Hな体験談。。ヤンキーに輪姦された女教師 続続続編

ここでは、「Hな体験談。。ヤンキーに輪姦された女教師 続続続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
ヤンキーに輪姦された女教師
ヤンキーに輪姦された女教師 続編
ヤンキーに輪姦された女教師 続続編

先生がヤンキー達に感じたことは
何年も私を苦しめました。

当時イジメられてるだけでも地獄だったのに
更なる地獄が現れたみたいでした。

今思えば私が幼かっただけで
先生の落ち度なんて一つもなかったのですけれど

性の経験など無かった私にとって
あの光景は理解しがたく、ヤンキー達に感応した先生が
汚く野蛮な存在…として目にやきついていました。

あれから10年以上が経って
私の考えも変わっていきました。
その間、何人かの女性と交際させてもらいました。

経験も積ませていただいた分、わかるようになったのですが
先生に抱いていた失望や軽蔑は少しずつ書き変えられていきました。

今頃こんなこと言っても遅いのかもしれないですけど
先生はとても立派な人だったと思い返しています。

改めて考えたら、あんな状況であんなことされたら、
普通の女性であればどうしようもないことも
理解できるようになりました。

私は半年前から27歳の女性教諭と
お付き合いさせていただいています。心から愛しています。

彼女とはいろいろな話をします。
仕事の話もたくさんします。

彼女と話してると教師という職業がいかに
大変なのか痛感します。

私は時々遠まわしに彼女にふざけながら聞きます。
「もし男子達にそんなことされたらどう?」と。

彼女はえっ? ってびっくりした顔で
「そんなの天変地異だよ! 何言ってるの?」
みたいな言い方で呆れていました。

「でも仮に男子達に押さえつけられてあちこち舐め回されたら?」
ってしつこく聞くと、彼女はちょっと不機嫌になって

「恐怖とか状況の度合いにもよるけどさ…」
と話に乗ってきません。

私もちょっとしつこかったと反省してはいますが…。

あの時、先生がどれほど本気で抗っていたのか
どれほど本気で頑張っていたのか
彼女と居ると少しずつ分かるようになってきました。

私がいかに間違った認識を持っていたか…。
教師になる為、みんなたくさんの努力をしてるみたいです。

普段も上や保護者達からのプレッシャーにうんざりみたいです。
時々疲れる…、と彼女が愚痴ると何となく尊く見えます。

でも、そんな背景が理解できてくると
あの状況で男子達に牙をむかれて餌食にされた先生が
どれほどの胸中だったのか今更ながら考えさせられます。

もちろん教え子と肉体関係など絶対的タブーです。
例えそれが無理矢理だったとしても
教師の道義的責任は生じるでしょう。

いずれにせよ、いかなる経緯であれ、そんな大事が起きたら
その責任は教育者側の失態として扱われる…
という風潮が強いことも知りました。

最低でも表沙汰になることはなさそうです。

私は時が経てば経つほど
あの時の先生の存在が気になりだしました。
先生を軽蔑などして申し訳なかったとも思いました。

今思うとヤンキー達は本当に女慣れした奴らでしたし
ほとんどがヤンキー女とはいえ、みんな彼女持ちでしたし
女性の体など知り尽くしていたと思われます。

それでいてレイプすることさえ躊躇しない歪んだ性格は
ある意味肝が座っていました。

そんな傲慢なヤンキー達に自由を奪われ体を貪られ、
プライドを一枚ずつ剥がされるような愛撫を受けたら
どれほどの人が自我を保てるのでしょうか。

私が判断することではありませんが
なかなか難しいことだと思われます。

特にリーダーのAは女性慣れしてました。

やつの愛撫はガムシャラに胸をしゃぶるとか
強引に犯しまくるとか、そんな幼稚なものではなく、
めちゃくちゃ冷静でチョー鼻につく感じでした。

あそこや胸だけじゃなく首とか脚とか耳とか全てを見渡して
先生の顔の変化や、体の力み具合などを確かめながら
一つ一つ追い詰めていくようなやりかたでした。

女を屈服させることが趣味みたいな奴でした。

先生はもちろん抵抗しました。
必死にやめるように言ってました。

当然です。あたり前です。
教師の誇り、使命感、全てがそうさせてたんだと思います。

そんな先生がAに愛撫されていくのを
私はじっと見ていました。見ているしかありませんでした。

唇を固くとじ、壁の一点を見つめながら先生は
嫌悪感と戦っていました。

正義をたった一人で背負いこみ
無謀な奴らと真っ向から対峙して…。

Aの唇がペチャペチャ音を立てていました。
先生の肌が唾液にまみれていきました。
嫌がっても嫌がってもその行為は続けられていきました。

もし今付き合ってる彼女がそんな目にあったら
私は気がおかしくなると思います。

そんな先生がしばらくして体を震わすと
私はえっ? って思いました。

なんか針に背中でも突つかれたかのような
ピクっ、て感じでした。

Aは先生を見て勝ち誇ったようにギラギラしていきました。
ほかの男子達もヒューとか言って盛り上がって…。

先生は慌てて平静を装いました。
ざわつく男子達に向かって
「誤解しないで!」 みたいなことを言いました。

それでもAの興奮は止まりません。(次回へ続く)
(投稿者 tomoaki)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.