H体験告白。。セックスって言うと興奮

ここでは、「H体験告白。。セックスって言うと興奮」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

関東/♀/23歳/159・48 相武紗季

相手 関東/♂/27歳/175・60 国分太一似・写メは自慢の愛車

いわゆるイケメン風な書き込みしてる人を、どんだけ~?なのか確認してみたくなった。わりと段階踏んでメル友的なやりとりして、お互い休みの週末に面接。

ほぼエロ系なしで、普通に出会い系っぽいメル内容なので、即ヤリとか無いかも?してもいいけど、面接重視だからなくてもいい。でも可愛い下着着用、むだ毛の処理はパーペキで出陣。

車で迎えに来てくれるって言うから待つ。携帯で細かい道誘導しつつ、着いたらしいので家をでる。純粋?な面接は経験少ないからwktk緊張><

停まってる車&横に立ってる人発見(・∀・)…
笑顔でお互い目配せしつつも、遠くからみる全体像にポカン。。。

オシャレセンス…ないorz… 服に無頓着とかじゃなくて小綺麗に気を使っているのは伝わるけど、なんというか・・・。しかし顔は本当に国分太一!国分自体イケメンかどうか微妙だろうが私は好きw 

怯む思いは表面に出さない鉄壁の外面の持ち主なんで、愛想よく挨拶した後、助手席開けて頂いてとりあえず車内へ。デカイよ、左ハンドル、アメ車ktkr! 

しかし車に興味も知識もゼロの私は「かっこいいね」としか言えない。シボレーナンチャラカンチャラのナントカカントカでアメ車ダイスキデ前ノ車ハ…って車トークしてるけどほぼ左から右へ受け流してた。

っていうか太一くん、めちゃくちゃマシンガントーク。
なんというかANNでも聞いてる気分…

なんかに似てるなぁってうわの空で行き着いた結果、DJOZMAのテンポのいいトークっぷりにそっくりw 顔もチラ見して観察。笑うと笑顔がかわいい。

イケメンとは言い難いが、モテル人生歩んできたのは想像できる。雰囲気イケメン?面白いし愛嬌あるし国分風味だし、自信ある書き込みもまぁ…許せるかも。ださいけど。夕方に待ち合わせたので、ご飯でも食べに行こうって展開。

「すんごいオシャレで雰囲気いい店でさ、絶対に落としたい女の子とかいる時はそこつかうんだ。あの店行ったら今までほぼ100%のかなりの高確率だよ」てん…ねん…(;´д`)?本当にそう言ってたw 思わず吹いてしまったww

「それ私に行ったらダメじゃんw」
「なんで?すごい良い店だよ。今日絶対そこ連れて行こうと思ってたんだ~」

なんつーか…
母性本能くすぐられまくりでこの時点で結構国分に好意を抱いてきたw

「え~でも太一君が今までいろんな女の子と行ってきたお店ちょっとやだな」
ってキモイ発言してみたら

「あっ!そかそか。じゃあさ、もうひとつの所は彼女としか行かなくてさ、気さくな感じで落ち着けてなんかアメリカンチックなつくりで(ry」

かの…じょ…(;´д`)?なんか天然なのか私の事対象外なのかよくわかんなくなってきた/(^o^)\ とりあえずつっこまず、お店へ到着。てきとーに注文して、会話を楽しむ。

「相武でよかった^^」とか色々ストレートに言ってきてくれるから対象外ではなさそう。。「さっきさ、彼女いるって言ったよね?」って聞いてみたら、「えっ!?言ったっけ?(←マジで無意識だったらしい)

「そっか…実は彼女いるんだよ。(じつはじゃないw)でも相武が付き合ってくれるっていうなら別れる」 展開はやっ(;´д`)

いやいや、別に彼女がいてもいいし付き合うとかそんなつもりはないし…
「今日会ったばかりじゃん…」
「でもメールしてたし、なんか好きになってるっぽいんだよね」単細胞キタ━!

国分「俺と会ってどう思った?」
「いや、嫌じゃないけど…付き合うとかはよくわかんないし。。」

「ならよかった^^(←なにがw?前半しか聞いてないな…)」
その後は彼女の恋愛相談とかに突入。

今別れたくて気持ちは醒めてるとか、だからサイトやるとか…
話し込んでるうちにいい時間になったから店をでて車に乗り込む。

国分「どうする?俺んちすぐ近くだけど親とか一階にいるから嫌だったらホテルでいいよ^^」 …すごい、計算なしの天然ってすごい…(´Д`;)しかし、嫌じゃないw

なんか表裏のない無邪気なバカ犬っぽい天然の男の人ってすごいタイプなんですw 「じゃあホテルがいいな^^」つられて深く考えないふりで即答してLHへIN。

とりあえずソファに座ってくつろぐと、太一君が真横座りになってまじまじと私を見つめる。「ほんとに…ほんとに俺相武としていいの?」なにを今更(;´д`)

