Hな体験談。。好きだった大学の先輩が・・・ 続編

ここでは、「Hな体験談。。好きだった大学の先輩が・・・ 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
好きだった大学の先輩が・・・

その翌日、先輩の友達から「ねえねえ○○君。昨日ヒカルのワンピースどうだった?可愛かったでしょ?」 と聞かれ、

何のことかわからず問い返してみたら「え?ヒカル買ってたよ。デート用にって。あたし付き合わされたんだもん。」とのこと。

「いつもと同じ服でしたよ。」

「ああじゃあ恥ずかしかったんじゃない?そんなの殆ど着たことないみたいだし。『こんなスースーしたもん着れるかぁ!』って顔真っ赤で言ってて超ウケたし。」

「え?でも買ったんですよね?」

「○○君とのデート用にね。でも『いきなりこんなの着てったら引かれない?気合入りすぎと思われない?』って
何回もしつこく聞かれたから、多分そういう事なんじゃないかなぁ?」

俺は有頂天になって、ニヤニヤを隠し切れずにいると、先輩の友人は、「あいつ○○君みたいに熱い告白されたことないから戸惑ってるみたいよ?」と肘で突付きながら教えてくれた。

俺は急いで、次のデートの約束を申し入れた。
「次休みの予定が合う日があったら、遊びに行きませんか?」とメール。

「ていうか今から休み合わせようよ。どこ行くどこ行く?」と先輩。
もうすっかり秋も深まった季節だったけど、頭の中は桜が満開だった。

そんな時だった。大学で、俺の友人Aが話しかけてきた。
「お前最近ヒカル先輩と仲良いのな。」

「ま、まぁな。バンド一緒だし。」と誤魔化す。
俺が先輩を好きなのを知ってるのは、先輩と先輩の友人だけだった。

俺の態度から勘付いてる人もいただろうけど、公言していたわけではなかった。
Aは「付き合ってんの?」と聞かれ、俺は慌てて「いやいや。」と首を振った。

Aは安心したように笑い、「なんだ、じゃあもうヤッた?」と聞いてきた。

Aは元々ちゃらい奴で、悪い奴ではないけど、見た目もイケメンだけど軽そう。というか実際軽く、女関係の噂も絶えない奴だった。

だからいつもの軽口だと思い、「なんでだよ!」っと冗談めかして突っ込みをいれた。

でもAはきょとんとした顔で、
「そうなん?(友人)Bももうやってんのに。お前もお願いしてみれば?」

俺は何のことかわからず、というかわかってたけどわかりたくなくて、頭の中がトマトが潰れるみたいにグチャってなった感覚があった。

俺が呆然としてると、Aは「お前一番仲良いんだから余裕だって。いっとけいっとけ。」と笑いながら言った。

「え?いや、でも先輩。え?」と思考が停止したままの俺に対してAは俺の肩にポンと手を置き「騎乗位で腰振らせてみ。グラインドすげーぜ。フェラも激ウマだし。」となんのてらいもなく、無邪気そうにそう言った。

「……え?なに?お前らってそういう……関係?」と漸く声を振り絞った俺に対し、「いや。別に。ヤリ友ってだけだし。」と億劫そうに煙草を吹かしはじめた。

煙草をひとしきり吸うと、Aはニカっと笑い、「今度Bと3人でやるつもりだけどお前も来る?」と提案してきた。

俺は吐き気や悪寒に襲われてたけど、きっと何かの間違いだと思い、「あ、いや。今日バイトだから……」とその場を退散した。

その際Aは、「おい大丈夫か?」と心底心配そうにしばらく一緒に歩いてきた。
俺はそれを「大丈夫。大丈夫だから。」と繰り返して追っ払った。

その後、気がついたら家で突っ伏して寝ていた。本当に、道中の記憶はあんまり無い。バイトがあったが、無断欠勤した。動けなかったから。

気づくとメールが3通。一つはAからで、「さっきの話はここだけって事でよろしく。□□先輩とか△△先輩とかヒカルちゃんにガチじゃん?」

もう一つはヒカル先輩からで、「ちょっと調べてみたんだけど、○○ってカフェが良いらしいよ?明日のお昼って予定ある?どうかな?お姉さん奢っちゃうよ。」

最後は先輩の友人で、「次のデートは気合入れてワンピ着てくらしいよ。ちゃんと褒めてあげなよ。」

もう何がなんだかわからず、とにかくヒカル先輩にだけ、「わかりました。勿論OKです。」と返信をした。一睡も出来なかった。

最初のデートの時もそうだったけど、理由は間逆だった。 何も考えれず、ただ枕に顔を押し当てて、朝を待った。

その間、ヒカル先輩から「明日楽しみだね。あと明日新しい服着てくから、絶対笑わないでね。」とメールがきた。

一言「はい。」とだけ返信した。日が昇ると、やはり何も考えれず、それでものそのそと準備をして、待ち合わせ場所に向かった。

先輩のワンピースは、反則的なまでに可愛かった。先輩は照れくさそうに身体をモジモジさせ、ずっと落ち着きなくそわそわしていた。

俺の口からは、自動的に先輩を褒め称える言葉が出た。
先輩をそれを受けて、顔を真っ赤にしていた。

俺の様子は明らかにおかしかったと思うが、俺は普段から表情も少なく、感情も見え辛いキャラらしいので、最初は先輩も違和感に気づいてなかったんだと思う。

でも途中から、「大丈夫?具合悪いの?」と頻繁に聞かれ、その度に否定していた。デートを楽しんでないと思われるのが嫌で、必死で作り笑顔を浮かべ続けた。

先輩の楽しそうな笑顔や、心配そうな顔を見るたびに、胸が高鳴り、それと同時に、Aの言葉を思い出しては締め付けれれるように痛んだ。

この後に及んで何かの間違いだと思いたかった。
デートは日が暮れると同時に終わった。

別れ際、先輩は俺を呼び止め、「前に○○君があたしに言ってくれた事ってまだ有効?」と尋ねてきた。

一瞬何のことかわからずに立ち尽くしていると、「だから……その、告白してくれたじゃん?」とはにかみながら、上目遣いで眺めてきた。

Aの言葉が頭をよぎったが、それでも俺の首は自動的に縦に動いていた。
実際好きだったし、好きでいたかったから。

先輩は安心したように、ぱぁっと笑顔を咲かせて、「そっか。」と言うと、踵を返して足早に地下鉄構内へ去っていった。

それでも何度もこっちを振り返っては、ぶんぶんと手を振ってくれた。

その数十分後、「ちゃんと○○君の気持ちに応えられるよう、毎日一生懸命色々と考えてます。もうちょっとだけ時間を下さい。○○君との事、真剣に考えてます。」とメールが来た。

この短期間に起きた出来事を、上手く消化できずにいた俺は、ただとぼとぼと家路につくしか出来なかった。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.