H体験告白。。男子がいきなり襲ってきた

ここでは、「H体験告白。。男子がいきなり襲ってきた」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

このお話は高校1年の時、日曜や祝日に集中したかな…?

叔父は時々、私を周囲に見せびらかせたい…と言って、
家から車で数時間離れた繁華街に連れて行きました。

わざわざヤングが集まるスポットや映画館で
私と手を繋いだり、腕を組ませたり…。

その時の私は、いまほど“誰もが穿いてる”というほどではない、
ミニスカートを穿かされてました。

なので、恥ずかしい(当時は…ネ)のと、誰か知人に
見られはしないか、などと気が気ではありませんでした。(>_<)

その後、ラブホテルへ…という場合もありましたが、
叔父にお金がない時は、繁華街から1駅ほど離れたオフィス街へ行きます。

そこは、小さなテナントビルで、
1つのフロアに2つぐらい(?)の会社があるような所。

以前、叔父がアルバイトか何かで来たことがあると言ってました。
休日は、まったく人が来ない感じ。通路の電灯もついてませんでしたね。

そこにある共同トイレで叔父とセックスした…という、過去の記憶デス。。

比較的に広くて、清掃が行き届いてる…とはいえ、
トイレはトイレ。 (*_*)

セックスするには、とても狭い個室です。

「絶対に誰も来ない」という確証もないので、
とてもせわしないものでしたね。

ねちっこいキスをしながら、直前までお互いの性器をまさぐるだけ。

叔父は、いつもズボンとパンツと靴は脱いでました
(上着と靴下は穿いてる状態)
私も、上着はそのまま。ブラのホックは外されましたが。

もちろん、ショーツは脱ぎましたが、
いつも射精が終わるまでは、自分で手に持ってました。

(下着を地面に直接置くのは、とても嫌だったのです)
スカートも脱いでるか、たくしあげてる状態でしたね。
----------

ある日、男子から「母からことづかってる物がある」とのことで、
学校帰りに家に立ち寄ったら、通されたのが応接間。

男子はともかく、その母親とは町内サークルのお付き合いで、
以前から結構仲が良かった。

でも「ことづかってる」は嘘だった。
男子から“一応”告白されたが、私は当然、拒否。

帰ろうとしたら、いきなり襲ってきた…。
まったく油断してた。

その男子が、そんなことをやるようなキャラクターだとは、
本当に思えなかった。

もちろん、最後の最後までありったけの力で抵抗したし、
やはりその時も泣き叫んだけど、誰も助けに来てはくれない。

家の中は、男子と私だけだった。

制服は脱がされなかったけど、ショーツだけ引き下ろされた格好で、
男子の挿入を許してしまった。

その後、2度ほど男子の家に連れて行かれた。

その頃までは叔父の影響があって、脅迫っぽい言葉(いま想えば、
何てことはないけど)に屈してしまう私だった。。

その男子はすぐ射精するわりに、何度も身体に乗っかってきては、
また挿入を繰り返す…というやり方。

男子が満足して解放される頃には、私もぐったりするほど疲れきった。

その男子は、クラスの中で女子にも同性にも人気のない奴だった。
運動ダメ、勉強ダメ。老けてみられて、アダ名は“ジイ”だった。

みんなと会話を交わすこともほとんどなく、唯一たまに話をするのは、
お母さんとお付き合いがあった私ぐらいだったと思う。

そんな男子だったが、ずっと不思議に感じてることは、
最初に挿入してくるまでの手際が、妙に手慣れていたこと…。

モテる奴ではなかったし、童貞だったかどうかの話などもしなかったけど。

あんなに手際よく女性の恥部を探り当て、
素早く押し込むことが出来るものなんだろうか?

いま振り返っても、謎なのです。レイプ経験が無いとしても、
妙にセックスに慣れていたような記憶があります。

叔父に比べ、射精するまでの時間はあっけなく短かったけど、
“入れる”という行為に関しては、とてもスムーズだった。

誰かの手ほどきを受けてたのか???
う~ん(*_*) ほんと、よく分かんないや。。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.