H体験談。。バイトリーダーは性奴隷

ここでは、「H体験談。。バイトリーダーは性奴隷」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

「今日、して下さい・・・。」
ローターを入れられたまま、ランチタイムのホールで働く“かよ”19歳。

当時、私は26歳、小さなパスタ専門店での話です。

オープニングから3ヶ月位たったら、
頑張る子、辞める子、それぞれ出て来ます。
勿論、なついてくる子、こない子…。

かよは高校出の19歳、むっちり巨乳で仕事は頑張ってくれます。
ある日のラスト。レジ閉めはかよ、厨房の片付けは私の二人きりでした。

「今日は売上げも良かったし忙しかったから飲み行くか?」と私が誘うと、
すぐに「良いんですか?」と付いてきました。

店長と二人きり…。
普通、この状況で19歳が付いて来るか?ですが、

当時は私も若かったので、この時点で下心はなく、
あくまでもねぎらいの意味で誘いました。

お酒を飲みながらいつも頑張ってくれている感謝を伝え、
更に距離は親密に…。

ある程度酔ったら駅まで送っていく振りをして、ホテルへ…。
当然、電車だってもうない時間だからそうなりますよね・・・。

無言で腕につかまって歩いていたのでそのまま入りました。

入る瞬間「イヤ!そんなつもりじゃ・・・。」
なんて言いましたが無視です。

部屋に入るなり強引にキスすると「イヤッ!」なんて言うけど、
うなじに舌を這わせばもう声を上げています。

ヤンキーだったらしく、それなりにもてたような事を言っていましたが、
大人の男は初めてだったのかもしれません。

耳に熱い息を掛けながら、舌先を入れたり、
後ろから抱きつき少し乱暴に胸を揉んだりしたら、

もう目がトロンとして俺の言いなり。
自分から俺の股間に手を回し、フェラを始めようとしています。

「シャワー浴びてないのに良いのか?」
「いいの、やらせて・・・。」

遊んでいただけのことはあり、
18歳のくせに俺の顔を見ながらフェラなんて始めます。

俺も、26歳店長という立場でアルバイトとすることと、
仁王立ちでフェラしてもらっているこのシュチュエーションに興奮中。

「凄いっ硬いよ・・・。」
どこで覚えたのか?そんなことを言いながらおしゃぶりを続けます。

さすがに私も興奮MAX・・・。
かよをベットに倒し、乱暴に服を脱がし大きめなバストを揉み始めます。

さすが19歳、乳首の色も綺麗です。
このウエストがなぁ・・・。舌を這わせながら思いましたが、
いよいよオマ○コへ・・・。

十分M女の反応があったので、
思いっきり足を頭の方に上げて、オマ○コをまじまじ見てやりました。

「イヤッ--」なんて言っても汁で溢れているのがわかります。
クリを舌先で転がしながら、

「入る時、そんなつもりじゃないとか言っててなんだよ、
グチョグチョじゃないか?」

そうなじってやるとスイッチが入ったようです。
「あーーーん言わないで・・・すごく良いの…。」

どうです?このドM感。焦らしながら全身に舌を這わせ、
中々挿入まで進まないでいるとハメ請いです。

「ねぇー焦らさないで・・・。欲しいよ」
なんて可愛い事を言います。

「ほら、ケツ出せ!」とよつんばいにさせて、
「欲しかったら自分で拡げろ!」と伝えます。

「そんなのできないよ・・・。」なんて言いながら渋々、
自分の指でオマ○コを拡げハメ請いです。

「何が欲しいんだ?」
「イヤ・・・・。恥かしいよ・・・・。」

「こんなグチョグチョさせて恥かしいも何もないだろう?
言わなきゃ入れないぞ!!!」

「あーーーん意地悪・・・。オマ○コにオチンチン下さい。」
「ハハッハーー」

「むかつくよ・・・。」
と言いながら一気にぶち込むと声が一段と大きくなりました。

入れた瞬間、初めて入れるのに「あーーーん今日の大きいよ・・・。」
どこで覚えたのか?興奮する言葉を吐きます。

後ろから激しく突いてやるともう我慢できないようです。
「あーーーん凄い、いいのーーーー。」

でかいケツを振りながら私に押し付けてきます。

「どうなんだよ!気持ち良いのか?ちゃんと言わないと抜くぞ!!」と聞くと…。
「凄くいいの…突いて・・・・。」なんて言います。

「かよのマ○コは誰の物だ?言わないと抜くぞ・・・。」
「あーーーン意地悪…○○さん(俺)の物。」

「じゃあこれからしたくなったらいつでも使って良いんだな?」
「かよのマ○コは○○さんの物、いつでも使って下さい。」と言わせました。

今度は正常位で、両手を頭の上で抑え付けながらピストンです。
「あーーンこれ犯されてるみたいだよ・・・。」なんて言いました。

「犯されて感じてるのか?変態!!!」
そう私がまくし立てると「凄いよ!こんなの初めて・・・。」

何てさらにかわいい事を言います。もう私も我慢できません。

「最後は何処に欲しいんだ?」そう聞くと
「胸に欲しい・・・。」と言ってきました。

そこで私が「お口だろう?お口に下さいって言えないのか?」と責めると
「だってした事ないんだもん・・・。」何て言うので

「お口にザーメン下さいって言うんだよ!」と責め立て
「お口に○○さんのザーメン下さい」と言わせもう限界・・・。

「イクぞーーー」、「頂戴、いっぱい出して・・・」
何て言われタップリ口に出してやりました。

「苦いけど美味しいよ。」と言って、その日以来、もう私の性奴隷。

そして今はレジの囲いの所で14時の点検をしながら、
かよは囲いにしゃがみながら私のチ○ポをしゃぶっています。

「今日はオマ○コして下さい」とローターを入れさせながら言わせてるので、
仕事終わりに持ち帰るつもりです。

それにしても高校出の19歳がこんな連日外泊して良いのか?

いつか親御さんに怒られそうですが、
そこは元ヤンキーのようで今の所大丈夫です。

あれ依頼ティッシュいらずですから、その時も口に出して
ノーブラの第二ボタンまで空けさせ、

薄いワンピースのウエイトレスの制服から
Tバックのラインを思いっきり出させ働かせてます。

先日はお店のテーブルの上で制服のままハメてやりました。
それから4ヶ月位私の玩具でしたよ。
(投稿者 F ハメ師)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.