覗き体験談。。幼馴染の着替え(男性体験告白)

ここでは、「覗き体験談。。幼馴染の着替え(男性体験告白)」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

覗き体験談

最近、覗きに縁が無い。家の外での覗きとかってバレたら怖いから。
そんな俺の覗きで好きだったのは、向かいに住む幼馴染の着替えや生活。
まず幼馴染の詳細を。名前は沙織。
年は俺と同い年。顔はかなり可愛い方でデビュー当時の鈴木亜美に似てた。
実際モテていて、俺の友達が告白したり、
沙織は中学の時軟式テニス部だったが、対外試合で沙織を見た他校の奴が、
わざわざ中学まで来て告白した事も有ったくらい。みんな玉砕していたらしいが。
モテる要素はかなり有ったが、性格がおとなしくて仲ののいい女としか話さなかった。
沙織は1人っ子で、親の居ない時は1人で寂しく過ごしていて、それが性格に反映されたのかも。
スタイルは良かったが、年齢より幼く見えていた印象があった。
まあ大人しかったけど、可愛くてファンが多そうな子だった。
そういう俺も密かに沙織に片想いしていた。
でも、関係を壊すのが怖くて告白は出来なかった。
1回中3の1学期の中間試験の時に2人で勉強会をして、いい雰囲気になったけど進展せず。
俺は勉強に集中出来なくなって成績が結構落ちた。
期末試験も沙織から勉強会の誘いがあったけど断ってしまい、
以降2人きりで居れる時がなくなってしまった。
それでも沙織に一番近い異性が自分だと思って、それで当時は満足していた。
さて、ここから覗きの話です。
中3の11月、道路に面した窓の雨戸を閉めようと思ったら、向かいの沙織の部屋が見えた。
道路を挟んでいるので約10メートル位の間はあるが、双眼鏡で中の様子がばっちり見れた。
沙織にバレたら困るので、自分の部屋の電気を消してじっくり観察。
沙織はベッドに寝転がって雑誌っぽいのを読んでいた。
その時は10分位ぼーっと見るだけで止めたが、以降、暇を見つけては見るようになった。
しかしお互いに塾はあるし、俺はさらに週に2回家庭教師を付かされていた。
正直、あまり見る機会が無かった。ただ、見れる時は少しでも見るようにした。
純情だった俺は好きな人を遠くから見ているだけで満足だった。
沙織も、雨が降っている時は雨戸を閉めてしまうが、
それ以外のときはレースカーテンしかしていなかったので、
ある程度部屋の中の様子は見ることが出来た。
この頃は時間も限られていたし、寒い時期なので沙織もトレーナにジャージ姿の事が多く、
あまりおいしい場面には遭遇できなかった。
その後、別々の高校に入り、少しずつ接点が少なくなっていった。
けど、俺は相変わらず見ているだけで満足だった。
部屋の生活を見ていれば、例え話さなくても沙織のことが分かる気がしたから。
それからしばらくたったある日、午後7時半頃自分の部屋にいると外で自転車のブレーキの音が。
沙織が帰ってきたらしい。5分位すると沙織の部屋に電気が。
もしかしてと思い電気を消すと、沙織が着替えを始めた。
着替えを見るのは初めてでかなり興奮した。
制服を脱ぎ、1枚1枚脱いでいき、上がブラ、下がピンク色のパンティ姿になったときは感動した。
しかし、その時はせっかくパンティが見えたのに、すぐ部屋着をきてしまい、がっかりした記憶がある。
その後、沙織は部活ある月・水・金曜はいつも夜6時半から7時の間に帰ってくるのが分かり、
その時はほぼ毎回着替えを覗くようになった。
6月の下旬になり、暑くなってくきた時。
いつも通り着替えを見ていたら、その日も沙織は制服を脱いだ後、
Tシャツも脱ぎ完全に下着姿に。
それだけでも嬉しいのに、なんとブラも取って真っ白な生乳が露出した。
初めて見た沙織の胸に感動。中学時代とか服の上からしか見たことがなかったが、
思った以上にボリュームのある胸の膨らみと、乳首がみえて、かなり興奮。
実はその時まで、覗きは何十回もやっていたが、沙織への罪悪感や汚したくないという思いから、
沙織をオカズにオナニーはしたことがなかった。
しかし、この生乳露出という事態にとうとう我慢できなくなり、沙織を見ながらヌイた。
これ以降、吹っ切れたのか毎週月・水・金は沙織の着替えでオナニーが日課になった。
今日はどんなブラやパンティをしているんだろうとドキドキしながら覗いてた・・。
やはり覗きをしていて一番良かったのは夏場だった。
沙織はあまりクーラーを使わないみたいで、窓を開けていることが多かった。
カーテンもしてなく、部屋の中が丸見えの状態。
沙織はノーブラで上がタンクトップかキャミソール1枚だけ、
下はハーフパンツの格好が多かったので、かなり露出が高く、オナニーのネタには困らなかった。
夏休みの間は今までの反動か、全てオナネタは沙織になっていた。
沙織は、あまり目立ちたくないのか外出するときは、露出の高い服を着ていなかった。
あくまであの格好は部屋用で、それを見れるのは俺だけというのが嬉しかった。
ちなみにキャミソールは水色系、タンクトップはデザインがプリントされたのが多かった。
それ以外のときは、トレーナーにジャージ姿。
オシャレにはそんなに興味が無いようで、動きやすい服が多かったかな。
中3の11月から高3の12月まで約3年間沙織の部屋を覗いていたが、
その間に沙織は少しずつ大人になっていました。
胸も冬場でも服の上からでも大きいのが分かるようになり、
髪も中学の時は耳が完全に隠れる程度だったが、高校に入ってからは肩辺りまで伸ばしてた。
高2になってからも、一番ヌケたのはやっぱり着替えの時だったけど、
印象に残ってるのはパンティ一枚で腕立てやストレッチをしてた時。
その時は、腕立てするたびに真っ白な乳房がブルンブルン揺れ、
日焼けした肌と白い乳房のコントラストに異様に興奮してしまい、
揺れる乳房を見ながら、猛烈にしごいて、いつになく大量に発射してしまった。
jk_syuugakuryokou_ohuro_tousatu_convert_20080408181447.jpgFC2 Blog Ranking
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.