H体験談。。杏似の妹と武井咲似の姉

ここでは、「H体験談。。杏似の妹と武井咲似の姉」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
ギターを持った杏似の女の子
ギターを持った杏似の女の子 続編

自分:32歳既婚、コブクロ黒田似
相手:23歳独身、杏似
   31歳婚約中 武井咲似

「私のファーストキス奪ったんだからうちの大学の学園祭で歌ってください」
と言う杏の約束は本当だったらしく、連絡が来た。

連絡が来たと言うより適度にメールはしていたのだが・・・・・。

「え、本当にやるの?最近全然練習してないから無理だよ」
とメールしても「全然大丈夫です。」と返信が来る。

「っていうか、大学卒業じゃないの?」と聞くと
「大学院に進んだんです」
・・・納得。

8月に一度打ち合わせをするとのことで大学に呼ばれる。

大学は何度も咲を迎えにきたことがあるし、
約10年前にも学園祭に来たことがあったので
待ち合わせの場所にも行くことができた。

当たり前の事だが若い子がいっぱい(笑)
実行委員に挨拶をして打ち合わせに入る。

ここで想定外!!!

以前やったことがあるのはキャンパス内の特設会場で
昼間だったのだが、今回の会場はメイン会場で
後夜祭の最初と間にダンス愛好会を挟んでラスト。

事の重大さに今頃気付き杏に耳打ちするが、
よく考えれば杏は学園祭実行委員・・・仕組んだのは杏だった。

しかし、話を聞くと募集を掛けたがステージに立ちたい
っていうのがいなかったようだ。

お笑い芸人も呼んだのだがそれは昼間の部と言うことで・・・・・。
なんとか納得し打ち合わせを終わった。

それから何度か打ち合わせをして
現役学生も演奏で手伝いバンド形式でやることにした。

譜面を渡し、打ち合わせの後に練習。
丁度仕事も落ち着いていたので仕事後学生たちと練習に励み、
自分も学生に戻ったような気分に。

学生と組んだバンドも意外とまとまり(というか学生たちがうまかった)
学園祭当日になった。朝一でリハーサルをやって曲順を決めた。

その後はその辺をぶらぶらして過ごしていた。
昼間の部も終わり、いろいろな賞の授賞式があって
その後が俺たちの出番だった。

学園祭実行委員長が後夜祭スタートの合図を出すと
花火が上がり、俺たちの演奏が始まった。

山本リンダの「どうにもとまらない」でスタートし(笑)
その後で自己紹介MC。

オリジナルを交えて数曲歌ったところで一度下がり、
ダンス愛好会と交代。

休憩中杏に呼び出されステージ裏に行くと
とても興奮した杏にキスされた。

それで気を良くした俺は後半のステージへと上がった。
2曲歌い終わって次の曲は自分一人での弾き語りの準備だった。

話をしながらふと客席に目をやると、そこに咲がいた。
別れた時と変わらない咲に釘付けになってしまった。

話も止まってしまい会場がざわついていることに気付き、
慌てて次の曲の前奏を弾いた。歌い始める直前、弾くのをやめた。

そして、頭に思い浮かんだ曲、『My first kiss 』
歌っている間頭が真っ白になって、ここにいるのが
自分と咲だけのような気がした。

歌い終わると会場がシーンとなっていた。
「あ、え~っと・・・次の曲はオリジナルで・・・『忘れた傘』です」

次に何を歌うのか忘れてしまい、思い出した曲を歌ってしまった。
歌いながら咲の方を見ると、ジッとこっちを見ている目に涙が潤んでいた。

予定外の歌を歌ってしまい、我に返って後ろを見ると、
バンドメンバーも拍手をしてくれた。そして最後の曲。

以前学園祭の時にもラストに歌った曲だったがその前に。

「次の曲は前にここで歌ったときにも最後に歌った曲なんですが、
その時のメンバーが今日も来ているので一緒に歌いたいと思います」

会場から拍手が起こった。
「武井咲さん、ステージまで来てください」

咲はとても驚いていた。
が、ステージに上がってきてくれた。

「突然前触れもなく呼んですいません。また一緒に歌ってくれませんか?」
と言い「◎◎(マルマル)歌える?」と耳打ちした。

するとマイクを掴み「私なんかが歌っていいんですかぁ~~~」
と会場に向かって叫んだ。

会場からは今日一番の拍手が返ってきた。
それを聞いて咲は「よろしくね」と握手してきた。

演奏が始まると咲は昔のように踊りながら会場を盛り上げていた。
俺もノリノリで歌い切ることが出来た。

会場に挨拶してステージ裏に下がると会場からアンコールが聞こえてくる。
前回はアンコールがなかったので何も曲を準備していなかった。

そこで、一人でステージに上がりギターを持ち、
『Star Dust』
あの、即興で歌詞を作った曲をオリジナルの歌詞で歌った。

自分が咲に会えてどれだけ変われたか、咲に感謝の気持ちを込めて歌った。
会場からは拍手が聞こえ、自分もやりきった感があった。

ステージ裏に戻ると咲はいなかった。
杏に聞くと帰ったと言う。(次回へ続く)
(投稿者 KURODA)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.