H体験談。。同僚とHした話

ここでは、「H体験談。。同僚とHした話 」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

同僚とHをした話
今から5年前長期出張ということで関西人の俺が東京出張。

大手上場企業のプログラム開発で働いたんだ。
そこはいくつもの企業が各業務を分担して開発を行っていた。

俺たちのグループは大阪出身者が10人余りいて、元々大阪で仕事をしていたんだが、6年前に東京で仕事をすることになった。

俺たちのグループは関西弁で大きな声を出していたので、目立っていたんだろう。喫煙ルームで他の会社の人と仲良くなっていた。

その中である女の子と仲良くなった。

彼女のスペックは以下
顔 ⇒ 中の上
胸 ⇒ ボン Gカップ(自称)
腰 ⇒ キュッ
尻 ⇒ キュッ
身長⇒ 155くらい
体重⇒ ??? 細身
目が大きく黒目がち、美人というよりかわいらしい
彼氏あり ただ最近はうまくいってないらしい

建物の複数のフロアを貸しきっている事務所。彼女とは別のフロアではあったが、彼女は書類の持ち運びなどでこちらにもよく来る。

最初は喫煙所であった時くらいしか話さなかったが、何度か会う内に書類を持ってくるついでにキャンディーやらガムやらを持ってきて、話しかけてくれていた。

ちなみに俺は地元に結婚を約束した彼女あり。
しかし最近ご無沙汰な俺の息子はピンクな予感でいっぱいだった。

ある日彼女が休んだ。そんな日は仕事に力が入らない。
ってことで腹痛を訴えサボってパチに行った。

当時は4号機全盛期! 大勝ちして帰ろうとすると、どこかで見たことのある女が一人スタバの窓際に座っている!!! 悩んだが、声をかけるため店に入った。

どうやら彼氏に別れ話をされたようだ。
泣きそうな彼女を見てるとかわいそうになってきた。

大人な俺の感情とは別に俺の息子のピンクレーダがビンビンに反応する。エロい男の性が悲しい・・・

とりあえず外も暗くなってきたし、腹も減った。ってことで、飲み屋へGO! 普通の会話の中からエロ方面へもって行きたいが雰囲気的に無理!

駅まで送って行き、その日は終了。帰り間際に「明日は仕事に出ろよ。結構会えるの楽しみにして仕事してるからな」と慰めた。

次の日彼女は笑顔で出社。よかった×2
いつものように彼女が書類を持ってきて飴をくれた。小さな手紙と一緒に。

その手紙には「ありがとうございました。あの後彼氏と別れることにしました。」と。次の瞬間すでに俺は席を立っていた。そして彼女を追いかけた。

追いついたのは、フロア間の階段。
忘れていたが、フロアと階段にはドアがある。

結構重いドアで開ける瞬間の音は大きく、人が通れるまでには2秒はかかる。
彼女は上のフロアに向かっていた。

追いついた俺は「大丈夫か?手紙見た。また飲みに行くか?」と声をかけた瞬間、彼女は泣き出した。数秒何もできなかったが、体が自然に彼女を抱きしめた。

「大丈夫だよ。○○はすんげ~いい子だから自信持てよ。男に見る目がないだけや」と言ったら、さらに泣き出した。。。

そして彼女の口から衝撃の一言。
「私○○さんの事が好きになったんです。」 (○○は俺ね)

なんとなく知ってはいたが、まさか本気とは。後々聞くと彼氏に別れ話をされたのは、好きな人ができたと言ったかららしい。。。

まさか俺が原因とは。。。
「奥さんがいるのは知っています。けど、どうしようもないんです」

(同僚たちの会話で「婚約している彼女」を「嫁」「新妻」「奥さん」と呼んでいた。彼女との会話で嫁の話をしていないから勘違いしていた)

うっは~。理性飛びました~! 条件反射的にキスしちゃいました。
ここから展開が早い! 舌を絡めてきたのは彼女から。

うっうまい。 完全に俺のピンクレーダは振り切れてる。。。
ってかここ会社やん!!! どうする俺?どうする息子よ!!!

すると下の階のドアが開く音が聞こえた。
俺と彼女は無言で上の階に上がった。一番上まで来た。

最上階のフロアは会議室ばかりのフロア。
ただ階段はもう一階分ある。屋上への階段。ただ屋上のドアは開かない。

今二人がいるのは屋上のドアの前の踊り場。
下の階から上がってきた人は別のフロアのドアを開けた。階段に静寂が・・・。

そして彼女を見ると、彼女は既に俺を見ていた。
彼女の目を見るだけでこの後の展開は見えていた。

彼女の身体にむしゃぶりついた。服を上げると見た目以上のボリュームの胸とくびれ。峰不二子とは言わないが、思わず不二子と呼びそうになったよ。

パンツを脱がせ、地味なパンティの上から愛撫すると既に洪水・・・。
彼女も期待してた!?

しかし、忘れていた!ゴム持ってねぇ!!! どうする俺?どうする息子!!!

彼女は受身だった。床が固いので辛かっただろう。
彼女もゴムがないことに気付いた。だが、彼女の目がすべてを許していた。

そしてついに・・・
やっちゃった。同僚とHしちゃった。

最後は中出しせず、お腹に出した。
彼女は「ありがとう」と言い俺は「ごめん」と言った。

彼女は軽くキスをして「仕事に戻るね」と。。。
俺も仕事に戻った。

次の日彼女はまた手紙を持ってきた。
「気持ちよかった。奥さんには悪いけど、こっちにいる間は彼女にしてね」

俺は手紙を用意した。
「分かった。喜んで彼氏になるよ。デートとかできないかもしれないけどね笑」

次に書類を持ってきた彼女にその手紙を渡した。。。
数分後、彼女は書類を持たずにこちらのフロアに来た。んで、俺に耳打ち。

「昨日の場所に10分後」
んで、彼女出ていっちゃった。

言葉の意味は分かる。5分後に俺は隣のコンビニでゴムを購入。
10分後にはあの場所へ。

そしてゴム付でH。Hの後、彼女はデートはしたいけど、こういう関係もありかもってことで社内限定セフレGETとなった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.