H体験談。。目の前には全裸姿の同級生 続編

ここでは、「H体験談。。目の前には全裸姿の同級生 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
目の前には全裸姿の同級生

全裸でベッドに横たわり、横向きのまま抱き合い、またキスを再開する。
俺は徐々に、口から首、首から胸へと、移動していった。

「んふぅ・・・ぅぅん。。。」 そんな遥香の声を聞きながら、大きくて柔らかい遥香の胸を唇と舌で愛撫し始める。

舌で舐め転がしたり、軽く甘噛んだり、唾液で濡れた指でつまんだり、思いつくいろいろな方法で遥香の胸を愛撫した。

乳首の尖端が特に感じるようで、少し強めに愛撫すると、体をビクッとさせて、「ぁっ!、、、んんっ。。」と、少しかすれた声を挙げた。

俺はその声に興奮を覚え、しつこく胸への愛撫を続けた。
手を遥香の股間へ伸ばすと、そこはもう驚くほど濡れている。

最初は人差し指を、さらに中指も加えて指を出し入れしていると、愛撫にあわせて遥香の中が締まる。

中は少しざらついた感触があり、そこへ自分のモノを挿入した時の事を想像すると、その瞬間が待ち遠しく感じられた。

長いこと俺の愛撫に喘いでいたが、俺が少し手を緩めたときに、遥香が俺のモノを握ってきた。

「今度はアタシがやるっ、、、」
遥香はそう言って横座りの姿勢で、俺の足の間に座った。

俺のモノはすでに期待感で上を向いている。
遥香は俺の太ももの付け根あたりに手を置き、握ったモノにキスを始めた。

キスをしながら俺のことを見つめている。
俺のモノ越しに目が合ってしまい、妙に恥ずかしく、そして異様に興奮した。

勃起したモノにキスをされるたびに、俺は少し反応してしまっていた。
遥香はそれを少し楽しんでいる様子だった。

遥香は、薄っすらと唇を開き、舌先で俺のモノを愛撫し始めた。片手で根元を握って、竿の表裏、亀頭、袋、太ももの裏などを丁寧に舐めまわす。

裏筋をツーッと舐めあげられたときには、思わず声が出てしまうほど体が震えるような快感を覚えた。

遥香は体を起こすと、モノを上から咥えて上下運動を始めた。
根元まで咥えた遥香はここでもエクボが出来ていた。

どうやら俺はエクボに弱いらしい。遥香がとても愛おしく感じ、俺は軽く遥香の頭に片手を乗せて、髪の毛を撫でた。

愛撫する遥香の姿を下から見上げる映像的な刺激とともに、尖端に与えられる柔らかい唇と舌の感触で、これ以上ないほどに勃起していた。

フェラで興奮した俺は、遥香を押し倒すようにベッドに寝かせ、遥香の足の間に腰を割って入った。遥香のあそこは、さっきからずっと濡れている。

そして、挿入しようとしたその瞬間、遥香が言った。
「いつか七尾とは、エッチすることになると思ってたよ、、、」

思いがけない言葉を聞いて、俺は遥香がとても愛おしく思えた。

俺「入れるぞ?」
遥香「、、、うんっ」

遥香の濡れた秘部にあてがい、一気に腰を進める。その瞬間、「あぁぁっ・・・っっぅ」 と遥香は 声を漏らしながら、顎を突き出し、目を閉じた。

溢れる愛液と狭い内壁を掻き分けながら、奥に進む。
すぐさま奥に到達し、尖端が奥に触れると遥香の背中がのけぞる。

「んんぁ!・・・んんっ」

中は浅く、俺のモノに対して奥行きが足りていない。8割くらいしか完全に入らなかった。俺は遥香にキスをしながらゆっくりと腰を振りはじめる。

突く度にズンズンッと奥に当たり、遥香は身をよじらせ、「んんふぅ、、、んんぁ、、んふぅっ、、」と重ねた口の間から、吐息と声を漏らす。

腰を動かすのに合わせて、遥香の胸は大きく揺れる。
少しかすれた喘ぎ声が耳を刺激する。

「なな、お、、の、、、おっき、、ぃっ!」 と遥香がささやく。

俺自身のモノが特別大きいかどうかはよく分からないが、そう言われると、気持ちが高ぶり、どうしても動きは激しさを増してしまった。

バックでは、また伝わる感触が異なり、最初はゆっくりと、いろいろな角度で出し入れをして、その感触を味わった。

ゆっくりの出し入れは遥香も気に入ったようで、

「んぁ、、、なんか、、、なな、おの動き、、、やらし、、ぃよ。。」 と言いながら、俺の下腹部がビッショリになるほど愛液をさらに溢れさせた。

遥香のお尻を掴みながらリズムよく突いていると、あることに気付く。突いていた反動で最初はわからなかったが、遥香自ら腰を動かしていた。
(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.