H体験談。。大学の後輩OLとホテルに 続編

ここでは、「H体験談。。大学の後輩OLとホテルに 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
大学の後輩OLとホテルに

A子とこのまま最後まで...
A子が積極的すぎたのもあり、次第にどんどんキスが激しくなってきた。

そうしているうちに激しいキスと抱擁に。嫌がる様子はないが、一応「俺とこういうことになっていいの?」と聞いてみたら小さく頷いた。

そして、ブラから胸をのぞき見た。
A子の胸は小ぶりだが、きれいな形をしておりすでに乳首は立っていた。

ただの後輩としてしか思っていなかったA子が、自分の前で胸を出して喘いでいるのが不思議な状況だった。激しく胸を愛撫しながら、手は下着の方へ。

すでに下着はビッショリ濡れていた。
「どうしちゃったの?もうこんなに濡れてるよ。」

「もう,恥ずかしいから言わぁ… ない… で。あぁっ。」
下着の中に手を入れると、アソコはもうビチョビチョだった。

「下着履いて帰れなくなっちゃうよ。とちゃっていい?」
「やだよぉ…恥ずかしい。私の裸、先輩に全部見られちゃう。自信ないのに。」

そう言いつつも喘ぎは止まらない。
足を持ち上げ、パンティーをゆっくり脱がした。恥ずかしそうにするA子。

下の毛はきちんと整えられておりピンク色のアソコはすでに愛液まみれだった。

胸を愛撫しながら、クリトリスを手で攻撃し始めると間もないうちに
「そこ、ダメなんです…これ以上やめてください。」とA子が言ってきたので、

一瞬手をゆるめ「じゃ、やめちゃおうか?」とちょっと意地悪して言ってみた。
そうすると、「いやぁ …続けて…あぁ、下さい。」とA子。

自分は興奮しまくりだった。その後、もクリトリスを中心にA子のアソコを攻め続けていると、「いっちゃうよぉ。先輩、もうダメ…欲しい。」

すでに、自分の息子もビンビンになっていたのでさっそく服を脱ぎ、元気になった息子にゴムをつけて準備をしていると、子猫のような目で、こちらを見て、息子を触りながら「先輩のすごいですよ(笑)。すごい堅いし大きい…早く欲しい。」と。

そのまま正常位で合体した。A子のアソコは愛液まみれでそれにとても熱かった。
ゆっくりとピストンをしながら、徐々に激しくしていった。

A子の喘ぎは、もう絶叫に近いといっても過言ではない。

その後、座位に体位を変えキスをしながらアソコの奥まで突き上げていると
「すっごい、先輩のが奥まであたるよぉ...」

「気持ちいいんだ。じゃ、今度上になって動いて気持ちよくしてよ。」
「上になるのダメです。私、気持ちよすぎてもう動けないです。」

そういいつつも、騎乗位に体位を変更し下からしばらく突き上げ続けた。
A子の気持ちよさそうな顔を見ていると、こちらもより激しく突き上げた。

A子は僕の上で縦に揺れていた。そのうち、自分も疲れてきたので動きを止めると、今度はA子が自分で腰を振り始めた。

「なんだ、動けるんじゃん。すごく気持ちいいよ、そのまま動かしてて。」
しばらく一生懸命動くA子。

「先輩、これ好きでしょ?」
「女の子が動いた方がエロいじゃん」

「恥ずかしいよ、これ。下から、見られてるし。もう…動き方わかんなくなってきちゃったじゃん。」
「じゃ、今度は後ろに手をついて見て。」

「えっ、こうですか?これ、先輩気持ちいいんですか?」
「うん。」

喘ぎながらお互いどうされると気持ちいいのかなどを話をしながら、お互いに気持ちよくなっていった。もう、恥ずかしさはなくなり、お互いにHを楽しんでいた。

話していると、A子がバックが一番好きだというので、体位を変えて後ろから突いていると射精感が。

「ごめん、もうイッていい?バック、気持ちよすぎるよ。」
「いいですよ、このままイッてください。私もすごい気持ちいいです。」

「やっぱり、最後はA子の顔が見ながらイキきたいよ。正常位に変えていい?」
「いいですよ。私も顔見ながらイッて欲しいです」

体位を変え、しばらく動いてから力尽き・・・射精。

「A子、気持ちよかったよ」
「先輩の負けですよ。私より先に逝ちゃった(笑)」

「何言ってるの。さんざん喘いでたじゃん。」
「そうですけど…だって先輩すごい激しいんだもん。」

しばらく、A子と裸のまま抱き合って話していたら、
「すみません。なんか、こんなことになちゃって。」
「イヤ、俺も同じこと言おうと思ってたんだよ。」

ふたりの間に気まずい雰囲気が流れたが、
「実は、飲み会の途中からずっと先輩に抱きつきたかったんです。」

「でも、俺なんかだよ。何で。」
「先輩と一緒にいたかったから、いいんですよ。先輩とのH楽しかったです。先輩の違う一面も見られたし。こんなに激しくてエロくて、ビックリでした。」

ビックリしたのはこっちの方だった。まさか、向こうから誘われてこんなことになるとは…思いもしなかった。あのとき、A子の携帯が鳴らなかったら、こうはなっていなかった。

隣で自分に裸のまま抱きついてるA子を見ていて、このまま仕事が無ければ、ずっと一緒にこうしていたいと思った。

そうしているうちに5時半になり、お互い仕事もあるので急いで帰宅した。

今思えば不思議な一日で、しばらくはA子とまた…こんな感じになれればとも思ったが、付き合ってもいないしお互いそのつもりもないのにこの関係を続けるのはやっぱり気が引けたので、この気持ちは口には出さないことにした

その後も、A子とは普通に連絡を取り合う仲だが、「先輩」と「後輩」のいつもの関係に戻り、あの日の話題はふたりの間では挙がらない。

まるで、何事もなかったかのように...(投稿者 HAPPY HAPPY HILLS)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
うん、一夜とてもいい気持ちになって、
その後はまた以前のような間柄でつき合い続けられるので、
いいですね。
09/16(日) 19:22 | URL | マーマン #OpjOh/wQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.