H体験告白。。主人の友達にバックでされました

ここでは、「H体験告白。。主人の友達にバックでされました」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

新婚2ヶ月で今は子作りに励んでます。
主人は1週間溜めて週末に愛し合います。

そんななか、先週の週末に主人の友達が遊びに来て、お酒を飲み 泊まっていくことになりました。

主人の友達(Rさん)は身体が大きくラグビー選手だったそうで、小柄な主人とは全く違いました。

Rさんは「眠くなった」といい「寝させてもらうわ」と小さなアパートの2つしかない部屋の一つに寝てもらいました。

その隣は私たちの寝室で、洗い物を済ませ、主人が「イビキをかいて寝てるから、これからしような」と言われ ベットに布団に入りました。

いつも正常位の静かなエッチなんで、私が声を出さなければばれないと思ってました。

でも隣にRさんがいるということで二人とも変な興奮があり、主人は「もうダメだ」といい、私は「もっとして」と週一しかしてないのでお願いしましたが、一週間溜めた主人はそのまま射精しました。

私はすぐに終わり股間がまだムズムズで、「もう無理?」と聞いちゃいました。

「ゴメン 風呂に行くわ」と主人がいなくなり、私はムズムズのまま寝てしまいました。ふと重さに目が覚めると同時に、アソコに凄い快感を感じました。

すぐにRさんとわかり「何してるんですか?」と言いましたが、「エッチしてるのが聞こえて 興奮しちゃって
トイレを借りようと思ったら私が裸で寝てたみたいで、しばらく見てたんだけど我慢できなくなった」と言ってました。

「お願い 全部入れさせてくれたら やめるから」と言われ、「出さないでね」といってしまい、根元まで入れられアレの大きなことに気づきました。

呼吸ができないほどでアソコいっぱいになり、奥に当たると ウッとなりました。

「凄く気持ち良いよ」と言われましたが 返事も出来ないほどの気持ちよさでRさんがありがとうと ゆっくり抜きだすと、アソコの中を何かがえぐってるような快感で声が出ちゃいました。

最後に私の入り口で止まると小刻みにRさんが動くと、「私はだめ おしっこでちゃいそう」と言うと

「ごめんね」とRさんは全部ぬくとき、ちらっと見えたRさんのアソコは頭のエラの張った大きなモノでした。

主人が戻ってきて 私がお風呂に行き、戻ると主人は寝てましたが、起こして「もう一回して」と言うと「明日 ゴルフだから」と言われ 

「してくれないと浮気しちゃうよ」と言うと主人は怒り出し、「勝手にしろよ 寝る」と寝てしまいました。

早朝主人を起こし ゴルフへ送り出すとき、「Rが起きたら飯でも食わせてやってくれ」と言われ見送りました。

少ししてRさんが起きてくると、「昨日はごめんね 本当にひどいことしちゃったね」と謝ってきました。

私は「聞こえちゃってたの?」と聞くと、「もっとしてって聞こえた」と笑われ、「だってさぁ」と私も笑いました。

「色々あるよね 俺なら 頑張るよ クタクタにするくらいね」と言われ、「アイツ 浮気していいって言ったよね」とそこも聞いてたようで 

「子供が欲しいから週に一回だけにしてるの」と言うと「男は溜めるけど女性は関係ないよね 一人でしないと足りないかもね」と言われ、「主人とした次の日が一番そんなことしちゃうの」といっちゃいました。

今日だと言うとRさんは私を抱き上げ布団に連れて行き、裸にされ愛撫をうけました。

四つん這いにされRさんが服を脱ぐ音が聞こえると、アソコに硬いものが当てられ、またRさんのを飲み込みました。

悲鳴のように声を上げ バックでされました。

2回いかされ さらに激しい腰使いにRさんが「イキそう」というので「出して」といい、中で出されました。結局主人が帰ってくる夕方までRさんとエッチしてました。

また Rさんとしたいなぁ。
主人じゃ物足りなくなっちゃいました。(投稿者 新婚妻)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.