H体験告白。。顔面騎乗、舌を出して尖らせたままズッポズッポ

ここでは、「H体験告白。。顔面騎乗、舌を出して尖らせたままズッポズッポ」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

関東22♀ 157/45 矢沢心

関東28♂ 175/5? 恐そうって言われるけど優しさあるよ、と。

バイトと資格の勉強が忙しくて、すっかり干しアワビ。セックスしたい!
出会い系にて糸を垂らす

「ちゃちゃっと激しくしたい!」
数十通来たミニメから、細身が好きなので彼をご指名

日程と場所、会って無理そうなら拒否権発動おkのやり取りを数通交わし、就寝。事前写メ無し。

週末某ターミナル駅にて待ち合わせ。あれだけのやりとりで大丈夫だったかwwwと不安になりつつも、電車を降りるとミニメが来てる

『着いたよ。俺は白の上下で黒い鞄もってる。ATM横』
…上下…白…?ドキドキドキドキ…

改札を出てATMを探すと…
いたwwwいや一人しかいないwww

そこにいたのは、犬のキャラクターがプリントされた上下白のスウェットを着て、左手にセカンドバッグを持つ鼠先輩でしたwww

しかも青いレンズのグラサンしてるwww こりゃマズイ…と固まるも、こっちの服装を伝えていたので、すぐさま発見される。

鼠『心ちゃん^^?(ニヤリ)』
心「あっ、はい!(ヤバイ歯ないwww)」

鼠『よかった会えて^^俺でいい^^?』
心「あっ、はい!(断ったら埋められるwww)」

鼠『^^。じゃ、行こうか^^』
心「あっはい!(\(^o^)/)」

予定通り即ホテルへ。鼠先輩は道中優しげな口調で何か話していたが、全く頭に入ってこず、一人頭の中で、恐いw部屋で態度豹変したらどうしようwでもチンコ欲しい、とグルグル格闘していたが、ホテルに着く頃には据え膳喰わねばと腹を括ってました。

そうこうしてホテル着。少し部屋で談笑。
まあ見た目は恐いが痛い目には合わなそうだ

鼠先輩の気分を害さないように、サクっとやって帰ればいいかな。ということで一緒にお風呂

背中に観音様がいらっしゃったので、見えないよう背後から無事を拝む

鼠『見た目こんなんだけど、大丈夫^^怖がらんでいーから^^』
心「あっはい!」

鼠『おしっこかけて^^』
心「………^^」

えええええ!!したことない!!!
…でもやってみたい…しかし初放尿の相手が鼠先輩…どうしよう…

悩んでいると、先輩はお風呂の床に寝そべっていたので跨がってみた
チョロチョロ…

鼠『オゥフ…おお…おしっこぉ…』
何コイツwwwキメェwww

でも徐々に自分も興奮してきたので勢いよく放尿
ジョーーーーッ!!!!!

鼠『おおああああんっ!!おしっこぉっ!おしっこかけられてるぅ!』
目の前の奇妙な光景に段々頭が覚醒、と同時に先輩はMっ気アリと確信

心「ねぇ?気持ちいいの?おしっこかけられて興奮してるの?」

鼠『ああん…あっ、おしっこっオゥフッ…いいですっ…塗って!顔にもに塗って下さい!』というので跨がったまま、マンコを先輩の顔に擦りつける

鼠『ああん!!おいしいよぉ!』
などと壊れ始めたので、しばし顔面騎乗。
舌を出して尖らせたままズッポズッポ気持ちいいです

我慢できなくなったので、体をシャワーで流してベッドへ移動

鼠自らM字開脚してきたので
心「舐めにくい。腰浮かせて」とちんぐり体勢。

アナルに舌を突っ込みつつ、玉→竿→裏スジ→亀頭と味わう。いい感じに我慢汁も出てきたのでジュッポジュッポしながら、アナルに指を入れてみる

鼠『オゥフッ!…あっおっ…フッ…フッ!』
と気持ちよさそう。我慢できなくなったので、ゴム付けて騎乗位挿入

挿入部を見せつけながら、動いていると恍惚な顔していたので
手を取りお互いの乳首をつまみ合いながらズッコズコ

シュールな絵面に興奮が頂点にきて、激しくピストン。鼠、すごい声量で絶頂。自分は鼠先輩をおかしくさせることに熱中しすぎてイケずじまいorz

その後鼠先輩はしばらく動けなさそうだったので、一人シャワーでクリオナ。

お風呂出たらまだ裸で寝てたのですが、既に退室20分前。

動くのだるいから泊まろうとごねられるが、この先は期待できそうになかったので、「明日早いので私は帰ります」とお断り&フロントに事情を伝え、先輩を一人残して退室。

当初のビビりはどこへやら。新しい興奮は発見できたけど、やや地雷&また会いたいとは思えなかったので放流。

色んな意味で貴重な体験どうもです
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.