H体験談。。保険会社の女の子 合コン 続続編

ここでは、「H体験談。。保険会社の女の子 合コン 続続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
保険会社の女の子 深キョン編
保険会社の女の子 上戸彩編
保険会社の女の子 喧嘩編
保険会社の女の子 説教SEX編
保険会社の女の子 説教SEX 続編
保険会社の女の子 合コン編
保険会社の女の子 合コン 続編

彩はそう言って近くにあったラブホを指差していた。
俺「マジか?俺…戻んないと…彩だって朝早いんだろ?」 
彩「お願い……」 

はぁ…戻ってすぐに紗季を口説きたかった…この誘いは断れなかった。ホテルに入ろうとした時、男Aから電話が来た。

男A「あ、もしもし?彩ちゃん電車乗れた?次の店○○になったから。早く来てな」といった感じだった。 

ホテルの部屋に入ると、彩がさっそく身体を求めてきたが、とりあえずすぐシャワーを二人で浴びる事にした。身体だけ簡単に流して、俺は彩を急かすようにした。(もういいや、ここでやろう…) 

洗面台の前で、お互いで身体を拭きあうと、俺は彩にキスをした。彩の身体を優しくさすって、立ったまま愛撫しながら手マンを開始した。 

「あ、いぃ、あんっ!あんっ!あぁ、あっ!あ!ああぁんっ!!も!もうっ、ら、らめぇ~イキそうだから…交代交代~代わって」 

今度は彩が俺の首筋から下半身を愛撫してフェラをはじめた。先程したギャル曽根との時より、断然勃起している俺のチ○コを彩は美味しそうに舐めまわしていた。

(気持ちいい…やはり彩は上手い…) 
彩はチ○コを手でシゴキながら、アナルも舐めてくれる女だった。

(よし、そろそろ入れるか…) 
「彩、じゃあ入れるよ。そこに両手を…」 

マ○コの位置を確認してゆっくりと挿入していくと 
「あああっ!!!!あぁぁんっ!」 

(おお~先程のギャル曽根と比べるとかなり良い絞まりだぁ~!) 
彩の美乳を揉みながらピストン開始! 

なかなか俺がイカないでいると、「ねぇ、ねぇ!俺男ぉ!も、もう出して!中で出して中で出してぇ~あぁ!あぁっん!ダっダメいっ、イっちゃう~いっちゃうよ~!!!!…………ハァハァハァ………」 

俺がまだ射精せず勃起したチ○コをゆっくりだすと、彩はグッタリと膝を落とした。
 
彩「あ、相変わらず俺をのチ○コって凄いね」 
俺「いやいや、彩のマ○コも凄いよ、相性が良いんだね」 

彩「でも、ゴメン…いってないでしょ?」 
俺「いや、酒飲みすぎたからだよ…彩じゃなかったら、勃起さえしてないと思うよ(バックではイキにくいんだよなぁ~)」 

俺「彩、ベッドいこっ」彩「コクリっ…」
彩がベッドに横になると俺は着替えを始めた。 

「えっ?何でぇ?」と彩が言うので、「これ以上は駄目だよ、彩は朝早いだろ、俺も友達の顔を立てないといけないから、戻らないと不味い…分かるだろ?」
 
俺はそう言って彩の頬を触り毛布を被せた。 
「さ、寂しいなぁ……でも、しょうがないね」 

「一人で帰れるだろ?始発くらいで帰れば間に合う?」 
「うん、見つかったら恥ずかしいけど…」 

「頑張って起きてな、あ、起きないで…そのままでいいよ」 
「わかった。お土産買ってくるから、また週末家に行ってもいい?」 

「ああ、いいよ。じゃあ、行くわ…」 
彩をホテルに一人で残すのは心苦しかったが、俺は一人で部屋をでた。

ホテルから出たは良いが、さすがに身体がだるくなってきていた。一人夜空を見ながら一服してから、目指すは某居酒屋チェーン店。 

(さて、皆と一旦別れてから…?おっ?まだ一時間くらいだ!これなら誤魔化せるだろう)そんな事を考えながら歩いているとお店に着いた。 

店に入ると店員さんに、男Aの名前を出せば部屋に案内されると事だったので、「男Aと一緒なんだけど…」と店員さんに伝えるとスムーズに部屋の前まで案内された。その部屋は個室でカラオケつきだった。

