Hな体験談。。スキー・スノーボード社員旅行

ここでは、「Hな体験談。。スキー・スノーボード社員旅行」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
キャンペーンガールの女子大生とセックス
キャンペーンガールの女子大生とセックス 続編
キャンペーンガールの女子大生とセックス 続続編
キャンペーンガールの女子大生とセックス 続3編
キャンペーンガールの女子大生とセックス 続4編
キャンペーンガールの女子大生とセックス 続5編
総務の女子社員
総務の女子社員 続編
総務の女子社員 続続編

ある日のこと、昼休みから戻るとメールが届いていた。それは、毎年恒例のスキー・スノーボード社員旅行のお知らせだった。

スキーが大好きな私は、毎年欠かさず参加している社員旅行の時期がやってきた。私にとっては大イベントの一つで、冬一番の楽しみといっていいほどだ。

毎年1月下旬に行くのだが、早めに宿泊ホテルや参加人数の確認が必要なため、9月下旬にメールが届く。もちろん二つ返事で「参加します」と返信した。

しかも、今回の宿泊ホテルは近年同じだったが、今までに泊まったことのない初ホテル。

サイトを見ると高級ではないにしても、それなりに良さそうで、しっかり大浴場も完備されているのにはうれしかったし、写真で見る限りでは十分いい感じだった。

数日後、社員旅行のお知らせメールには、私を含む20名ほどの参加者が記載されているが、これまた毎年ほとんど一緒。

ただの温泉旅行ではなくスキー・スノーボードなので、どうしても参加者は固定され、いつもの顔合わせで新鮮さがないのが難点だ。

しかしメールをよく読むと、参加者一覧の一番下にS川さんの名前があるではないか。(初参加)と名前の後ろにカッコ書きで記されている。

おそらく毎年必ず参加する、隣に座る温泉命のA森さんに誘われたのだろうとすぐに思った。

このS川さんは経理に所属する20代半ばで、男性社員からは圧倒的な人気があり、個人的な好みうんぬんは抜きにして、男女問わず誰が見ても美人と言うだろう。

以前N美さんも『化粧品のCMに出てきそう』なんてことを飲みながら言っていた。もちろん私も文句なしの、職場内ではトップクラスだと思っている。

目元は彫りの深いはっきりした顔立ちに鼻が高く、色白でスラっと細身で長い脚のスタイルは、どこか日本人離れをしているように思える。

さらに、背中までの軽くウェーブのかかった髪は、上品で見栄えが良い。
わかりにくい例えで申し訳ないが、シーザードレッシングのような女性だ。

そんなS川さんは、誰もが知っているお嬢様学校卒業で一見真面目で硬そうなイメージを持たれることが多いが、実はまったくの正反対、あっけらかんとした明るい性格でN美さんと非常に仲が良く、年にほんの数回だが三人で飲みに行くこともある。

いつも男性社員からは、S川さんと飲みに行くことに対して羨ましがられ「一緒に連れてって」とせがまれるほどだ。

参加を知った私はさっそく経理へ顔を出しに行ってみることに。

経理はちょうどN美さんの真後ろにあるので、総務と経理で仲良くおしゃべりしているのが私からよく見える。

「どうもー、今メール見たんだけど、S川さんも参加するんだ」
「そうなんです、A森さんが毎年すごく楽しいって言うので、今回は行ってみようと思って。スキー・スノーボードはほとんどやったことないですけど…」

「いいのよ、わたしだってほとんどしないんだから。雪を見ながら温泉入って、ゆっくりしたっていいんだから」S川さんを誘った隣に座るA森さんがデータ入力の作業を止めて言った。

このA森さんは、60歳近いアルバイト女性。デスクが経理にあるだけで、データ入力以外にも掃除や電話番などの雑用をしているので、取り分け経理専門というわけでもない。

明るく社交的で話が面白く、若作りをしているせいか、実年齢よりもかなり若く見える。

私の部署と経理はそれといって関わりがないが、隣の総務にN美さんがいるせいか不思議と仲が良い。さらにA森さんは、旅行のお土産のお菓子を「皆さんでどうぞ」と親切に持ってきてくれるほどだ。

「雪を見ながらの温泉って気持ちいいですよね。滑らないで温泉だけでも楽しめそうです」

「言えてる言えてる、雪を見ながらってところがいいんだよね。適当に滑るの止めて部屋でゴロゴロしててもいいんだよ」

「そうよ、早めにあがって温泉行きましょう。ね、温泉温泉。ホント温泉って気持ちいいのよねー」
「だってA森さん、いつも温泉ばかりで全然滑らないじゃないですか」

「温泉とおいしいお酒があれば、それだけでもう十分よ」
3人は仕事そっちのけで、しばらく温泉話に会話が弾んだ。

A森さんは根っからの温泉好きで、スキーは上級レベルなのに二の次だ。
* *

ついに待ちに待った社員旅行の日がやってきた。(次回へ続く)
(投稿者 カベルネ・大助)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.