Hな体験告白。。学校帰りにお尻を舐められた

ここでは、「Hな体験告白。。学校帰りにお尻を舐められた」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

私が高校2年の時、高校と言っても定時制だったんだけど。

当時17歳 定時制行ってて朝8時から夕方4時までファミレスでバイトしてた。私は田中麗奈と常盤貴子ににてるって言われてた(若いときは田中麗奈が多かったけど、年取るにつれて常盤貴子が多くなったw)

学校は夕方6時から夜9時までの3時間で4年間。定時制だからクラスには歳が何個かはなれてる人もいた。

不良っぽいのとかヒキとかいじめられてた子とか、高校受験失敗した子とか家庭の事情とかいろんなのがいたかな。

学校が終わって帰り道のことです。いつも私は仲のいい女の子と学校から歩いて15分くらいの駅まで自転車ひきながら歩いて話したりジュース飲んだりしながら、その子の乗る電車が来るのを待って帰ってた。

当時は自販機でお酒とかも買えて、たまに一緒に飲みながら電車まってたりしてた。タバコもタスポなしで買えたしね

定時制だから本当は普段は私服なんだけど、数人の仲いい子達の間でどこからか調達してきた高校の制服を着るのが流行ってて、私も先輩からもらった近くの制服きて通ったりしてた。

そんなある日、制服着ていつものように、友達を駅まで送って電車くるまで待ってたんだけど、その日はどっちかのバイトの給料日で、

「自販機でビール買って飲んじゃおっか?」ってなって二人で1本づつ買って飲んで、電車がきたからバイバイってなって電車を見送って私も帰ろうとしたら、

知らない男の人に「高校生がお酒飲んでいいと思ってるの?」って声かけられました。あ、駅は無人駅。

男の人は20代後半くらいでスーツでメガネ、あとで年齢も名前もわかるんだけどね

「○○高の子だよね?(そこの高校の制服きてたけど関係ない)こんな時間に外出してお酒のんでいいとおもってるの?高校生なのに」みたいなこと言われた。

今ならうまくごまかして逃げれただろうけど、当時は知恵の回らない17歳で、頭の中はひたすらどうしよう、ばれたらやばいってひたすらあせってた。

そこからなんか言われてたけど、ずっとどうしようとか親とか学校に連絡されたらって考えてて、ひたすら「はい」とかしか言えてなかった。で、「とりあえず歩きながら話そう」って言われて、歩いて近くの小学校へ行ったかな。

道中で馬鹿正直に「本当は○の定時制に通ってて昼間はバイトしてるんです」とか「うち父子家庭でバレたりしたら本当にヤバいんです」みたいなこと話しちゃってた。

そして小学校に到着。途中で逃げればいいのに、非常階段みたいなとこで座ってなんか話してたと思う。

「学校に言われたら困るんだよね?黙っててあげるから」
・・・みたいな流れになった

なぜか靴と靴下を脱がされて階段に座らされて太ももを撫で回された。なんか色々話してたと思う。はっきりと内容覚えてないけど私はずっと下むいて耐えてた。

そうしてるうちに、その男の人(Tさんとします)が私の下の方に移動して私の足の指を舐め始めた。

気持ち悪いような、くすぐったいような感じで耐えてた。Tさんはずっと私の足を舐めながら太ももをさすってて、「どうしよう」とか「怖い」とか考えてた。

だんだん舌が膝のほうまで来て、本当にジワジワとゆっくり足を舐めて、確実に上に上がってきた。

気持ちいいわけじゃなかったと思うけどだんだん濡れてきてたかな。
太ももまで顔が来て、もうだめだ・・・って思ってたら、

「ちょっと壁に手つけて立ってみて」って言われて壁に上半身をつけるような感じで立つことに。

そうしたら今度は立ってる私の後ろにまわって、膝の裏とか太ももの後ろとか手で撫でながらじわじわと舐めてきた。

肝心なとこには一切触れずに、ひたすら足とか舐めてたんだけど、ついにお尻に手が来てゆっくりと撫でながら私のパンツをTバックみたいな感じにキュってして、おしりを舐めてきた。

そのくらいから私もだんだん気持ちよくなって声が少しずつ出てた。

お尻だけじゃなくってもっと触ってほしいとか思ってたら「もう一回座って?」って言われて今度は階段に足開いて座らされた。

私はもう信じられないくらい濡れてた。パンツに染みちゃうくらいに。

座って広げた足の間に顔が近づいてきて、私はやっとあそこを触ってもらえると思ったんだけど違って、2重になってるとこの脇とかを撫でたり舐められたりでいつまでたっても脱がしたりさわってこない。

時々「気持ちいいの?」って聞かれたけど、
私は恥ずかしいのもあってずっと「わかんない」って答えてた。

本当はすごく気持ちよかった。。このまま最後までしたいって思うくらいw
でも、私の携帯が鳴って・・・。お父さんからでした。

その時は出なかったけど、そこで時間みたら11時で、「帰らないと怒られる」みたいな事言ったら、「携帯教えて」って言われて、よくわかんないうちに番号とアドレス交換させられてた。

お父さんの電話で一気に現実に戻ったって言うか、正気になったと言うか、急にあわてだした私に「とりあえず水道にいこう」言って水道まで行ってささっと太ももあたりまで水で洗ってくれた。

濡れた足のまま靴下はいて靴はいてたら「パンツ脱いで」って言われてよくわかんないままパンツぬいだらパンツ取られて「すごい濡れてるね」って。

「メール送るから返事ちょうだいね、急がないと」って言われてそこで解散。パンツとられたまま!

仕方がないから私はノーパンで、でも急いでたから途中立ち漕ぎしてなんとか家に帰りました。思い出すとなんかノーパンで自転車とかww (次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.