「え、うんw私も太一君としたいよ…」
「なにを?」「えっ?なんでw エッチでしょw」

「エッチじゃなくて、別の言い方して」「えぇっ?なぁにw?セックス?」
ここで国分笑顔で超喜び抱きついてくる

「そうセックス。相武とセックスしたいw」「わたしも…」
「言って」「え?太一君とセックスしたい…」

「はぁぁぁ、セックスって言葉興奮する!」
なんでーーー(;´д`)??変な人だなぁっ

そのまま興奮してキス。さっき車内でもフレンチはしたけど、これはもう次への衝動が止まらないキス。「ハァ…あっちいこ…」って抱きかかえられて姫ダッコでベッドにドスン。もうここからはめくるめくセックス。ノーマルだけど、国分あえぐあえぐw

首筋舐めてあげただけでも「ハァァァンッ」て…
乳首舐めたら「アッ、アッ、フゥゥン」 かわいい(*´Д`)

ここまで反応いい男の人初めて。でもさすがにフェラ中のあえぎっぷりは、可愛い通り越して何回も吹きそうになった…

『だめ、、ここで爆笑したら絶対に傷付く…』
って笑い堪えながら別の事考えながら必死で手と口動かしてた。

男が逝くの我慢するときってこんな心境かな…?とか思いつつ、口真空にして舌でカリと裏を高速ローリングしてたら反応がピークをむかえてるw

ここだ(・∀・)!と畳み掛けたら 「ハッハッ、アァァウン!でちゃう、愛撫でちゃうよ?アッアッハァァアン…ウッ、ウッ」って豪快にあえいで喉の奥にドピュしてくれた。可愛かったからゴクゴク飲み干してお掃除してあげる。

「天国に行ったかと思った…」可愛いい事いうなぁ~(*´Д`)ハァハァ
「えぇぇ?飲んじゃったの?うわぁ初めて…」
やったwごっくん童貞いただき(・∀・)

「そもそも俺フェラじゃそんなにいかないし…」
ぎゅぅぅって抱き締められながらディープキス。

「相武って前の仕事なにしてたの?」あきらかになにか疑ってますw ちょっとイチャイチャしながらお喋りして小休止してたら、あっという間にぼっきちんこ再び。

今度はとばかりに攻められるけど、国分なぜか後ろの穴に指いれようとするから集中できない。キレ痔派の私的にはアナル大嫌い!

アナル阻止に気をとられて逝けそうもないから「もうだめぇ…太一君のいれてぇ」ってことでナメナメしつつゴム被せてインサート。標準ちんこだけど入れられるとやっぱり気持ちぃぃ(*´Д`)

「ハァ、アッ、あ~すごい気持ちいい…」
「ンッ、太一くっ、私も…気持ちぃぃよぉ…」

「いっぱいしていい?セックス何回もしていい?」
「うん、いっぱいしてぇ」

「愛撫、、せっくすって言って…」はっ…Σ(゚д゚)またきたこれ…
「う、うんセックス。太一君セックスいっぱいしてぇ」

「ほんとに?何回も何回もしていい?愛撫とセックス何回も?」
「太一君とセックス何回もしたい~…」

国分興奮度MAXになってラストスパートで発射!
いや、しかし『せっくす』ってやりながら口に出すと案外興奮する…w

私は逝かなかったけどなかなか良かった(*´Д`)
太一君はセックスって女の子が口に出すと興奮するんだってさー。

一種のフェチ?そのあと必ずやりながら、せっくすせっくす言って後二回して寝ちゃう。。翌朝、国分衝撃の発言。

「寝てる時さ、相武何しても起きないからクンニしちゃったよ」
はぁぁぁ!?勝手に寝てる時いたずらすんな(`ω´)

「でもちょっとあえいでたよ」 覚えてないし…
「相武ビラビラちっちゃいね」 なんなんだよこいつ…

その後、朝御飯食べにファミレス行った時とか「いま案内した店員さん俺達のことうらやましそうにみてたよw相武嫉妬されてんじゃない?」とか数々の痛い言動&行動があるから放流の方向で。

天然バカだから可愛いい事は可愛いんだけど…
裏表がないし、思った事すぐ隠さず口にだすから分かりやすいし…

でも自宅に電話かけてきたり、突然家にきたり、相手の気持ちを考える力が欠如しすぎなので彼女から奪ってまでお付き合いする相手ではないかと。。

セックスもやたら脇とか足の裏とか恥ずかしい部分に執着する傾向があるのでこれも合わなかったかなぁ~…。少し好きになりかけたけど残念!でも色々な所連れて行ってくれて結構楽しかったよ☆
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.