H体験談。。奈々子と肥後ずいき

ここでは、「H体験談。。奈々子と肥後ずいき」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

投稿者Shyrock

皆さんは「肥後ずいき」と言うものをご存知でしょうか?

熊本の特産物で、細川藩が徳川将軍家への献上品に定め、参勤交代のお土産として持参したと文献に残っています。

これはお湯、又は水に浸すと柔らかくなり、大人のための手工芸品(おもちゃ)として大変重宝がられたと聞きます。

数年前、当時の彼女奈々子(24)と阿蘇山に遊びに行った時のこと。阿蘇山の散策も終り、ホテルに戻ろうとしたが、途中ぶらりと土産物屋を覗いてみました。

店頭には、チーズケーキ、牛乳ケーキ、ふんわりブッセ、ハニーミルク等が並んでいました。

その時でした。棚に何かエッチぽい雰囲気が漂うパッケージと見慣れない形のモノを見つけのは。

直径3cmくらいだったでしょうか。リングの形になった縄状の小さなモノが売っていました。

漂う雰囲気からすぐに「大人のオモチャ関連かな?」と察しはつきましたが、使用法は具体的には判りませんでした。

多少の照れはありましたが、店のおばさんに単刀直入に聞くことにしました。おばさんは、僕の顔よりも横にいた彼女の顔をニヤニヤと眺めながら、ずばり答えてくれました。

勃起した状態のポールに嵌めて、そのまま挿入すると、女性は恐ろしいほどによがり狂うらしいのです。はっきりはいいませんでしたが、遠回しにそのようなことを教えてくれました。

でも、僕は興味はありましたが、買おうとは思いませんでした。道具を使わないで女性をイカせたい・・・という男のプライドみたいなものがあったように記憶しています。

しかし奈々子は意外なことに「これ面白そう~!」と言いだしました。
その一言で結論が出ました。結局、購入することに決まったのです。(笑)

その夜、大浴場から戻ったふたりは部屋の窓際にある籐の椅子に腰掛け向かい合せで寛いでいました。奈々子は顔にクリームを塗っていました。

僕は煙草を燻(くゆ)らしていました。
和室でしたので、すぐ横には布団が2枚並べて敷かれていました。

この淫靡な雰囲気…迫り来る官能の予感…
浴衣の紐を解く愉しみ…

僕は奈々子を眺めながら、その後のエロチックなサクセスストーリーまで描いていました。

奈々子の肌の手入れが終わった後、当然のごとく、ふたりは布団の中でもつれ合いました。執拗に愛撫を繰返すうち、いつしか浴衣も乱れてしまった奈々子。

白いショーツが眩しく僕の眼に飛び込んできました。クロッチの上から、擦る、押す、撫でる、舐める…奈々子を濡らすために多くの時間は要しませんでした。

ショーツを脱がせて、さらにしつこく愛撫を繰返しました。
奈々子から「早く入れて…」と言わせたかったので、たっぷりと焦らせました。

まもなく1つになる時間がやって来ました。
初めて使う『肥後ずいき』・・・僕はドキドキでした。

奈々子も期待に目を輝かせていたように思います。先に目を通しておいた説明書どおり、哮り立った僕のいちぶつに『肥後ずいき』を嵌めました。

こんな物が本当に女性が泣くほどよがらせることができるのだろうか。
僕は訝しげに思いましたが、そっと装着しました。

そして奈々子の濡れた谷間奥深くに挿入しピストンを繰り返しました。
最初はいつもの奈々子とそれほど変わりませんでした。

ところが1分ほどピストンを繰返した頃、効果がてき面に現われて来ました。
奈々子の悶え方がいつもと違うのです。

いつもは蚊の鳴くような小声がプロローグの彼女が、最初から激しく声を荒げ悶え始めたのです。

「あっ、あっ、あっ、あああ~っ!効く~!これ効くよ~!もう、堪らないよ~!あああんっ!!」

顔が見る見るうちに赤み掛かり、シーツを掻き毟り始めました。そして座位で攻めた時、奈々子は僕の背で爪を立てたので、思わず「いてっ!」と叫んでしまいました。

こんなに序盤からよがり狂う奈々子というはとても珍しかったのです。そんなに効くのか?どう良いのか?男には全く分かりません。

何故か羨ましくさえ思いました。
大事なところに山芋を塗られて、泣き叫ぶ女性のように痒いのでしょうか。

彼女にもう少し聞いておけば良かったと思いましたが、今はそれも叶いません。
ただあそこがジュワ~と熱くなってきた言っていたように記憶しています。

翌日同じ土産物屋で更に1箱買い足したことは言うまでもないでしょう(笑)

もし読者の皆様で、使用された経験がおありの女性の方がいらっしゃったら、ぜひとも私Shy宛て感想を聞かせてくださいね。

<追記>
肥後ずいき…
実はもうひとつ効果があります。

理由は知りませんが、男性に持続力を与えらしいのです。
これも当時を思い起こせば、当たっているように思います。

また、リング状のずいき以外に、女性専用のずいきもあるようです。
これは、女性が挿入しやすい格好になっています。

画像とかが無いのでお見せできないのが残念ですが、熊本の阿蘇山に行かれる機会があれば、ぜひともご覧になってください。

え?買ってみるって?それが最も良い方法かも知れないですね(笑)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.