H体験告白。。合コンで出会った歯医者さん 続続編

ここでは、「H体験告白。。合コンで出会った歯医者さん 続続編」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
合コンで出会った歯医者さん
合コンで出会った歯医者さん 続編

私は右耳の後ろから肩にかけての首筋が性感帯で、ヤバいくらいに感じてきちゃって。胸を揉まれて、敏感になった乳首をコリコリされると声が漏れちゃった。

ゆっくりだんだん手が下りてきて、今度は膝の辺りから太ももをじわじわと爪を這わせる感じで強弱をつけながら撫でられたり、脚を開かれ丁寧に舐められて私はハァハァ声が出てたと思う。

それからぐちゃぐちゃに濡れてるアソコの周りを、下から上に舐め上げるように焦らされてから、とうとうアソコの入り口をベロンっと舐められちゃった。

私はビクンっと腰が動いて、その瞬間から気持ち良くてもうガマンできなくて喘ぎ出しちゃったかも。

それでも先生は焦ることなく、丁寧に舌をアソコに入れたりしてきた。
舌はゆっくりクリを舐め、たぶん私のクリ、かなり固く膨らんでたと思うの。

音を立てて吸ったり、甘カミされたり。気持ち良くてとろけちゃいそうだった。そして、クリをクンニしながらアソコに指を入れてきた。

まだ指だけなのに、まるでアレを挿入されたかのように気持ちいい。

すぐに彼は私が感じる場所を探し当て、指を出し入れじゃなくて、気持ちいいポイントだけを指でグリグリされた。

思わず私は悲鳴のような泣きそうな声を漏らしちゃったら「ココ気持ちいいね~ココをどうやって欲しい?」とイタズラっぽく聞いてきて。

私が答えずにうぅ~んっって感じてると、「じゃ止めちゃおっかな~」って一気に指を抜かれちゃって。

もう、して欲しくて仕方ない私は「止めないで~もっと気持ち良くいっぱいグリグリして欲しいの~」って思わずAVみたいに言ってしまったかも。

彼は「マジでかわいいっ」と言って、だんだん早く激しくポイントを責めてきた。もちろん片方の手はクリをぐちゃぐちゃに擦りながら。

私はどんどん頭が真っ白になって、今まで体験したことないような、全身の毛穴が開いたみたいな感じになって、息をするのも忘れるくらいに夢中でのけ反って、泣きながらイッてしまいました。

そしたら訳わからずお漏らししちゃったみたいになって…

恥ずかしくてほんとに泣き出しそうにしてたら、彼が「潮吹いちゃったみたいだね。びっくりした?恥ずかしくないよ、大丈夫」って、ティッシュできれいに拭いてくれたの。そして「ちょっと休もうか」と抱きしめてくれました。

そうしてベッドに横になって、後ろから抱きしめてもらっていると、彼が硬くなったモノを私に押し付けるようにして「俺にもして!」って。

ストレートな言い方がかわいくて、今度は私のお返しの番です。
先生を仰向けに寝かせて、太ももからアレのギリギリの所まで丁寧に舐めた。

さらに薄く毛が生えたおへその下を舐めながら手でアレを上下したり、裏筋をレロレロしてからフェラをしようと、彼のモノをじっと見た。

彼のモノはカリ?亀頭?がやたらごろっとゴツくて太く、全体には柔らかめで長さはちょっと短めだったな。だから、くわえたくても先が太すぎて奥までは口に入らなかったの。

でも、気持ち良くなって欲しくて一生懸命フェラしてた。

そしたら、私にMっ気を感じた先生に「上手いよ~、気持ちいい。彼氏のもこうしてあげてるの?」と言われ、先生の思惑通り?私はさらにねちゃねちゃといやらしくくわえちゃった。

先生は「えっちな娘だね」と言って、今度は私を四つん這いにしてバックで挿れてきた。やっぱり先っちょが太いからか、またもゴリゴリ~っって引っ掛かるようにこすりつけて、私の中をいっぱいに満たした。

それだけでまた全身に鳥肌で、ゆっくり動き出すと本当に気持ちいい。バックで先生はアレが抜けるか抜けないかのギリギリまで出し入れして、片手はクリを擦った。

だんだんアソコの中のヌルヌルが尋常じゃないほどになってきて、先生も奥の方まで突いてきた。

私が気持ち良すぎて怖くなって、自分の体を前に出して抜いたと思う。
今度は正常位でしばらくグリグリされて、次に騎乗位で。

騎乗位は彼の太い先っちょに私のクリが擦れて、全身にビリビリっと電気が走ったみたいで訳分かんないくらいに気持ち良すぎて、私は猛烈に腰を振ってたと思う。

イキそうな寸前で、彼は私の腰を掴み「まだダメだよ」って動きを止めた。

そしてまた正常位で気持ちいい所を突かれて、私の中の状態でイキそうなのを感じるのか、イク寸前で動きを弱めてお預けされた。

体位を変えてはイク寸前にお預け、を3回くり返されたころには、私はもう気が変になりそうで、声にならない声をあげてたように思う。

そしたら「そろそろ限界かな」と彼が言うと、さらに動きが激しくなったけど、耳元ではずっと「まだガマンだよ。いい娘だからもうちょっとガマンしようね~」って言われ続けて、私はうわごとのように「イクっ、イクっ、イクっ」を連発してたはず。

私はとうとう限界を超えて、うう゛~~と狂ったような声をあげたら、

その瞬間彼は本当に本当に優しく、「もうイッていいよ。よくがんばったね。かわいいよ~。ほらイッちゃいな」ってゆっくり深く深く突いてくれました。

ほんの数回突かれただけで、激しくイッてしまい、彼はそれを見届けてから少しして「ヤバい、イクっ」とお腹の上に出しました。もう完全に私は彼の虜でした。

…それから、彼との、恋愛ではないけど愛情いっぱいの不思議な関係が、私が彼氏と結婚するまでの約1年半ほど続くのでした。

他にもまだまだ沢山の先生とのえっちがあるので、そのうち投稿しますね。
(投稿者 ちゅくちゅく)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.