H体験談。。パンツを脱がせてみるとパイパンだった

ここでは、「H体験談。。パンツを脱がせてみるとパイパンだった」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

兵庫、男、32、171/60、元東方神起ジュンス似

相手 24歳、ナースになりたて、Perfumeかしゆか似

ある日、某SNSにてメールが着弾。過去に業者臭いDMならよく着ていたので、
今回もその類かと思いつつも、適当に話を合わせてみることに。

メールを交わしているうちに現実的な地元の話や家族や友達の話になり
業者じゃないんじゃないかと思い始め、
イチかバチか会ってみるかと飲みに誘ってみた。

仕事終わりに駅で待ち合わせ。
かしゆかの仕事が終わるのが遅くて1時間待った。

もしかして顔パスされたかもとかすっぽかされたかもと
不安になってきたところで、かしゆか登場。

ミニスカートと胸元の開いた服装で魅力的に感じた。
とりあえず個室居酒屋へ行ってメールの延長戦的な無難な話を続ける。

向かい合わせに座っていたら胸元から谷間が見え隠れするではないですか。
もうそこからは話半分で釘付けになってしまった。

しかし、チキンな僕。そこからは誘えない・・・。

待ち疲れたのと次の日仕事なのが勝ってしまい、
この時は飲み食いだけで終了。

その日以降、毎日朝と晩にあいさつ程度のメールを続けていたのだが、
ある日、無性にムラムラすることがあったので唐突に

「かしゆかってエロい?」って聞いてしまった。
すると嫌がる反応はなく、

「うん、そこそこかな」と返事があったので、
イケると思いそのままエロモード突入!

ストレスが溜まっているというので、
「エッチで発散すると解消されるよ」と振ってみた。

しかし、そんな軽いのは無理やわってあっさり断られた。
そりゃそうだよな・・・と思いつつも、

次なる一手で単純にストレス解消するためカラオケに誘ってみたら、
あっさり誘いに乗ってくれて再面決定。

この日もお互い仕事終わり集合。
合流後すぐにカラオケに向かい普通にカラオケを楽しむ。

お酒も入りいい感じになってきたところでお時間となり店を出る。
「むっちゃ酔ったわ~」というので少し散歩することに。

カフェでも探そうかと散歩しながら、なんとかホテルへ連れ込めないものか
と考えながらトークを組立ていたのだが、なかなかうまいこといかない。

しかし、確実に肌が密着してイケるというサインは出ている。

「最近セックスしてないんだよね~」
「恋人はいらないけど遊んでくれる友達が欲しいなぁ」
ということを話題にすると「セフレは無理!」って言われた。

ならばと、「カラオケとかご飯も行ってセックスもできる友達って、
セックスを目的にしているセフレとは違うよね?」
と言うとなにやら考え込む様子。

結局歩き回っても空いているカフェが見つからず、
ここだと思い「何もしないからホテルでゆっくりしない?」と振ってみる。

すると考えた様子で「何もしないなら、いいよ」
と女子流のOKの返事キタ━━(゚∀゚)━━!!!!

近くのホテルは満室だったので、少し歩いて別のホテルにIN。
この間に心変わりしないかとドキドキものでした。

ついてベットに横になり軽くマッサージをしてあげることに。
ナースは結構体力を使う仕事のようで凝っていました。

少し汗ばんできていたので、上着、ズボンを脱がせ下着姿に。
赤の光沢のあるエロい下着で愚息が直立してしまい、
マッサージ中に当たっていたようです。

マッサージの流れで自然と胸を揉んだりして何も言わずにエッチに突入。
ふわふわバストはとても感度がよくて、
乳首を吸うとかわいい声で喘いでくれるので張り切ってしまいました。

ずっとおっぱいばかり攻めていたら、おもむろに息子を握られて
ピストン運動を始めるじゃないですか。

そして「舐めたくなっちゃった~」と言われたので
そのまま舐めてもらったのですが、

それがまた吸われる感覚が気持ちよくて、すぐに昇天しそうに。
舐めてもらいながらこちらは下半身へ。

パンツを脱がせてみるとなんとパイパンマンじゃないですか!!
理由は聞かなかったけど、初のパイパン体験だったので
興奮度合いも上がるってものです。

すでに愛液でびちゃびちゃだったけど、クリ攻めをすると
更に溢れ出てくるのがわかるくらい。

クリ攻め、中攻めを繰り返し我慢できなくなてきたので、挿入!
正常位とバックが好きだというので、まずは正常位から。

普通の正常位から抱き合いDキスしながらの正常位をしていると
あっという間に放出感がやってきて
情けないことにあっという間にいってしまった。

彼女のナカはヤバいです。どうも他の男もすぐにいっちゃうらしい。
これがいわゆる名器なのか・・・?

行為終了後は終電の時間が迫っていたので、急いで退散。

その後はこれまでとおり普通に接しているので、また次回があるのかは
どうなのか・・・? ストレスが溜まったら誘うかな。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.