H体験談。。AKB48高橋みなみ似の女の子 続編

ここでは、「H体験談。。AKB48高橋みなみ似の女の子 続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
KARAギュリ似の女の子
眞鍋かをり似の女の子
AKB48高橋みなみ似の女の子

舌が絡み合い、服の中に手が入って行き、ブラのホックを外し、服をまくり上げた状態で抱きしめあいながら口を吸いあう。

徐々に口を首筋へ移し、乳房を味わい、そのまま下りていき、ズボンとパンツはスルリと脱げていき、細く処理されたヘアが見えた。

ヘアの間から溢れ出す液が、薄暗い光を集めて艶やかに光っていた。自分のズボンとパンツを脱ぎながら徐々に口を目指して上って行き、キスしながら挿入していた。

いつもは「いれるよ」みたいな言動するんですが、自分でも気付いたら入ってたって感じで初めての感覚でした。

股間よりもキスに集中してたと言うか、その時の感じは何とも説明がつかない感じ。押したときのスンナリ感と引いた時の吸い付き感は今までに感じたことのないもの。

そのまま正常位で絡んでたみたいなのですがどのくらい絡んでいたのかもわからない位くっついて腰振ってました。

気付くとお互い汗だらけで、イキそうになって抜く瞬間の「ブシャ!」という音が耳に残ってます。

そのままお互いに寝てしまった様で、朝起きたらみなみのおなかとアンダーヘアがカピカピになってました(笑)

お尻の下も冷たくなっていて、見ると大きなしみができてました。
多分「ブシャ!」という音はみなみが潮を噴いた音だったのでしょう。

みなみはそれを見て顔を真っ赤にして「すいません」と謝ってきた。窓からカーテン越しに入る外の光で昨日(今日か?)はわからなかった肌の白さが見えた。

真っ白なCカップ程のふくらみの先に薄いピンクの突起がツンと上をむいている。俺が見てることに気付いたのか急いで手で胸を隠す。

「ごめん、あまりにも綺麗だったから」と言うと耳が真っ赤になった。

その時携帯電話が鳴り、それを取りに行くとメールの着信だった。
雑貨ショップからの定期メールだったが、携帯の時計を見ると9時だった。

「車どうする?俺の知り合いの店に取りに行ってもらってもいい?」と聞くと一度こっちを見て急いで下を向きながら「はい、お願いします」と小さな声で答えた。

!・・・あっ!さっきみなみの裸を見てそそり立ったモノが丸見えだった。
急いで布団に入り店に電話。10時過ぎならOKとの事。

電話中みなみに体を寄せ、裸同士の温もりを感じてみる。10時半に車を取りに行くことにする。シャワーを浴びようと言うことで風呂場へ。

お互いに恥かしさはあるものの洗いあう。俺のち○こが興奮し、ビクンビクンしてるのを見て、何も言わず座り込み咥えてきた。

「こらこらこら」と言いながらやめさせようとするが両手で俺の尻を掴みち○こに吸い付いてくる。俺も座り込むと、口からち○こが抜け顔と顔が向かい合う格好になった。

「だって辛そうです」と言うので、
「一緒に気持ち良くならないんなら意味ないよ」と言う。

二人で立ち上がり、再び洗いっこ。
洗いながらみなみの股に手をすべりこませ動かしてみる。

クネクネと体をよじらせ「やぁ・・・ん」と言う。
泡を流し合い再びま○こに手をやると・・・ヌルヌルが溢れ出してくる。

みなみの肩をつかんで浴槽の方を向かせると手を付き、お尻を突き出すような形に・・・。ま○こにち○こを当てがい、ぬるぅ~っと挿入する。

挿入した途端俺のち○こにフィットしてくるかのように締まる。
きつすぎず・・・緩すぎず・・・・・。

後ろからズンズン突いていくと締まったり緩んだり緩急つけてくる。
とても気持ちよく、すぐにイってしまう様な感じなので強くストロークする。

「ん・・・あっ・・・ん・・・ん・・・」 声が漏れてくる。
「出すよ」と言うと、「はい・・・」と返事が返ってきて。

抜いて背中に放出したと同時に二人とも膝から力が抜け、危うく風呂場で怪我するところだった。

座り込んだまま顔を合わせ、二人でクスッと笑い、その後体を洗いあって部屋に戻り、着替えをして車の所へ向かった。

その車中、彼氏と別れることに決めたと言っていた。

そして車を取りに来た店員に「名前は?」とみなみの名前を聞かれ、初めてお互い名乗りあっていないことに気付き二人で笑ってしまった。

店員に「何がおかしいの」と言われ、みなみが店員に名前を名乗り、店まで車を運ぶ間(俺の車に乗ってキャリアカー後追い)お互いの自己紹介。

「襲われちゃうから、名前も知らない人について行っちゃだめだよ」と言い笑う。アドレスを交換する。

後日メールが来て「車ダメみたいです」と言っていた。
オイル交換をしていなかったためエンジンがダメになってしまったとのこと。

その後某携帯ショップ店員であることを聞き「お店に来てください」と言うのでみなみの勤務日に行く。お礼とのことで包装紙につつまれた箱をもらう。

家に帰って開けてみると?pad2が入ってました。お礼にしてはもらいすぎだよとメールすると「私の気持ちだからもらってください」と。

相談事や他愛もない会話などメール継続中です。
久々に「キアヌリーブスに似てますよね」と言われました。

メールのところどころに「あんなに気持ちいいエッチ初めてでした」などの文があるのでまた機会があればするかもしれません。

人生で一番体の相性の良い子だと思いました。(投稿者 和製キアヌ)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.