H体験談。。宗教勧誘のスレンダーなお姉さん

ここでは、「H体験談。。宗教勧誘のスレンダーなお姉さん」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

高校生のとき訳あって一人暮らしに近い状態だった。

普段は2人1組のおばさんが来てたんだけど、その日は20代半ばくらいの清楚でスレンダーなお姉さんが1人で下宿先を訪ねて来た。

お決まりの「幸せになる為にはうんたら」って話し始めたから無視しようとしたが、「悩みはありませんか?」って聞かれたから、

からかうつもりで
「女の子との接点が無くて(当時男子校)彼女ができません。」って言ったら、

「えーっ、ジャニーズ系ですごくかっこいいのに嘘ですよねー?」
って乗ってきた。

俺も調子に乗って「全然かっこよくないですよ。」とか「女性と話すのが久しぶり過ぎてドキドキしてます。」とか適当に喋ってたんだけど、調子に乗り過ぎて

「ムラムラが治まりません。」って言ったら、しばらく沈黙になったあと、
「あのー、私もあんまり経験無いんですけど、お手伝いしましょうか?」

って言われて、最初は(えっ、マジか??)って思ったけど(あわよくば・・・)と、「散らかってますけど、中どうぞ」と部屋に通した。

部屋に入ったあと、俺も彼女もどうしたらいいかよくわからず、2人共その場に立ったまま、「えっと・・・」って感じだった。

俺は(ここは勢いでいくしかない)と、彼女を抱き締め、耳元で「本当にいいんすか?」とささやいた。そしたら、「とりあえずベッドに行きませんか?」と彼女の方から促してくれた。

俺と彼女はベッドに腰をかけ、俺が覆い被さる形でキスをしながらそのまま押し倒した。

が、すぐに形勢は逆転して彼女が俺の上に被さり、「私が気持ちよくさせてあげます。」みたいな事を言って激しくキスをしてきた。めちゃくちゃ気持ちよかった。

唇を舐められ、歯茎を舐められ、上あごまで舐められ、この時点で下半身はギンギンでイキそうだった。このキスが人生で一番気持ちよかったと思う。

俺は彼女に服を脱がせてもらい全裸になった。俺も彼女の服を脱がせようとしたが、何枚も重ね着をしてて手こずっていたせいで、結局彼女は自分で下着姿になった。

彼女は自分でブラジャーを外そうと背中のホックに手をかけたが、「それは俺にやらせて下さい。」と俺もちょっとがんばってみた。

これも手こずるかなと思ったが、以外と簡単に外れた。

ブラジャーを外したら、手のひらサイズでそれ程大きくはないが白い肌で形のいい乳房と、ピンク色の乳首が現れた。

俺は両手でその乳房を揉んでみた。
(何だこれ!?大きくないのに柔らかい!!) っていうのが最初の感想。

そのまま乳房を揉みながら、人差し指で乳首を転がしてみた。
「あんっ」と初めて小さな喘ぎ声が聞こえた。

今度は乳首を舐めてみた。
「あぁ・・・あんっ、あんっ!!」 と彼女の喘ぎ声は大きくなってきた。

俺は下の方にも手を伸ばした。彼女のパンツはびしょ濡れだった。
(えっ?こんなに濡れるもんなの??)っていうくらいドロドロだった。

彼女のパンツを脱がして、とりあえずクリトリスを触ろうと彼女の割れ目をなぞった。彼女の喘ぎ声がまた大きくなった。

多分これがクリトリスかなぁっていうのはあったが、よく分からなかったから、「これがクリトリス?」と、正直に聞いた。

彼女は「うん・・・あぁ、気持ちいい・・・」と体をよじらせた。

乳首を舐めながらしばらくクリトリスをいじっていたら、彼女の息使いが激しくなり、「あぁっ!!」という声と共に、腰が浮き体が「ビクン」となった。

彼女はまた俺にキスをして、「今度は私の番です。」と言って俺の下半身に手をやった、と思った瞬間、ヌルッとした感触が俺のチンポを包んだ。

咥えられた。めちゃくちゃ気持ちよかった。
俺は(ここでイッたら超情けないな・・・)と必死に我慢した。

しばらくフェラをしてもらったが、イクという感じはなかった。
それでもめちゃくちゃ気持ちよくてとろけそうだった。

「そろそろ入れていいっすか?」と財布に忍ばしてあったコンドームを取り出した。

袋を破り中身を出し、いざ装着しようとしたら、
「それ私がやってみたい!」と彼女は目をキラキラさせた。

俺は彼女にコンドームを渡し、着けてもらった。このときマジでイキそうだった。

コンドームを着け終わり、俺は自分のチンポを彼女のマ◯コに当てがった。
「そう、そのままゆっくりね・・・」 と彼女に促されるまま挿入した。

挿入した瞬間、彼女から「ああぁぁっ!」という声が漏れた。
何度目かわからんが、まためちゃくちゃ気持ちよかった。

俺は腰を振り続けた。一丁前に体位を変えたりもした。
だが、結構長い時間やってても俺はイキそうになかった。

途中疲れて一息ついたとき、「これ(コンドーム)取っちゃっていい?」と聞いてみた。

そしたら「コンドームあるとあんまり気持ちよくない?中に出さないって約束してくれるなら外してもいいよ」って言われて、俺はコンドームを外しゴミ箱に捨てた。

再度挿入し、また腰を振った。
しつこいが、生はめちゃくちゃ気持ちよかった。

彼女の喘ぎ声が激しくなり、表現が難しいが、その喘ぎ声が俺を刺激した。

俺はすぐにイキそうになり、彼女のマ◯コからチンポを抜き、自分でシゴき彼女の腹にぶちまけた。

腹に出された精子を拭いてたら、「あなた本当に初めてなんですか?私、今までで一番気持ちよかったです。」って言われた。

という事はおとなしそうな顔して結構やってるんだなっ、て処女じゃない事は最初から分かっていたがちょっと嫉妬した。

しばらく世間話をして、彼女は帰る事になったんだけど、去り際に「もしあなたがイヤじゃなければまたお願いします。」と、ケータイ番号とメアドをメモに残し帰っていった。

その後は彼女が勧誘に来る事は無かった。
俺の方からも彼女に連絡をする事は無かった。

また会いたい気持ちはあったが、連絡先を書いてくれたのが宗教のパンフレットの片隅だったのもあり、連絡したら入信させられるんじゃないかとヒビってた。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.