H体験告白。。お願い!もう入れて!入れて!!

ここでは、「H体験告白。。お願い!もう入れて!入れて!!」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

私 女 160/50 菊地凛子 当時20代

相手 男 28 191/57 芋焼酎は黒霧島しか飲まないそうです

サイトで飲み友募集。今回もメール殺到しましたが、もうびびりませんw

特にイケメンにこだわりはないけど、背の高い人は好きなので飛びぬけて高身長な黒霧島にメール。

黒霧島はメール不精。こちらの疑問符付き長文メールに返事が3文字とかありましたww まあ、メール苦手な男の人って多いしね。とあまり深く考えず、面接決定。

面接当日、銀座で待ち合わせ。おいしい焼酎バーに連れて行ってくれるそうです。

待ち合わせ場所に着いて、きょろきょろ。背が高いからすぐわかるよね、と思っていたけど、いないっぽい・・・?

「着いたよーどこー」とメールすると
「ごめん。遅れる。30分くらい」と返事がくる。

おいおい・・・と思ったけど、仕方なくその辺ふらふらして時間つぶす。
「着いた」とメールが来たので、待ち合わせ場所に戻ると、いた!

   で   か   い   ! 191ってすごいでかいですね・・・でも、あんまり圧迫感がないのは黒霧島がかなり痩せているせいかな。

ていうか、あまりに細いので「体重どのくらい?」とか、聞いちゃいました。「今57くらいかなぁー」て、聞くんじゃなかったorz

でも、黒霧島は黙って立ってると雰囲気冷たい感じのインテリ風味。角度によっては一瞬B'zの稲葉さんに似てるー!

稲葉さんが割と好きな私はテンションアップ!w
バーに移動して飲み始めるけど、黒霧島は寡黙な人で、全然喋らない・・・。

ちょwメールのまんまだわww
私が話すと聞いているだけ。質問すれば、答えはするけど話が広がらない。

お互い小説をよく読むとわかって「好きな作家は?私島田荘司とか綾辻とか我孫子とかよく読むよー」というと「山本文緒とか山田詠美とか林真理子とか」・・・恋愛小説ばっかwwww

恋愛ものはあまり読まない私涙目w
私も話するのは得意な方ではないので、だんだんと沈黙が場を支配する。

静寂に耐え切れず、焼酎をがばがば飲む私。酔いがまわりだす私。「手もでかいよねー!」と自分の手を差し出す私。

普通に手を合わせればいいだけなのに、何故か指を絡めてくる黒霧島。
はい、エロスイッチオン。・・・こんなに話合わないのにw

絡めた指を口に持っていって、黒霧島の指を舐めてみる。黒霧島は反応薄い・・・。でも、目がトロンとしてる?ような。

調子に乗って指を口に含むと、顔を近づけてきて「次行く?」と聞かれる。このときが一番どきどきしましたw

店を出てさっさとタクシーに乗ってホテルへイン。最初からヤリ目だったのかしらっつーほどサクサク進みましたw

ベッドに押し倒され、服の中にいきなり手を入れられる。ブラをずらされて乳首をつままれて声がでてしまう。

「キスして・・」とお願いするとしてくれたけど、キスは好きじゃないのか、あまりしてくれませんでした(´・ω・`)

私は酒+乳首のコンボが非常に弱く、このままだと下着を汚してしまうので(もう遅かったけどw)、いったん中断してシャワー。

黒霧島が次にシャワーを浴びている間にホテルのチューハイを開ける私。
酔いが冷めてきてエロスイッチがオフされそうだったのでw

黒霧島がシャワーから出てきて再開。それにしても黒霧島、ほっそい!いや細いとか通り越してガリッガリ!足がルパン三世みたいw笑っちゃった。ごめんね。

本人はあんまりガリなのを気にしてはいないみたいだけど。
キスをねだって、キスしながら胸に手を持っていかれ胸を揉まれる。

「乳首感じるんだね」と見破られる。ハイそのとおりですw
「右が好き」というと右の乳首に吸い付かれる。

気持ちいい。声を出しまくっていると、指と口で胸を弄り倒される。
下もいい感じに濡れていたので「入れないの?」と聞いても「まだ」と却下される。

それから胸だけ1時間くらい弄られました・・・。気が狂うかと思った。

もう最後の方に訳が分からなくなって「お願い!もう入れて!入れて!!」とか叫んでましたw今思うと恥ずい・・・

ゴムをつけ始めたらしい気配がしたので(このとき、もう朦朧としてて、状況がよく思い出せないw)

やっと入れて貰える・・・と思っていると、のしかかって来る黒霧島。さあ!
・・・ん・・・?入ってこないよ?でも黒霧島がなんか動いてる。

「入ってる?」と聞く私。あ、このとき、素に戻ってましたw

「入ってるよ。すごく深く・・・」と言われて、あそこに集中すると、なんか・・・ある・・・かな? え!いや、黒霧島のブツがちっさい!?

とりあえず、声は出していたけど、あまりブツの存在を感じ取れないうちに黒霧島が「あ、んっ、逝っていい?」と聞くので、

「え、あ、うん。逝って?」と言う。素でw これは大きさを確かめねば!と思い、黒霧島がゴムを外すところを見ようと起き上がると、黒霧島が隠すようにするw

「見せて」というのもちょっと抵抗があったため、そのときは諦めてちょっと雑談。黒霧島はフリーのライターだそうで、仕事の話なんかを聞かせてくれました。

最初無口だったのは緊張してたから、らしい。でも、もともとあんまり喋る方でもないとのこと。

二回戦目に「口でしたい」というと、黒霧島、一瞬逡巡したけど「いいけど、俺小さいよ」という。

「そんなの気にすることないってー。私がしたい。させて。お願い」というとさせてくれました。

黒霧島の息子さんとご対面ー。ああ・・・ポークビッツってこういうのか・・・。

なんて舐めやすいんだ!ていうか、これ起ってる状態なのかな?あ、ちょっと硬くなってきた。んー、でも大きさはこのままなのね・・・。

でもこの大きさが入ってて、あんまり感じないってことは私もゆるめなのかしら・・・とか舐めながら色々考えるww

しばらく舐めていると黒霧島がもう入れさせてというので、今度も正常位で挿入。ってか、この大きさだと正常位以外出来なさそうな気がするよ。

そしてやっぱり入ってる感じが薄い・・・orz
二回目なのに黒霧島は一回目より早くにフィニッシュ。

その後、終電の時間もあって、慌ててシャワー身支度して、駅へ。
「また会ってくれる?」と聞かれ「うん。また飲もうねー」と言ってお別れ。

その後、何回かメール来たけど、放流。だって、お酒飲んだら盛り上がるのが好きなんです・・・。黒霧島はあんまりにも喋らなさすぎ!!

あと、乳首も好きですが、挿入はもっと好きなんです!
フリーは結構きついみたいだけど、お仕事は来るようになりましたか?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.