巨乳の女子中学生との体験談(男性告白)

ここでは、「巨乳の女子中学生との体験談(男性告白)」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

駅前でナンパのため女の子を物色。
敢えて交番わきの券売機の柱に寄りかかり、隙のありそうな子を目で追う。
ミニスカートに白のTシャツで胸をタップンタップン
二度揺れさせ歩く、幼顔の子を発見。

タップンタップンの残像が、通り去った後も頭ん中で揺れ続ける。
チ○ポの付け根から腹の奥にジワーっ淫靡な電波がグルングルンとどろく。

あまりにも興奮し、後を追いそびれ、改札前に戻って来ることに賭け。
しばらく、心臓の高鳴りを押さえながら待った。

そしたら来た!さっきの少女。
一心に後を追い距離を詰め声を掛けた。
「何してるの?買い物?友達は一緒じゃないの?」
適当な質問を浴びせ掛け、 何としても足を止めさせるため必死で言葉をつなぐ。

反応は乏しいものの、受動的に「うん」「ううん」など言葉を返してくる。
暇を持て余し、目的もなく街に出てきた様子。
「どっか行こう、俺友達待ってんだけど。来ないんだ。ネ!いいじゃない」
すると「ん~」と曖昧な返事でポワーとしている。

ちょっと強引に手を引き、肩に手を掛けた。拒否の姿勢がない。
"ヤレるかもしれない、おっぱいおっぱい"祈るように心臓がバグバグが高鳴る。

会話を切らさぬようペラペラしながら物色した駅の反対口に渡る。
ここから自分の一人暮らしの部屋まで徒歩5分ほど。
あっけない程簡単に部屋へ入れることに成功。

年を聞くと○4才。名前は由美。
なんせ黒髪に幼顔の美少女、爆乳、中学生、ムチムチおしり。
すかさずチュウをして耳を舐め、おっぱいを服の上からモミモミ。
"デカイ~やわい~”
「はあ~はあ~」と静かな声を由美が洩らしている。
抵抗の気配は全くない。

脱がす前に、由美を立たせた。
俺は膝立ちで由美のおっぱいを服の上から揉んだり、
前後左右上下、全ての角度から観察をした。
そして顔を押し付けおっぱいの大きな膨らみ、柔らかさを楽しんだ。

手はジーンジ地のスカートの上からナデナデさわさわ。
スカートの中に手を入れおしりの肌もナデナデ。
そして布団に横にして、Tシャツを捲り上げた。
"うわあ~デカイい~" 白と黒のまだらのブラ。

でっかい、でっかい、う~と心の中で叫ぶ。
紺のジーンズスカートとまくりあげたTシャツの間に、真っ白い肌が飛び出す。
ブラをズリ上げると、 白い白い二つの大きなおっぱいが丸出し。
"あ~凄い" 乳輪は大きく薄く、色は薄い茶掛かった桃色。
乳首は乳輪に比べて、ポチっと小さい。

幼い無表な顔と爆乳のアンバランスが堪らなくエロい。
寝ているため、巨大な乳房は水風船を床に寝かしたみたいにタプタプしている。
とにかく柔らかく大きい。
ただし、なんせ中学生!若いから二十代の女みたいに左右に乳房が流れない。
ウエストを両手で掴み、由美の体を円を描くように振り回したり、
右に揺すったりして動かしまくった。
中学生の爆乳が、ぴっちゃん、ぴっちゃん、ぷるんぷるんと、
小さな胴の上で、巨大な中学生のおっぱいが動き揺れまくる。

由美は不思議なほど、なされるがまま。
無表情に虚ろな瞳で天井を見つめていた。
そして両乳房を、両手の手のひらで、揉んで摩って。集めて離して。
乳首にガバッと吸い付き、ありとあらゆる舐め方、吸い方、揉み方をした。

そして再び、膝立ちをさせ、谷間観察をし・・、
次に四つんばいにして、乳房の垂れ下がりを、
服の伸びきった胸元や脇の下からの様子を観察。

四つんばいのまま、中学生のおしり遊びも楽しんだ。
スカートを捲り、パンティをマ○コに食い込ませる。
またパンティをずらして、アナルとマ○コを丸見えに。
全ての過程で顔を埋めや匂い嗅ぎも楽しむ。

そして、いよいよ爆乳中学生を全裸にし、立たせたり寝かしたり、
仰向けうつ伏せ。 ついさっき街角の着衣の様子を思い浮かべながら、
全裸を観賞。 体中を摩り、全身舐めまわした。

マ○コは引き締まったスジ、クリ皮も綺麗だった。陰毛は薄く、無いに等しい。
しっかり濡れていたが、唾液をチ○ポに塗り、生でゆっくりと正常位で挿入。
由美は痛がる素振りもなく、初めて
「う、う~あぁあぁん」と、うめき声をあげた。

処女ではなかった。
ただ、マ○コの締りはギュウギュウで体の若さは、まさに中学生のそれだった。
おっぱいの揺れと、マ○コ、チ○ポの擦れ合いがシンクロする。
ぴっちゃぴっちゃというハメ音。

ハメんコに集中したく、体位はバックそして再び正常位。
"中学生の爆乳と生でハメてる・・・"
余韻にひたりながら、三十分ほどハメを楽しみ。

何度もイク寸前を行ったり来たりしていたものが調節不能、
ダムの決壊のように亀裂から性快楽がこぼれた。
もったいない、大きくイキたい!
気が狂ったように、性器の出し入れをし、大きく大きくドロドロの性快楽が
突き上げてきた。 ぐるんぐるんと脳ミソの中まで。
射精の瞬間、目を見開き、今ハメてる由美の体を目に焼き付けた。
チ○ポを抜いて、由美の爆乳と可愛い幼い顔に、
大量の精液がドックンドッピュン飛び散った。
477779_convert_20080508180552.jpgFC2 Blog Ranking
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.