H体験談。。忘年会後に同僚とセックス

ここでは、「H体験談。。忘年会後に同僚とセックス」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

昨年末の仕事納め、忘年会後に起こった出来事。
それは、今でも信じられない同僚の由香里とセックスをしたお話です。

今年も忘年会の時期がやってきました。
今回は社内で仲の良いメンバーだけの集まり。

年齢も近く25歳~30歳前後で男性は8人、女性は5人でした。

由香里は25歳で僕の2つ下。茶色がかったロングヘアーで細身の体型。
比較的スタイルはいいと思う。

ハキハキした話し方と性格で、かわいいよりも大人っぽいタイプ。
そんな彼女とは仲が良く、時間によってはお昼ゴハンを一緒に食べるときもある。

あまりに身近な存在なので恋愛感情は元より、
女性としての意識もありませんでした。

1軒目は定番の居酒屋で飲み放題。男女とも狂ったようによく飲む。
そもそも飲むのが好きなメンバーなので、いつものとおり。

酔いも回ってくると調子付き、カラオケをすることに。
予約の電話をすると、ちょうど飲み放題が終わる時間に取れた。

カラオケも居酒屋と同じく飲み放題。
歌いながら居酒屋以上の勢いで飲むと、由香里も一緒に女性達はベロンベロン。

サワージョッキを持ちながら、奈美や彩花も室内を歩き回る。

2人はソファーに座るたび、タイトスカートからパンティが丸見えになっていた。
しかし、そんなのお構いなしに大はしゃぎ。

ちなみにこのメンバーは特に仲が良いため、
由香里や奈美、彩花のように、下の名前で呼んでいる。
僕は、アキと呼ばれています。

歌って飲んで盛り上がると、終電時間が迫ってきた。
僕の乗る最終バスはもうないが、タクシーに乗れば15分ほどで帰宅できる。

足早に部屋を出て行く同僚を見送り、
忘れ物はないかチェックして、ゆっくりとタクシー乗り場へ向かった。

途中コンビニでウコンの力と水を買い、てくてく歩いていると、
デパートのシャッターにもたれ座っている女性を発見。

2人の警察官が揺さぶりながら話し掛けていた。

白いコートにキャメル色のブーツ、
「あっ!!」とひらめき駆け寄ると、その女性は間違いなく由香里でした。

「おいおい由香里、大丈夫かよ。申し訳ありません。
職場の同僚で、今まで忘年会をしていたんです」

警察官から質問されるが、すべて明白な返答のため同僚とわかってもらえた。
彼女をタクシーに乗せて帰らせると言うと、警察官は立ち去りました。

そうはいっても、僕には由香里の自宅に関しては最寄り駅しか情報がない。
どのように送るか考えてみるも思い付かないし、ここにいても埒があかない。

仕方なく歩くのが精一杯の彼女をタクシーに乗せて、
僕の住むワンルームアパートへ向かいました。

玄関を開け、土足のまま引きずるようにベッドに寝かす。
白いコートをハンガーに掛け、やっとの思いでキャメル色のブーツを脱がせた。

だらしなく脚を開き、これぞ酔っぱらいと言わんばかりの姿。

それでもスラっとした脚に目が行き、
少しながら女性として魅力を感じてしまう……。

そのまま寝かして僕はシャワーを浴びた。
浴室から出るとまったく変わらぬ姿で、スースー言いながら爆睡している。

濡れた髪を拭きながら寝ている彼女の姿を眺めると、僕は思った。
「爆睡してるし、少しぐらいいいか」と。

息を潜めゆっくりと腕を伸ばし、
グレーの膝上で短めのスカートをそっと摘み上げる。

するとストッキング越しにピンクのパンティが見えた。

さらに摘み上げ顔を近づけると、パンティには左右に小さなリボン、
上部には黄色と白の花柄、腰の側面はヒモになっている。

可愛いながらもセクシーなパンティに、僕は見入ってしまいました。

「さすがにこれ以上はダメだ」
と自分にブレーキをかけ歯磨きをして戻るも、変わらぬ爆睡姿にまたもや

「あと少しだけなら大丈夫でしょう」と思ってしまった。

次は、真っ赤なニットの胸元に目が行った。
指で持ち上げるように浮かせ、わずかにできた隙間から覗き見る。

由香里のおっぱいはそれほど大きくはない。
それでもしっかりと谷間が作られ、パンティと同じピンクのブラが目に写った。

そこで僕は、とんでもないことを思い付いてしまった。

シラフではこのような行動はありえない。
僕もそれなりに飲んでいるので、大胆な行動になってしまったと思う。

由香里の姿を撮りたくなり、小物入れからデジカメを取り出した。

フラッシュ禁止に設定して、念のためトイレで試し撮りをする。
大丈夫、フラッシュは出ないのを確認できた。

まずは、寝ている姿を真上から全体を撮った。
続いてスカートをめくり上げ、パンティを撮る。

それでも由香里はまったく目を覚ます気配なし。
そっと腰からニットとキャミソールをめくり上げ、ブラを撮った。

ここで一旦様子を見るも、完全に爆睡している。
ブラの上部を人差し指で引っ掛けるように下げると、乳首が見えた。

とんがりのあるかわいい乳首も撮る。
再生で確認すると、すべてしっかり撮れていた。

デジカメは仕舞い、念のためSDカードは別の場所に隠した。

そうこうしているうちに僕も眠くなり、これ以上のイタズラはやめて、
由香里が寝ている横に潜り込み眠りにつきました。(次回へ続く)
(投稿者 アキユキ)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.