H体験談。。パートの人妻との情事 続編

ここでは、「H体験談。。パートの人妻との情事 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
パートの人妻との情事

この若さで狂うことを知らないなんて、変にいとおしく思った。

京子は、「奥に当たる、奥に当たる、、、詰まってる」
と言いながら、

感じてというよりは、アソコの中の刺激に耐えれず、
何度も頭を左右に振った。

ジュクジュク、ピチャピチャと音がして、京子はより一層興奮していった。 

あまりの濡れ方に京子は、
「なぜ、、なぜ、、」と言いながら、激しく抱きついてきた。

こんなに淫汁の出るのが自分でも信じられず、
半分戸惑い、半分喜ぶという感じだった。

「出すよ」というと大きく頷き、オマ○コを押し付けるようにした。 
何度も、何度も突いた。 

「出して、早く出して、、」
京子は、哀願するように言った。 

ドクドクと、勢いよく京子の中に出した。オマ○コの中で感じるのか、
「出てる、出てる」と言いながら、京子は、涙を流した。

しばらくして抜いた。 ザーメンと淫汁の混じったのが流れ出てきた。 
タオルを、そっとあて、拭いた。 

オマ○コを拭いてもらうということも初めてで、顔を赤らめた。
愛おしく、柔らかく、抱くと恥ずかしそうに目を伏せながら、抱きついてきた。

「うれしい」、京子は、小さな声でつぶやいた。

しばらくして、身体を起こし、チ○ポを握ると、
「きれいにするね」と言って、口に咥えた。
 
「フェラもしたことがないのに」と言うと、
「これは、特別よ」と、チ○ポをギュッと握り、嬉しそうに言った。

風呂に入り、湯船の中で、オマ○コを触ると、流れていた。
「すごいね」と言うと、京子は、恥ずかしげに、嬉しそうにうつむいた。

キスをし、乳首、アソコなど、、体中を舐めた。

「こんなに、丁寧に、やさしくセックスをしたことがない」と言い、
感じるよりも、そのムードに酔っているようだった。

風呂から出て、すぐに、「舐めるよ」
というと、京子は、今度は、大きく足を広げた。 

少しは、感じていたので、強く、弱く、そっと噛んだり、
指でさすったり、指を入れながら、クリを強く吸ったりした。

だんだん感じるようになってきた。
初めのことを思えば、一日で、信じられない位になった。

「よかった?」と聞くと、
「こんな感じになったことがなく、こんなにいいものとは思はなかった」
と言った。

「もっと、感じるようになり、キチガイのようになるから、、」
というと、「うん」と、大きくうなずいた。 

その日は、朝から、夕方まで、抱き続け、4回出した。

京子は、だんだん大胆になってきて、自分でもそれが嬉しいらしく、
「舐めて、舐めて」と言い、また、フェラもすすんでするようになった。

「すごい、進歩だね」というと、
本当に嬉しそうにうなずき、抱きついてきた。

4回終わった後、京子は、「少し疲れた」と言った。

ベッドの上で、全裸で、アソコを、ジュクジュクにしながら、
「また、出てる」と言い、ニコニコしながらも、動こうとはしなかった。

「旦那とする時も、全裸だろう ?」というと、
「全裸で、やったことは、ない、パンティを、脱ぐだけの時もある」と言った。

「これから、会うときは、全裸以外は、考えられないよ」
というと、嬉しそうだった。

京子に、感想を聞くと、

「アソコが流れるほど濡れて、舐められてる時の気持ちよさ、
アソコにチ○ポが入ってきて奥を突かれて詰まっている感じは最高で、
旦那と比べて太くて長いので、したっという気がする」 

と満足そうに言い、「また、したい」と言った。
(投稿者 dqn)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.