H体験談。。巨乳だが乳輪の小さめなおっぱい

ここでは、「H体験談。。巨乳だが乳輪の小さめなおっぱい」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

大阪在住。パッション屋良に似てるといわれた♂当時23、173/75

相手 だんじりの有名な市 ♀19 痩せたギャルなアジアン馬場園

仕事が暇な時に某無料サイトに爆撃した後に忙しくなり夜に返信メールに気付く。時間たってるしまあ帰ってこないだろうと思いながらも返事を返す。

すぐに返事があり『遅くまで頑張りすぎですよ。』と言われる。

仕事が終わるのはいつもこんな感じな事を伝えるといきなり『今度、いっぱい癒してあげる。』的な言われムフフな想像しながらいつ会うか決めた。

お互い平日が休みだったので次の週で休みがちょうど合うのでそこで会うことになった。それまでメールや電話は毎日していたがエロは無かったのでまあ、こんなものかと思いながらその日になる。

当日、相手の住んでいる所の近くで遊ぶことになっていたので車でいそいそと向かう。

待ち合わせ場所に行くとまだのようで車で待っているとノックされて出てみるとちょっと痩せたギャルの馬場園がいた。(以下馬場園)もちろん巨乳D~E?。

自分のストライクゾーン。見た目と裏腹に言葉使いも普通で好感が持てる子。
早速どこに行くか馬場園に聞くと、相手が全くのノープランで来たことが発覚。

だがそんな事でいちいち気にしても仕方無かったのでまずはその辺をブラブラとドライブへ行くことに。

何ら他愛のない話をしていると馬場園の同年代の男に比べて落ち着いている。大人だと言われていろいろ聞いてみると、同年代の男はすぐにエッチをしたがるのが嫌だったそうな。

若い時は誰でもあるものだからと言うと『じゃあパッションさんも?』と聞かれたので今は違うことを強調した。

そこで馬場園はニヤリとしながら『じゃあ、いろいろな事されても我慢できるよね?』とS顔で聞かれた。

「いろいろってなに?」と聞くと運転中にいきなり首筋に甘噛みしてきた。
『こんなこととかw』  その後も耳、首、頬に集中砲火を浴びる。

そんな事をされるとそりゃ立つものも立つ。すぐに発見され指摘される。あれだけされたら誰でも我慢できないと反論。

嘘つきよばわりされたのでじゃあ受けてみればわかるはずと近くのスーパーの立体駐車場に行き、後部座席へ案内。

馬場園に膝の上へまたがってもらいお返しとばかりに張り切る。はじめは首、耳、肩を中心に攻め倒す。流れでキスをしようとするとすんなり受け入れてくれる。

しかし、エロいな。10分もしないうちに馬場園が喘ぎながらの腰がモジモジしだす。『あっ。んんっ。』 股へ手を伸ばすとびしょびしょだった。

何やら濡れやすいようでこれで誤解も多いらしい。

お互い準備万端だが場所がまずいので落ち着いて出来るところに行っても良いか馬場園に尋ねると真っ直ぐこっちを見て素直に頷いた。

ラブホを探すとすぐに発見。チェックインして部屋の中に入ると馬場園からいきなりキス。『エッチでごめん。もう抱いて。』

すぐにお互いの服を脱がし合い下着だけになると馬場園から手を引かれベッドへ。覆いかぶさり胸の方へブラを外すと巨乳だが乳輪の小さめなおっぱい。

片手揉みながらもう片方にしゃぶり付く。馬場園の息使いが激しくなる。

パンツの方へ手を伸ばし下着の上からマンコの筋をなぞる。イジりながらパンツを脱がそうとすると馬場園が『お願い、電気消して。』

それに素直にしたがいマッハで消すwww その隙に馬場園に攻守交代されパンツを脱がされギンギンの息子を出される。

『へえーw』意味深だなwいきなり手を合わされ『ではいただきますw』パクッ。
あっこいつうまいな。こっちを見ながらしゃぶりあげる馬場園。

さっきの車の中の事で興奮しすぎていたのでイキそうなので止めようとするとスピードアップ。あっという間に口の中に出してしまう。ティッシュを出すともう口の中には無かったw

今度はこっちの番と意気込んでパンツを脱がす。
暗がりで見ると何と毛がほとんど生えてなかった。

馬場園が恥ずかしそうに『うち、めっちゃ薄いねん。』しかもほぼスジマン。これでギンギンになり濡れているのを確認しゆっくり挿入。

『あぁんっ!』きつい。ヤバい。吸い付くみたい。若さに任せどんどんピストンをスピードアップ

『ちょっ・・・待っ・・・て・・・早い・・・あああっ!』
構わずガンガン突いていたら
『イキそうやから待って!・・ア、アカン!・来る・・・イッちゃう!』

そのあと馬場園が小さく震えながら、『うち、あんまりイケへんのにイカされた。体の相性良すぎやろ。』確かに思った。

落ち着いていると『パッションさん、うちの中でイッテないやん。めっちゃ苦しそうやで。』そのままくわえられた。

ギンギンになったところでお返しのクンニ。犬のように舐めまくると馬場園が『もう、ちょうだい。』入れるもまだきつい。

『あっ・・ん・・・好きに動いて。』
ありがとうございますwガンガンいかせてもらいます。

『あっ・・あっ・・思いっきり・・中でイッて。』躊躇なく放出。シャワーを浴びてチェックアウトし夜景を見に行きその日は終了。

付き合うが些細なことで喧嘩別れ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.