中に入ると「おせーよ~!何やってたんだ!」などと言われたので、「だからぁ~終電間に合わなかったって言ったろ男A?タクシーで帰らす事になったんだけど、なかなか拾えなかったんだよ!」少し逆切れ気味にこう言った。

「あっ?そうか。まぁいいや、で、何飲むんだよ?」「ビールでいいよビール…で、あっ?ん男C?寝てんのか」そう言って部屋の中を見わたすと席の並びは 

    男A 曽根 紗季    
入り口 ===========カラオケテレビ 
    男C爆睡中 男B 夏希 
 
となっていた。俺はどこに座ろうか?席に座る前に「ちょっと曽根ちゃん、大丈夫?」と話しかけると「うん、大丈夫だけど。ホントごめんね」 

「そうか、あっ、そうだ夏樹ちゃん、彩から連絡来た?家に着いたら、心配だから俺に電話しろって言ったんだけど?俺はまだ連絡きてないんだよねぇ」
 
夏希「あぁ、さっき来たよ、家着いたって。で、今日は迷惑かけてゴメンなさいってね」(当り前だ。彩にそうする様に指示したのは、俺だからな…むふふ) 

「なんだ?それふざけてるなぁ~あの女!まっいいけどさ。で、俺どこ座ればいい?」 
「何言ってんの?紗季の隣が空いてるじゃない?」(うん、知ってて言った) 

「あっじゃあそっち行くわ」 
「ほら、飲み物来たよ。じゃあもう一回かんぱ~い。」

紗季の隣に座り、少し俺が緊張していると「大丈夫だった?何もなかった?遅かったね?」と紗季が俺に小声で聞いてきた。 

「うん、無事タクシー乗せたから…タクシー拾うのはてこずったけどね。これでも、紗希ちゃんと話したいから急いで戻ってきたんだぜ?」(うん、嘘はついてない)
 
「うそ~ホント?」と紗季は何とも癒される笑顔で言った。 

「ほらほら、そこ!イチャついてないで俺男君は歌を歌いなさい」と夏希が言う。夏希は酔っ払っていた。というより皆既に出来あがっていた。 

俺「いいよ~歌なんて…俺は紗希ちゃんとお話がしたい」 
紗季「ホントに~!?でも私も俺男君の歌聞きたい」 

夏希「は~い。じゃあコレ!俺男君歌って」 
俺「えぇ~わかったよ……」
(馬鹿め…俺は歌超上手いんだぞ?惚れてもしたないぞ)というわけで歌った。 

「ちょ!超上手いんだけど!!!しかも超○○に声も似てる」 
(当り前だ。カラオケは俺の必殺の武器の中の一つだからな) 

歌い終わると、雌たちの俺を見る目が皆かわっていた。目がハートマークってやつだ。俺としては、当り前の事でそのくらいの自信があった。男Aも男Bもその事はよく知っている。 

男A「やっぱなぁ~俺男に歌わせちゃ駄目だってぇ。こいつ、歌声だけで何人も女を喰ってるんだから~」 嬉しい事&余計な事言うなといった感じだったが、こうなるとやはり凄く気分が良い。 

「男A!紗希ちゃんの前で余計事言うな!嘘だからね紗希ちゃん?」 
夏希「いやいや、これは俺男君、もてるわ…?」 

紗季「私もそう思う…?」 
ギャル曽根は男Aとなんか良い感じになって話していた。 

夏希「ねぇ~俺男君ってどういう女が好みなの?」 
男B「ちょ?夏希ちゃん!?」 
夏希が俺に喰いついてしまった…別にかまわないが… 

「ちょ、駄目だよ!俺男君は私のっ!」
紗季が俺の腕に組みついてきた!しかも胸が当ってる。感動… (次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.