H体験談。。サークルの先輩マネージャーとセックス

ここでは、「H体験談。。サークルの先輩マネージャーとセックス」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
サークルの先輩マネージャーのフェラ

腰も完治し、練習にも参加できるようになった。
それまで先輩は、ほぼ毎日の様に面倒見てくれた。
ただし、エッチな事はあれっきりだったけど。

ある日、練習後に先輩に、
『約束憶えてますよね?』

『うん・・憶えてるよ・・後で鍵返しに行くから』
『はい!じゃぁ、待ってます!』
と嬉しさを噛み殺してアパートへ帰った。

数時間後、先輩が来た。

一度家に帰って、シャワーを浴びてきたのか?
シャンプーのいい匂いがした。

Tシャツにデニムショーツ姿の先輩は、緊張で顔を赤らめながら、

『アッチむいてて・・』
と俺に言うと背を向けてデニムショーツとパンティを脱いだ様子。

『いいよ・・』って言われて振り向くと、
ベッドの上にM字開脚で股間を両手で隠して座っていた。

真っ赤な顔で俺から目をそらしていた。
チンコをムクムクさせながら、顔を近づけて手をどかした。

一瞬抵抗があったが、力が抜け手をどかした先輩。
俺の眼前に先輩の処女のマ○コが現れた。

ちょっと濃い目の陰毛に囲まれたマ○コは、
意外と小さくキレイなサーモンピンク色しており、何かテカってた。

手で触るとビクッと腰を動かす先輩。

『もういいでしょ・・』
『ダメですよ・・』と両足を掴んでマ○コに顔を埋めて舐めた。

『ああん!ダメッ・・いやっ』と力が入るが、すぐに力が抜けた。
『いやいや・・』と言いながらも感じている様子。

クリちゃんをチュ~っと吸ったら、

『ダメダメ!オシッコ出ちゃう!』と少しお漏らしした先輩。
自分でもビックリして泣きだした。

その後、舐めたり指で弄ったりした後、俺もズボンとパンツを脱いで
先輩の口元に持って行くと咥えてくれた。

それから初めての69だ。
しばらくお互いに舐めあってたが、我慢できずに、

『先輩!挿れるよ!』
『ダメダメ!こんなの入らない!』
と言ったが、抵抗がなかったので挿入した。

ちょっとてこずったが、何とか挿入してお互いに処女と童貞を卒業。

先輩は、
『いやぁあ!痛いよぉ・・痛いよぉ』と泣きじゃくってた。

俺は、熱くてキツく包み込む膣の感触に腰が抜けた。
無意識にもっと快感を得ようと腰を振っていた。

すぐに射精感がこみ上げてきて、
『あああ!出ちゃう!』

『いやいや!だめだめ!』
の先輩の声で我に返り、チンポを抜いて先輩のお腹に大量に射精した。

先輩のマ○コも俺のチンポも血だらけだった。
泣いてる先輩を抱きしめてキスしたら応じてくれた。

その後、少し抱き合っていてから、またセックスした。

先輩のTシャツをまくってブラをずらし、
貧乳気味のオッパイも揉んで吸った。

キレイなピンクの乳首だった。今度は、ゴムを着ける余裕があった。
あっけなく射精したけど・・。

3回目のセックスの時、先輩は痛みも薄れて気持ちよくなり、
オトナの女の色っぽい声を挙げ始めた。

その後、セックスの味を憶えてしまった童貞と処女は、
猿のように狂って毎日の様にセックス。

先輩も逝ける様になり、余計に狂いました。
俺のアパートで半同棲状態でヤリまくり。

安全な時には、ナマで中出しもさせてもらった。
ツルツルのパイパンにもさせてもらった。

目隠しをしたり縛ったりとSM的な事もしました。
アナルセックスもしましたが、先輩が凄く痛がり一回こっきりでした。

普段、年上なのでお姉さんぶる先輩が、
セックスの時は、ドMになり従順で甘えてくる所が可愛く、

泣きながらイキまくる姿に征服感もあり嬉しかった。
(投稿者 NO.7)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.