H体験談。。宗教の勧誘、篠原涼子似の美人

ここでは、「H体験談。。宗教の勧誘、篠原涼子似の美人」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
宗教勧誘のスレンダーなお姉さん

高校時代は前述の通り宗教の勧誘が割りと頻繁に来てた。
だが大学入学に伴い引っ越した先では宗教的な勧誘は全く無かった。
(新聞やら布団やらの勧誘のおっさんはよく来てたが)

大学卒業後、就職に伴い引っ越した先では高校時代程ではないが、数ヶ月に1回の頻度で来てた。

と言っても平日は仕事で家にいないし、休日も彼女や友人と遊んでて家にいない事が多かったから、直接会った事は無く、郵便物の中に宗教のパンフレットが入ってる事で気づく程度だった。

そのパンフレットを見ると高校生の時の出来事を思い出し、未だにドキドキしてしまう。そして先週の土曜日がやってくる。

俺は半年前に彼女と別れて、それまでと比べて家でのんびり過ごす時間が増えた。その日も昼近くに起きてシャワーを浴びた後、テレビを見ながら遅い朝食を食べていた。

そんな感じでダラダラと過ごしていたらインターホンが鳴った。

宅急便か?俺最近アマゾンで何か買ったっけかな? と思い画面を見てみたら、ハリセンボンの角野卓造が立っていた。

とりあえずインターホンに出てみたが、
「◯◯と申します。◯◯に興味はございますか?」

みたいな事を言ってたが、インターホン越しだと何を言ってるか聞き取れなかった。この時点では宗教の勧誘なのか何なのか全く分からなかった。

「え?何ですか?」と言い終わる前に
「世界平和がうんたらかんたら、あなたを導くうんたらかんたら」
と、俺を無視して喋り続けるハリセンボン角野。

ここで宗教の勧誘だと気づき、俺の脳内に高校時代の出来事が蘇る。

またあんなおいしい思いができるのか!? しかし相手は角野卓造!!
どうする俺!?

しかしモニターをよく見ると、ハリセンボン角野の隣にもう1人立っていた。ていうか、よく見なくても最初から気づいてました。

ただ、モニター越しだと(角野が前面に出過ぎてて)顔がよく見えなかった。
インターホンに喋り続ける角野を無視して俺はドアを開け外に出た。

すると、ハリセンボン角野が予想以上にハリセンボン角野だった事に驚くと共に、隣の美人に目を奪われた。

ここまでずっと高校時代の出来事で頭の中がいっぱいで、「またあわよくば・・・」っていう思いでいっぱいだった。

隣の子は篠原涼子似の美人だった。俺は(またこんな子とエッチできたらなぁ)なんて考えてたが、角野がいるから無理だろうなとも思ってた。

基本的には角野が説明して、涼子は相づちを打ったり補足説明みたいな事をしていたが、俺は内容など聞いておらず、どうすれば涼子とヤレるのかで頭がいっぱいだった。

喋り続ける角野のカバンの中でケータイが鳴っていた。
何度か鳴っていたが、角野は気にはするが電話には出なかった。

こいつが電話してる間は少しかもしれんが涼子と会話できるかなと思い、
俺「ケータイ鳴ってますよ。出ていいっすよ。」 角野は電話に出た。

電話の相手は子供だったらしく、「まーくん、ごめんねー。ママすぐ帰るからねー。もう少し待っててねー。ちょっとパパに代わってくれるー?」

で、旦那らしき人と数秒話しただけで電話は終わってしまった。
その間、俺と涼子はほとんど会話ができず、チャンスは終了。

と思いきや、そこから角野がまとめに入り始めた。
(こいつ帰る気だ!)

俺は今まで全く興味無さそうにしていた宗教の話に、ここぞとばかりに乗り始めた。「僕、最近彼女に逃げられて不幸のどん底なんです。」みたいな感じで身の上話をしてみた。

しばらく話をしてると、また角野のケータイが鳴った。

俺「すみません、お子さんを留守番させてるんよね?今日はこの辺で帰って頂いて結構ですよ。でも◯◯教の話ももっと聞いてみたいし、僕の相談も聞いて欲しいし・・・そうだ、こちらの方(涼子)は時間大丈夫ですよね?」

2人は「どうしよう」と顔を見合わせた。
俺「もし車1台で来てるなら、帰りは僕が送るんで大丈夫ですよ。」
と、俺はたたみ掛けた。

涼子「角野さん、私この方と少しお話したいんで、先に帰ってていいですよ。帰りの足は何とかします・・・(俺の方を見て)本当にお願いしちゃっていいんでしょうか?」

俺「全然いいっすよ!ありがとうございます!」
角野「じゃあここで失礼しちゃっていいかしら?ごめんなさいねー。」

フラグが立った。

「立ち話もなんなんで、中にどうぞ。」
と、俺は涼子を部屋の中に招き入れた。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
見事に美人のほうだけ残すことに成功したねえ!
宗教勧誘なんて怖いと思うけど、
さすがに過去の経験者は違いますね!

11/18(日) 20:22 | URL | #OREvx6dA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.