水。
しかしそこは男。恥ずかしいよりも性欲が勝ちました。

そして先輩の好意?によりコンドーム着用で
浴衣のみで再び参加したのです。

命令はどんどん続きました。
相方もすでにコンドームを着用しています。

触れてもいない息子にかぶったゴムは
先っぽだけ白い液体がたまっています。

めぐみさんもみゆきさんも何度も抵抗していましたが、
酔ってほぼ前後不覚な感じになっていまして、
最終的には命令によって裸にされていました。

その体のすごさは二人とも今までにエロビデオでも
見たこともないような体でした。

大きく形のいい柔らかいオッパイに
しっかりとしたクビレにツンと上がったお尻。

その体を本来独占するはずの先輩も
アニキもいろんな命令を繰り返しました。

命令は進むに連れて過激になっていき、
浴衣を脱がすことが出来たことで
思考が止まった私の脳も再び活動を開始しました。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.